{自我}{希哲15年1月6日の日記}{利用者アイコン}{希哲14年5月24日7歩}{デライト}{アイコン}{デルン}=}(7)

{自我アイコン K#F85E/A-5B28-CC6B}

デルンデライトにおける利用者アイコン

自我」は描出主体を表わす。


{希哲15年2月2日}{閃き}{黄金循環}{希哲館の春}{デライトの春}{気持ちの良い天気}{デライトの成功}{疲労の蓄積}{希哲館事業の成功}{用合い}=}(64)

{希哲15年2月2日の日記 K#F85E/A-E74C-D47C}

今日は仕事でもない中途半端用事出掛ける必要があり,疲労の蓄積(特に脳疲労)も気になっていたため早めの休日にした。

早朝だったようだが,出掛ける頃にはよく晴れ気持ちの良い天気だった。デライトの春希哲館の春予感させる陽気の中をぶらぶら歩き,散髪もして,非常に良い気分転換が出来た。

ぶらぶらしながら,希哲館事業原点である「閃き」についてよく考えた。あの体験がなぜ輪郭法を生み出したのか,いまだに上手く言語化出来ていない。

閃き瞬間射雨身体を伝わり,排水溝に流れていくのをじっと見つめていた時の感覚はいまでもよく憶えている。その直前,概念が頭の周りに浮かんでいるような感覚もあった。これはデルン用合い原型になっている。

いま思えば,を作ってとなるように,絶え間なく続く流動が,静的観念通り道を作ったのかもしれない。それが脳内信号の流れにも一致すれば輪郭法が出来るわけだ。

そこから瞬く間に「相通化技術」を中心とした希哲館事業青写真が出来た。「」は仏教的な「」とプラグマティズムその他諸々を綜合したような概念となり,東西思想統合予期させた。人生観世界観も,全てが一変した。

そんなことを考えていると,いま言う黄金循環すらあの時に見た排水溝が作るのように思えてくる。

実益から最も遠く,休日でもなければそう出来ない,しかし極めて意義深い考え事だった。デライトの成功希哲館事業の成功目前という時期だから尚更だ。


=}
{開発者コミュニティ}{リスク低減}{費用削減}{困難さ}{隠すべきものを持たない強み}{希哲15年2月1日3歩}{きっとん}{素交非公開原則}{素交公開原則}{素交公開}=}(89)

{希哲15年1月30日の日記 K#F85E/A-E74C-E10D}

日本の情技業界を騒がせている業務素交流出事件に思うところあり,希哲館でも原則として素交公開していく「素交公開原則」の採用本格的検討し始めた。

昨年の今頃もそんなことをぼんやりと考えていたが,特にこの頃,描出公開原則成功確信が持てるようになったり,政治参加方針公開が考えられるようになったり,「隠すべきものを持たない強み」を実感することが多くなっていた。となれば,素交公開自然流れだろう。

もともと虎哲関係の素交独自性が強過ぎ,動作環境備立方法も特殊文書込め言には独自用語と希哲館訳語満載という状態であり,盗んだところでまともに運用するのは不可能だ。これを「自然難読性」と呼び,ある種の強みと考えていた。

それでもいわば「素交非公開原則」で来た理由はいくつかある。

第一には,私自身の完璧主義的な性格であり,見せる必要もないところで不完全なものを晒したくなかった。

次に,希哲館事業収益化不可能に近い困難さがあった。万が一にもなさそうだった成功可能性を探る上で,万が一でもその障害になりそうな要素排除しなくてはならなかった。手札は一つでも多い方が良かった。

これについては,デライト収益化実現してしまえば無用心配になる。

もう一つ,技術的問題もある。昔から,デルン基礎にした版存管理司組構想してきたこともあり,素交公開するなら独自基盤でと考えていた。無論,そんなものを開発する時間は無かった。

色々な意味で余裕が必要になるので,いずれにせよデライト収益化後に決断することになるだろう。

素交公開原則利点はいくつも考えられる。献典としては死蔵してきた希哲館技術体系宣伝デライトも含めた希哲館事業全体の透明性信頼性向上機密保持に関する費用削減リスク低減,そして最も大きいのは開発者コミュニティを作れることだろう。

KitHub」というのは一昨年思いついたことだが,それこそ GitHub のように成長すればそれだけで希哲館事業の強力な武器になる。

この日は久しぶりに希哲館マスコット構想「きっとん」を思い出し,具体的なイメージを練ったりもした。これがのらくろに似ていることに気付いたのは収穫だった。

2月1日振り返り日記


{あれ}{思想臭さ}{大金脈}{時間が解決する}{百聞は一見に如かず}{新しい技術}{デライトの使い道}{黄金循環}{機が熟する}{アクティブユーザー}=}(134)

{ご意見ありがとうございます K#F85E/A-E74C-FF6E}

率直真摯ご意見,本当にありがとうございます。今のデライトでは読みにくい長文になりますが,折角思いを込めて書いて頂いたので,こちらも相応の気持ちを込めて書かせて頂きます。

