{希哲15年6月の一日一文}{論理共感覚}{高度非言語思考}{一日一文}{もじり}{不思議な能力}{組み立てる}{思考速度}{言語思考}{言語の制約}...=}(84)

{非言語思考と論理実装主義 K#F85E/A-E74C-A114}

昨日の一日一文で「高度非言語思考」という言葉久しぶりに使ったので,今日はこれについて少し書いてみよう。

人間にとって,言語思考切り分けることは難しい。ある程度高度な概念を扱う思考をする時,言語自然に伴なうものだ。

他方,言語が無ければ思考出来ないのかといえば,そうではないのも明らかだ。言語獲得以前の幼児にもにも思考能力はある。こうした,言語を必要としない程度の非言語思考を「原始非言語思考」と私は呼んでいる。

通常は言語によって為されているような高度な概念を扱う非言語思考,これがつまり「高度非言語思考」だ。


私は,デライト基礎理論である輪郭法と,それを中核とした希哲館事業構想17歳くが,この時に実践していたのが高度非言語思考だ。

なぜそんなことを始めたのかと言えば,言語の制約を越えたかったからだ。当時の私は,技術以上に哲学関心がある少年で,様々な思想の対立や現代思想停滞乗り越えるには,「言語思考」の速度遅過ぎると思っていた。

つまり,概念名前を付けたり,文章的に整理するのではなく,直感に従って,手で組み立てるように思考を組み立て,言語表現については概ね形が出来上がってから後付けすればいい,と考えた。その結果が「閃き」だったわけだ。

デライト使い方理解している人なら,この思考法がデライトにそのまま反映されていることに気付くだろう。この頃の私は,まさに「あれ」だけで思考していた。


私にはもともと,「論理共感覚」と呼ぶ不思議な能力があった。論理視覚触覚連動しているような共感覚(異種連動感覚だ。子供の頃から,論理というものを,目の前にあるモノを目で見て,手で触るように扱えた。つまり,頭で考えるというより,感じるように思考を組み立てることが出来た。

論理共感覚は,高度非言語思考可能にすると同時に,論組プログラミングと強く結び付くことになった。ごく直感的論組プログラムを組み立てることが出来たからだ。「論組」という翻訳語自体,プログラム本質論理にあるという感覚に基いて造ったものだ。

そして,論組による実装最良知の裏付けとする考え方を「論理実装主義論理実証主義もじりと呼ぶようになった。デライト開発はまさにその実践と言える。

私は,高度非言語思考,論理実装主義から極めて独特な思想体系構築することになるが,当然ながら一文で書き切れることではないので,折に触れて少しずつ書いていこうと思う。

{希哲15年6月の一日一文}{高度非言語思考}{一日一文}{閃きの文化}{メカブッダ}{軽常化}{仏教の歴史}{触れる仏性}{非言語的}{階層的秩序}...=}(81)

{仏教とデライト K#F85E/A-E74C-8C25}

日本仏教大国だが,その日本で生まれたデライトにも,仏教の影響かと思うことがいくつかある。

もともと,私自身が子供の頃から仏教的な考え方をしていた。小学生の頃,何も考えていなさそうな微生物が,自分で作り出した悩みにとらわれている人間よりも「賢い生き物だと思っていた。特に仏教の教えを知っていたわけではないが,「縁起」のようなことも独自に考えている子供だった。

私はしばしば,17歳デライト基礎理論でもある輪郭法を思いついたことを「閃き」と呼んでいるが,これ自体,「高度非言語思考」と呼ぶ独特な思考法によって得たものだ。つまり,「言語にとらわれず思考すること」を独自に追求していたわけだ。これが仏教的かどうかはさておき,明らかに西洋思想的ではない。

語りと悟り

私は西洋思想を「語りの文化」,東洋思想を「悟りの文化」と表現することがある。

言語的であるということは,順序的であり一面的であるということだ。言葉は順番に並べることしか出来ないが,それゆえに階層的秩序と相性が良い。西洋思想における「ロゴス中心主義」というやつだ。

しかし,当然ながら世界平面ではなく,決まった順序で捉えられないことが数多くある。東洋思想は大昔から仏教を含めた「悟りの文化」を発達させ,この世界非言語的に捉えようとしてきた。

19世紀頃から,「西洋人」達は西洋思想限界東洋思想可能性に気付き始めた。先日の一日一文で触れたニーチェ仏教傾倒していたことが知られている。20世紀以後の思想は,多かれ少なかれ東洋思想の影響下にある。

