{第三次黄金状態}{整えた}{定常化}{忘れそう}{よく分からない}{温かい快感}{粗探し}{成り行き任せ}{親玉}{時間の体感密度}...=}(88)

{希哲15年6月7日の日記 K#F85E/A-E74C-2F4A}

一日の間に,第二次黄金状態から第三次黄金状態への移行観測,これをもって「第三次黄金状態の回復」とした。

経験上新黄金状態では時間の体感密度が数倍になる。この一ヶ月が数ヶ月にも感じられるわけで,時期状況を踏まえれば極めて大きな収穫と言える。


日中は,輪郭整備から朝の一日一文への流れも非常に上手く行き,以降は握接遮断をすることで集中力維持成功デライト開発にもよく集中出来た。ただ,から些細なことで苛立ちを感じることが多いのが不思議だった。

変化を感じ始めたのは,夕方散歩に出た頃からだ。

第三次生活習慣改善が進んでからもなかなか改善しなかった胃腸の調子睡眠の質右目の三重瞼など,こまごまとした問題にも改善が見えるようになり,いよいよ問題という問題も無くなってきた。しいて気になることと言えば,食事がまだ成り行き任せなことくらいだが,もはや粗探しに近い。

組計スケジュール環境もほぼ完璧に整っている。これはもう「黄金生活」と言っていいのではないか。雑魚一掃し,あとはデライト収益目標達成という親玉を残すのみという状況だ。自然と焦点も定まってくる。

……そんなことを考えながら歩いていると,身体奥底から温かい快感が湧き出し,全身を満たしていくような感覚を覚えた。この感覚は,間違いな第三次黄金状態のそれだった。

面白いことに,苛立ちからの発現過程が最初に第三次黄金状態を体験した時によく似ている希哲14年7月4日の日記


昨年末の日記で,一時失なっていた黄金状態取り戻したというようなことを書いている。それから1月までは黄金状態についての言及がいくつかあるが,それ以後は黄金状態について書かなくなっている。体調記録にも「特に異常無し」とだけ書くことが多かった。

その頃から状況心境の変化が激しくなり,自分の状態冷静認識することが難しくなっていた。変わっているのか,変わっていないのか,変わったとしてもそれがごく一時的なものかもしれず,そもそもそんなことを考えている余裕が無いことも多く,そうこうしているうちに黄金状態の感覚も忘れそうだった。簡単に言えば「よく分からない」状態だった。

思い出してから振り返れば,この間はせいぜい第一次黄金状態がほとんど,ときどき第二次黄金状態がある程度だっただろう。第三次黄金状態があれば記録していないわけがない。

新黄金状態自体,もともと超黄金状態規則正しい生活の中で定常化したものだ。生活不安定化している時に得られるものではないのだろう。

これも,「黄金生活」などという言葉が頭に浮かぶくらいに生活整えた成果か。

8日振り返り日記

{希哲15年5月の月記}{目元}{目の不快感}{目薬}{心のゆとり}{自然と}{丁寧に}{急進展}{入浴前}{環境調整}...=}(54)

{希哲15年5月2日の日記 K#F85E/A-E74C-B34A}

1月16日に掲げたはいいが,遅々として進まなかった「第三次生活習慣改善」がここに来て急進展している。生活上の色々なことが自然と丁寧になった。

今日は特に姿勢改善を心掛けた。背筋を伸ばしてみると,だいぶ表示機が下を向いているのが分かった。ここ最近の生活を物語っているようだった。少し上に傾け直した。

食事個人機の前ですることが多くなっていたが,食卓に移動するようにした。消化に良い姿勢を保ちやすく,も休まり,気分的にもメリハリがつく。

入浴前には蒸しタオル目を温め,そのタオルでヘアマスクをした頭を包んでゆっくり湯船に浸かった。思えば,ここ半年ほどこんな優雅なことをしている気分ではなかった。

間食砂糖カフェインも自然と減っている。無意識のうちにストレス解消手段になっていたのだろう。

生活の質向上させる上で重要なのは,一にも二にも心のゆとりだということを痛感する。

進捗も悪くはないが,毎日15歩以上を保てるようにしたい。ここまででだいぶ生活環境を整えたので十分期待出来る。開発でも環境調整まで終え,集中力が上がってきた。


目薬を毎日さすようになった3月5日頃から目の不快感を覚えることはほとんど無くなっていたため,蒸しタオルの必要も感じていなかったが,一段とすっきりする感覚はあった。をみると目元が明るくなっているような気もした。やはり気休め以上の効果はありそうだ。