いまデライトをよくご利用頂いているユーザーの方々も,皆さん例外なく,最初はもとあじさん同様「半信半疑」で,初期の投稿もどちらかというと苦言に近いものでした。様々な問題点について率直に指摘して頂いたことで改善出来たことも多々あります。今回ご意見を頂いたことも色々反省しながら考えをまとめる良い機会になっています。

何より,デライトは,普及どころか開発成功するかどうかも分からない,という無謀プロジェクトとして始まり18年以上になります。開発者を殺しでもしない限りは折れようがないので,ご意見・ご批判に遠慮必要は全くありません。から始まった物が人様に少しでも気にして頂けるようになったわけですから,全てありがたく受け止めています。

デライトの使い道についてですが,これは最近私自身よく考えているところです。

デライトは,もともと「具体的限定的に,とりあえずこういう風に使う」ことを提示するために開発が始まったサービスです。

デライト採用している CMSデルン(deln)といいます。これはデライトよりもっと汎用的といいますか,「工夫次第で何にでも使える情報管理ツール」でした。さあこれを売り込もうと考えた時,あまりにも漠然としていて掴み所がないという問題直面しました。そこで,まずは気軽に使えるメモサービスにしてみようと始まったのがライト版デルン,つまりデライト(Delite)の開発でした。

ただ,メモサービスにしただけではまだ利用イメージがわかないという方も多いだろうと思いました。かといって,枚挙に暇がない利用例を列挙してもかえって本質がぼやけてノイズになってしまいます。概要実例を見てピンと来ない人が,だらだら長ったらしい利用例のリストを見る気になるかというと疑問です。もし具体的な利用例を提示するのであれば,訴求力の高いものを厳選する必要があります。それも,理想を言えば一つです。

そこで目を付けたのが SNS(厳密にはマイクロブログ)と個人知識管理サービス結合した KNS というアイデアでした。「とりあえず使い始めてもらう」ことを考えるのであれば,マイクロブログ以上の入り口はないでしょう。Twitter中心宣伝しているのもここに理由があります。

ここまでしてもまだ使い道が分からない,という方が多くいらっしゃるのも事実です。文書実装改善余地も多々あると思いますが,根本的なことを言ってしまうと,新しい技術について言葉説明するのは本来難しいことでもあります。百聞は一見に如かず概要を読んで分からなければ実際に使っている所を見てもらう,それでも分からなければ,その人にとってまだ機が熟していない,ということなのかもしれません。

個人的経験から言えば,私は最初期の Twitter使い道がよく分かりませんでした。最近,Googleゴミのようなページがよく引っかかるな,というくらいの感想でした。少しずつ話題や様々な使い方を目にすることが増え,ある時突然,今やりたいことにあれが使えるんじゃないか?と気付いた瞬間がありました。当時そういう人は多かったと思いますし,新しい技術に人が触れ始める時というのは得てしてそんなものではないでしょうか。

ある程度は時間が解決する問題なのであれば,今のデライトは非常に良い状況にあると思います。これが,ご指摘の中にもある「黄金循環」です。

実は,最近のデライトには右肩上がりトラフィックが集まっています。アクティブユーザー描出量や検索流入が増えていることに加え,もとあじさんのように様子見で読むだけの方も増えているのだろうと思います。

ご覧の通り,デライトは Twitter のようなマイクロブログよりも微細情報を扱うことが出来ます。Twitter なら書き手にとっても読み手にとってもノイズにしかならない本当の思いつきを問題なく垂れ流せるように設計されているからです。それでいて,知番という識別子によるリンクは,ウィキキーワードリンクよりも強力でまず切れません。更に,アウトライナー的に既存の情報がまとめられていきます。全てリアルタイム公開状態で,大小無数のページ意味的な結び付きとまとまりをもって増殖し続ける仕組みです。

デライト上で完成しつつある情報蓄積発信集客・(広告収益開発理想的好循環,これを「黄金循環」と呼んでいます。これがこのまま加速し続ければ,知的活動に直接根差した知識産業大金脈です。手前味噌ながら,昨今の SNS世界的影響力も踏まえれば,その社会的文化的可能性は計り知れません。

加えて,デライトは極めて効率的開発運営体制構築成功しており,全く収益が無い状態でも開発者が生きている限り,あと50年くらいは潰れようがありません。

要するに,デライトが多くの人の目に触れるようになるのは時間の問題だろう,と私は考えています。そして,人々の中でデライトについて意識する時間が増えることは,デライトの使い道について気付く機会が増えることでもあるのだろうと思います。

こうしたことは,ご指摘の思想臭さ難解さを隠さなくなった理由でもあります。目先集客にとらわれず,長い目で見て,しっかりとデライト理解して頂くための活動注力出来るようになったわけです。

だいぶ長くなってしまったので,これについては新しい輪郭(以下)で書きます。

造語について

思想について


{DWA}{機械教育}{希哲13年11月21日の開発}{希哲13年11月21日}{デライト}{深層教育}{SEE}{検索演心最適化}{検索演心}{デルン}=}(11)