悟りと閃き

さて,デライト出発点となった「閃き」だが,実は,もともと「悟り」と呼んでいた。後に語弊があるとして改めたが,それほどの神秘的体験だった。

実際,この閃きから出来あがったデライトは,あらゆる情報が固有の名前を持たずに垣根なく連環し,立体階層構造を成すようになっている。これは私が16歳頃から実践していた高度非言語思考具現化したものでもある。

一昨日の一日一文で書いた「黄金状態」というのも,実質的に悟りの境地みたいなものかもしれない,と思うことがある。デライトによって誰でも体験出来るなら,これに勝る用者ユーザー体験は無いだろう。

もしかしたら,デライトを「触れる仏性」として「カジュアル悟り」を広めることが出来るかもしれない。不謹慎なようだが,必ずしも小難しい理論や厳しい修業によらず,時代に合わせて大衆化軽常カジュアルしてきたのが仏教の歴史だ。

メカソクラテスでもありメカブッダになるかもしれないデライトは,悟りの文化語りの文化統合した「閃きの文化」と言えるかもしれない。

{一日一文}{希哲15年5月の一日一文}{政治的合意}{代替策}{交通技術}{基礎所得保障}{人間への共感}{両立}{世界史上最大の企業}{階層的}...=}(73)

{基礎所得保障ベーシック インカムから基礎雇用保障ベーシック ウェルカム K#F85E/A-E74C-B5DA}

一昨日の一日一文で私の変わった“金銭欲”ついて少し触れたが,これが実は希哲館事業核心に近い要素かもしれない。

希哲館事業にはもともと,“資本主義共産主義綜合”という目標が含まれている。その新しい経済思想を「相通主義」と呼んでいた。この名前も最後に見直したのがだいぶ前なので,もう少し良い名前がある気もするが,しばらく仮称としておこう。

相通主義というのは,資本主義流儀に則って共産主義理想(本来の共産主義とは別の形で)実現してしまおうという考え方だ。そのになるのが「相通化技術」と呼ぶ技術で,情報技術交通技術に大別される。希哲館事業では,その情報技術を「虎哲」,交通技術を「竜力」と呼び,開発計画を「竜虎計画」と呼んでいた。

その虎哲の核心となるのが輪郭法で,デルンデライトとなっていく。こう階層的整理してみると,希哲館事業構想がいかに巨大か分かる。「人類史上最大の事業構想」というのも伊達ではない。事業の全体像を簡単に説明しておこうと思うだけで,本題について忘れそうになる。

ベーシック ウェルカムとは

そんな希哲館事業で私がやりたいことは,簡単に言ってしまえば,“世界史上最大の企業”を作って雇用万人開放することだ。これを「基礎雇用保障ベーシック ウェルカム」(BW)と呼んでいる。「基礎所得保障ベーシック インカム」(BI)の代替策だ。

BI は昔から考えられてきたことだが,小規模な実験以外で実現見通しは立っていない。いくつかの理由で,一定規模以上の国家で実現することは困難と私は見ている。

BI は社会の構成員に大きな考え方転換を迫る。それも,持続的でなければ意味がない。やってみたが,やっぱり戻そう,という動きも当然考えておかなければならない。その割に,哲学的弱さがある。利点とされていることも大半は希望的観測でしかない。

それに対し,BW は思想転換も政治的合意も必要としないという大きな利点を持つ。その代わり,万人に雇用を提供出来る企業を創り出さなければならない。

私はよく GAFAM意識したようなことを語っているが,実際,この構想は GAFAM を大きく越えるような企業でなければ実現出来ない。しかし,それは不可能なことではない。

知識産業はこれまで考えられなかったような格差を生み出す。企業間も例外ではない。ついこの間まで,GAFAM の株価東証一部上場企業全体を上回り,米国政府と対立することなど考えられなかった。その GAFAM 全体を一社で上回る企業が出てこないとも言えない。

究極の格差を制することで世界に平等をもたらす。この BW という考え方は,世界史上最大の富を生み出そうという意欲と,人並の収入があれば満足に暮らしていけるという価値観両立させた人間にしか生み出せないものだと思う。

=}
{一日一文}{希哲15年5月の一日一文}{Qt: デライトは見出しが無くても困らない}{検索品質}{気に入った}{全てを知る}{名付けた}{検索手法}{デライトの成長戦略}{遅かった}...=}(113)

{全知検索について K#F85E/A-E74C-4287}

個人知識管理(PKM)サービスを「知能増幅(IA)サービス」に発展させ,まずは Google に代表される検索演心エンジンと,Facebook に代表される SNS からいわゆる GAFAM切り崩す……これがデライトの成長戦略だ。