=}
{一日一文}{希哲15年4月の月記}{呼びかけ}{学べる}{律動感}{内容不足}{気を引き締める}{お祝い気分}{軽い風邪}{希哲15年4月19日}...=}(56)

{希哲15年4月19日の日記 K#F85E/A-E74C-0F65}

退院し,赤ん坊を連れてやってきた。今日から1週間ほど滞在する予定だ。長女も一緒のはずだったが,軽い風邪を引いていたため一旦帰った。

初めて抱く赤ん坊は言わずもがな可愛いものの,当面の共同生活がどれだけデライト開発影響するかは未知数だ。少し前から決まっていたことながら,何とも言えず組計上はあえて無視していた。今日は何かと手伝いもありお祝い気分でもあり,一日一文を書くので精一杯だった。

ここまでは短期集中生活後に十分取れていなかった休養だと思えばまだ問題ではないが,これ以上デライト開発失速させないように気を引き締める


一日一文書き方について少し考えた。

まず,一日の最後に書こうとすると気力が残っていないということがあるため,執務の中程で気分転換も兼ねて書くようにする。読まれやすい時間帯も考えると,18時前後が最適だろう。

題材選びはやはり難しい。書きたいことは山ほどあるが,1時間程度でまとめられることとなると限られてくる。大きく・重くなり過ぎたり,逆に内容不足になったりする。これは日頃ネタを溜めておくしかないか。


偶然にも昨日聞き始めた浪曲役立つかもしれない。

赤ん坊泣き声や突然の呼びかけに応えなければならない状況では楽曲より聴きやすい。ラジオのように気が散る情報は少なく,動画のように視覚を奪うこともないため,比較的集中力を保ちやすい気がする。文章律動感学べる

=}
{握接遮断}{希哲14年10月7日の進捗時限}{希哲14年10月7日の進捗}{ついつい}{希哲14年10月7日}{集中補完}{情報遮断}{進捗記録}{進捗時限記録}{進捗時限}...=}(26)

{希哲14年10月7日3歩 K#F85E/A-5B28-47CA}

最近,調子が乗ってきた時に限って思考が広がり過ぎて注意散漫になりやすいため,集中補完強化することにした。

とりあえず,常用しているブラウザに特定サイトへの握接を遮断する拡張機能を入れた。

昔,同じことを試していた時期があるが,その時はあまり効果実感出来なかった。当時と今では集中力も異なるので,「ついつい」を防げる程度の堤防になってくれれば十分だろう。

=}
{あるマウス}{希哲14年9月28日}{デライト用合い改良}{あるマウス}{希哲13年12月13日5歩}{余裕}{様子見}{進捗}{故障}{逆転}...=}(16)

{希哲14年9月28日の開発 K#F85E/A-5B28-F7BC}

デライト用合い改良

30時までに終えることを目標に作業開始,進捗は悪くなかったがマウス故障などで集中力が削がれ終わらず。

スクロールがわずかに逆転するなど,使っていたマウスホイール挙動がおかしいことに気付く。以前にも似たことがあり,様子見をしていたらすぐに使いものにならなくなったため,今回は気付いてすぐ翌日に届く商品を発注した。

用合い改良でキーボードよりもマウスを使うことが多くなっているため,比較的余裕のある時期に気付けて良かったのかもしれない。

{デライト宣伝}{希哲14年9月10日の日記}{朝昼晩}{頂帯}{自由業}{需要層}{ネット利用}{希哲14年9月10日の進捗時限}{希哲14年9月10日の進捗}{希哲14年9月10日}...=}(53)