{検索演心教育 K#F85E/A-5B28-4A0F}

SEE: search engine education

デルンデライト固有検索演心最適化体系

検索演心啓蒙」の別名として希哲13年11月21日から使い始めた(開発記録)が,間もなく独自体系性を帯びるようになり定着


{究極の好循環}{デライト収益模体}{希哲15年1月11日の日記}{金脈}{希哲13年7月25日}{大理容}{ジパング計画}{知識産業革命}{好循環}{循環}=}(15)

{黄金循環 K#F85E/A-5B28-9A74}

全知検索中心とした「究極の好循環」を指して希哲13年7月25日から使い始めた語。

初出希哲13年7月25日の日記か。希哲13年7月26日のあるツイストでも触れている。

元々は,大理容新旧全知検索統合中のデルン開発全知検索を実装作業の中心に据えることで情報発信情報蓄積開発好循環が生まれたことを表現した語だった。ジパング計画の「知の黄金郷」を意識している。


{希哲15年1月2日のツイスト}{希哲15年1月2日}{Notion}{デライト}{ブログ}{ツイスト}{ウィキ}{CMS}{内蔵}{デルン}=}(10)
{希哲14年12月の月記}{希哲14年12月31日5歩}{希哲14年12月31日4歩}{最も使いやすいメモサービス}{最も使いやすい知能増幅サービス}{知能増幅回帰}{希哲14年12月18日}{N10K 騒動}{訴求点}{デライト市場戦略}=}(32)

{希哲14年12月18日の日記 K#F85E/A-E74C-8213}

ツイストのスレッド総集編をまとめたり不具合修正をしたりしながらデライト市場戦略を見直していた。N10K 騒動から必要を感じていたことだが,ようやくその余裕が出来た。

そもそも知能増幅技術であるデルンをいかに軽常にするかという意識から始まったのがデライトであり,これまで知能増幅のような点を強調することは無かった。この路線はある程度の成果も挙げたが,最近,多少限界を感じるようにもなっていた。

デライトが誰でも気軽に使えるようになるに越したことはなく,これからも努力は続けるが,問題はそれにかかる時間だ。他のメモサービス以上に使いやすいものになるまで,デライトは大して使いやすくもない風変わりなサービスでしかないことになる。この間をどう繋ぐかということを考えると,やはりデライトが知能増幅技術であることは重要だろう。

KNS にその役割期待していたが,KNS の価値は結局個人知識管理サービスとしてのデライトの価値に依存するわけで,知能増幅はこれを引き上げる最も手っ取り早い訴求点でもある。

知能増幅回帰」という言葉が頭をよぎる。

最も使いやすいメモサービス」と「最も使いやすい知能増幅サービス」について考え始めたところで床に就く。

31日加筆修正


{希哲14年10月の月記}{希哲14年10月26日}{月内}{希哲14年10月}{用者}{『希哲日記』}{デライト収益化}{無謀}{こだわり}{結果}=}(18)

{希哲14年10月26日の日記 K#F85E/A-E74C-B3E4}

月内デライト収益化実現しない場合のことも考えておかなければならない時期に来た。

一人でデルンを使っていた頃ならいくらでも無謀なことが出来たが,今は用者に対する責任もある。

この10月中にデライト収益化を果せればそれが一番綺麗結果だろうが,個人的なこだわりサービス存続を脅かすわけにはいかない,と考えるようになってきた。


=}
{希哲14年10月の月記}{大事故}{4年前}{領当て崩れ}{最後の闇}{継ぎ接ぎ}{8年間}{希哲14年10月5日の開発}{希哲14年10月5日}{デライト集約}=}(64)

{希哲14年10月5日の日記 K#F85E/A-5B28-A818}

体調が出てきた。寒いかと思えば暑い,暑いかと思えば寒い,という季節だからということもあるだろうが,やはりこのあたりが追い込み限界か。3日にいったん冷静になれたのはやはり幸運だったらしい。

開発では長らく懸案だった下装書整理が大きく進展した。デルンの実用化から,かれこれ8年間継ぎ接ぎしてきた下装書なので,領当て崩れ不具合温床だった。

たびたび整理必要は感じてきたが,なかなか優先順位が上がらず,技術的完済後のデライトにとっていわば「最後の闇」になっていた。デライト徹案設計がほぼ固まり,デライト集約環境も整った今,ようやく着手すべき時期が来たという感じだ。

デルンからの試行錯誤歴史でもあり,手を入れながら色々な思いが込み上げてきた。

もう一つ,ホワイトハウスまで新型コロナウイルスに蝕まれていくアメリカを眺めながら,運命不思議さについてしみじみ感じたりもした。酔っ払い運転のようなものでいずれ大事故を起こすだろうと漠然とは思っていたが,まさか本物のウイルス人間愚かさ合体するとは想像していなかった。

4年前英米政治危機を受けて新近代化事業としての希哲館事業構想急速にまとまり,インターネット衆愚政治対抗すべくデルンを世に出すことを決めた。だから次の米大統領選挙希哲館事業にとっても節目だった。

この状況をどう考えればいいのか,まだ気持ち整理はついていない。


=}