既存の SNS に対する「KNS(knowledge networking service)という概念については比較的よく語ってきたが,既存の検索演心に対する「全知検索(full-knowledge search)については十分に語ってこなかった。デライトを使い始めた人がまず戸惑う部分でもあるので,考え方だけ簡単説明しておきたい。

全知検索というのは,各輪郭に付けられる知名輪郭名対象とする検索のことだ。一般に「ページ名」などと呼ばれる部分を主な検索対象とするわけで,一見不便なようにも思えるだろう。

ただ,輪郭同士の関連付け柔軟性利用することで,慣れてしまえばさほど問題なく,面白い検索体験が出来るようになっている。検索語から繋がる情報手作りしているような感覚とでも言えばいいのか,これは開発者である私にとっても意外なことだった。


実は,デライト基礎になっているデルンという CMS実用化した当初,当たり前のように全文検索(full-text search)基本にしていた。しかし,使い込んでいるうちに,これはこれで問題があることに気付いた

デルンは,これまでに無い手軽さ大量情報を相互に結び付けられるように設計された。頭の中にある情報を,輪郭同士の立体的入れ子関係で表現する。その関係をひたすら作っていくことが使い方基本だ。

ある言葉について検索した時,その言葉について何を考え,それが何と結び付いているのか,これがまずデルンの検索で得たい情報になる。ところが,全文検索では余計な情報が引っかかり過ぎてしまう。少し言及しただけの輪郭も引っかかるので,それを一覧でざっと見てからその検索語について新しく描出投稿するかどうか考える必要がある。これは,デルンの使い方を考えると明らかに遅かった

そこで,いったん知名だけを対象にしてみた。すると,最初にイメージした検索語を打ち込んで,それが有るのか無いのか,瞬時分かるようになった。その知名を持つ輪郭に関連する輪郭を関連付けていく,というデルンにとって本質的作業と非常に相性が良いことにも気付いた。

これを用者ユーザー認知に基いた全く新しい検索手法として「全知検索」と名付けたわけだ。「全てを知る」と見せかけて,実は無知自覚させるという「無知の知」的な皮肉を感じさせるところも気に入った

全文検索は本文にある情報検索出来るが,逆に言うと,本文に無い情報は検索出来ない。

例えば,画像のようにそもそも文字情報を持たない献典コンテンツのようにあえて直接的表現を避けた文章,内容を書き換えたくないがこの検索語で引かっかって欲しいという古い文章……こういったものにも,全知検索であれば検索の道筋を作ることが出来る。

Google 検索ですら長年解決していない検索ノイズ問題にも有効手段となりうる。

これまでの検索というと,機械が抽出した情報から,人間が要らないものを指定していくという,いわば「ブラック リスト検索」だった。全知検索では,最初から人間が結び付けたい情報を指定しておく。いわば「ホワイト リスト検索」だ。


……全知検索の考え方は大体こんなものだ。

ただ,デライトでも全文検索実装しないと決めているわけではない。補助的にあれば便利なのは間違いないので,何らかの手段で全文検索も出来るようにはするつもりだが,あまり優先順位は高くない。

結局,慣れてしまうと全知検索でも十分引っかかりやすいように書くようになるし,現状,誰よりもデライトを使い込んでいる開発者があまり必要を感じていないのだ。

全文検索に無い利点がある上,全文検索と比べてはるかに低負荷で動き,慣れてしまえば全文検索が無くても困らない実用性がある。これはもう検索においてページランク級の一大発明と言っていいのではないかと思っている。

ウェブ検索という分野では,Google ですらページランク以上の革新を生み出せず,継ぎ接ぎ対策検索品質を保っているのが現状だ。

全知検索には,かつてページランクがそうしたように,ウェブ検索を原理からひっくり返す可能性がある。

{一日一文}{真っ暗闇}{館章}{知る機会}{感じ方}{良い用者}{ネットサービスにおける「成功」とは何か}{独力}{途方もない}{気付いた}...=}(79)

{デライト用者に思うこと K#F85E/A-E74C-2DCE}

思えば,デライト用者ユーザーにも恵まれた

あばら屋のような状態だった頃から使い続けてくれている用者が有り難いのは言うまでもないが,たとえ苦言一言を残していくだけでも,デライトにとっては有り難い用者だ。開発者として首肯しがたい意見でも,様々な感じ方考え方知る機会にはなる。