{希哲14年9月10日2歩 K#F85E/A-5B28-5B5B}

デライト市場戦略デライト宣伝見直し

平日は,ネット利用に関する各種調査でそれぞれ朝昼晩頂帯ピークタイム)とされる7時12時21時前後にデライト宣伝集約することにした。その間に開発を進める。

これまでデライト関心層需要層見極めかねていたこともあり,宣伝昼夜を問わず行っていた。

デライトは見かけこそ軽常だが,正体は極めて高度知能増幅技術であり,例えば研究者自由業など,必ずしも一般的な生活律動ではない関心層想定していた。

ただ,これまでの経験上,明確にそうした少数派からの反応が良いわけではないし,玄人受けを狙っても Roam Research のように伸び悩みは見えている。デライトはあくまでも多数派を取り込む必要がある。結局,ここでデライト市場戦略デライト宣伝方向性一致したことになる。

Twitter などであれば,その時ネットを見ている人はいつでも掴めるが,人がたくさんいる時にまとめて収集するより効率が悪い。なにより,常時ネットを観察していると集中力が削がれるという問題がある。限られた時間の中でメリハリをつけて効果的に宣伝することを考えれば,時間帯絞り込む必要がある。

自分自身の生活律動のためにもなり一石二鳥だ。

=}
{希哲14年9月の月記}{希哲14年9月4日}{KNEST 隠し}{宣伝攻勢}{一段落}{『希哲日記』}{整備}{集中力}{日記}=}(9)
{あれ}{あれ}{2020年8月20日}{作業記録}{集中力}=}(5)

{あれ K#9-EDD2/A-8B59}

昼の13:00~20:00はどうも集中力が落ちる
生活や体調を整えるように時間を使いたい
散歩、細かい作業、家事、昼寝などに充てられると良い
次の日の午前の集中力を高めるようにする

=}
{第三次黄金状態}{第二次黄金状態}{希哲14年7月の月記}{新黄金状態}{小休憩時間}{磨き過ぎ}{磨き残し}{気分任せ}{強く}{世のため}...=}(57)

{希哲14年7月7日の日記 K#F85E/A-5B28-9DE1}

4日から精神状態穏やか安定しているため,これを「第三次黄金状態」と仮定し,この状態の維持に努めることにした。「新黄金状態」は第二次黄金状態以後の総称として引き続き使っていく。

第三次黄金状態デライト開発にとって大きな意義を持つとすれば,それは何より「人のため」という考え方を取り戻せたことだろう。人間らしさを失うということは,人のためにならなくても世のためにならなくても良いし,突き詰めれば人間として存在する必要すらないということだ。かつて通った道でもある。

体調記録にもあれこれ書き込んでいるが,今日は生活健康に関しての調べ物考え事も多かった。それでも開発はそれなりに進んでいるのだから,やはり強くなっている。

最近,異常眼精疲労注意するようになったが,これを機に,進捗時限法における小休憩時間使い方見直した。これまで,小休憩時間は完全に気分任せで過ごしていた。を休めることを度々意識しては忘れる原因がここにありそうだった。

まず,小休憩時間に入ったら必ずすぐに立つことにした。ここで少し体操をしたり,トイレに行ったり,コーヒーを入れたりして,戻ってから目を瞑って残り時間を待つ。これを逆にやりがちなのだが,それでは残り時間が気になって目を開けてしまうし,落ち着かない。目を瞑ると目だけではなくも休まり集中力が回復する感覚は確かにある。加えて,情報遮断で気が散らないようにする効果もあるだろう。

また,歯磨き個人機の前に座ってあれこれやりながらしてしまうがあるので,これもの前で位置意識しながら磨くように今晩から改めることにした。磨き方の偏りによる磨き残し磨き過ぎを防ぐ。

=}
{第二次黄金状態}{新黄金状態}{規則正しい生活}{希哲14年6月29日}{希哲14年6月29日のツイスト}{身体感度}{高揚感}{多幸感}{ツイスト}{持続}...=}(16)
{集中力}
{}