迷惑行為違法行為となるとそうも言っていられないが,これまでその手の悪質な用者は一人もいなかった。そういう意味で,デライトには良い用者しかいない。

先日の一日一文でも書いた通り,デライト開発では私が全ての作業を担っている。しかし,独力でここまで来たわけではない。周囲助けに加え,用者達の存在が無ければ決してここまで来れなかっただろう。

もちろん,用者からの要望意見きっかけ発展したことは多い。用者の使い方観察して気付いたことも多い。決して建前ではなく,実質的にも,デライトは用者とともに作り上げてきたものだ。

だが何より,用者の存在自体に勇気付けられることが多かったように思う。こんな奇妙奇天烈なサービスに,よくもここまで人が集まってくれたものだ。どんなでも,誰かには届くものなのだな,としみじみ思ったりする。


デライトでは,<ruby>出放り<rp>(</rp><rt>デフォルト</rt><rp>)</rp></ruby>用者アイコンに「竜胆蛍りんどうぼたる」という独自の意匠を使っている。笹竜胆という家紋蛍火に見立てて変形させたものだ。

これは元々,希哲館館章として考案したものだった。知識産業革命希哲民主主義樹立という途方もない目標を持つ希哲館事業,そしてそれに全てをかける自分自身を,私はのようなものだと思っていた。真っ暗闇に舞い,知恵希望を灯す一匹の蛍だ。

一匹が二匹に,二匹が三匹に,やがて無数の蛍が集まり世界を照らす……そんなを見ながら,自分は儚く一匹で死ぬに違いない。それがこの事業を始めた頃の私の人生観だった。

それが何だかんで上手くやってこれて,知能増幅メモサービスなんてものを世に出し,一匹の蛍が二匹に,二匹が三匹に……それが現実のものとなった。今でも,ときどきを見ているような気分になる時がある。

元より,一人でも,に抗うような無謀であっても,やらなければならないと思って始めた事業だ。明日,全ての用者が去って一人になっても私が目指すことは別に変わらない。それだけのが無ければ,希求を掲げるサービスとして信頼に足るものにならないだろう,とも思う。

今後がどうであれ,これまでの全てのデライト用者に感謝の意を表したい。今のところ,デライトにも希哲館事業にも大きな希望があり,私が果報者なのは皆のおかげだ。

=}
{一日一文}{課金}{金次第}{基本的な機能}{旨み}{事務負担}{支払い手続き}{主要機能}{ビジネス模体}{知識情報}...=}(91)

{フリーミアムからフリーソフィーへ K#F85E/A-E74C-E366}

デライトでは,「フリーソフィーfreesophy提唱している。無料フリー哲学フィロソフィーの意だ。

いわゆるフリーミアムよりも無料であることに重きを置く考え方だが,「哲学」と言うだけあって,ビジネス模体モデルに留まらず,経営思想でもあり設計思想でもある。


フリーソフィーの考え方を端的に表すため,「無料は品質」という言葉を私はよく使う。つまり,無料であるかどうかは,単に価格設定問題ではなく,サービス品質直結する問題でもあるということだ。

当然ながら,デライトにもサービスとしてどのように収益を上げていくかという課題があり,フリーミアムも含めて様々な選択肢があった。検討を重ねた結果として,全ての主要機能を無料で提供し続けるを選ぶことにした。

大体無料にした方が,サービス設計単純化出来,可接性アクセシビリティ可使性ユーザビリティ向上するからだ。

まず,フリーミアムを採用している多くのサービスにあるような「料金表」をデライトには掲げたくなかった。これは美的でもないし,こんなものと用者ユーザー睨めっこさせたくない。支払い手続きで煩わせるのも嫌だ……等々と,サービスをいかに握接アクセスしやすく,使いやすいものにするかということを追求していくと,結局無料にせざるを得ない。


無料が理想なら,課金必要悪だ。用者から直接金を取らずに問題なく経営していけるなら,課金サービスに意味は無い。

課金しないとなると頼りは広告くらいだが,デライトでは広告もかなり抑制している。少なくとも,用者体験を損うような広告は付けないようにしている。

もちろん,大抵の企業にそんなことは出来ない。しかし,超高効率経営を実現している希哲社には出来る。先日書いた文章ネットサービスにおける「成功」とは何かでも少し触れているように,デライト開発運営には驚異的に金がかかっていない。

もっとも,あまりに開発体制梱薄コンパクトにまとめてしまうと,課金に関する事務負担が馬鹿にならず,あまり旨みが残らないという問題もある。そういう意味では,超高効率経営とフリーソフィーは切り離せないのかもしれない。


困ったのは,無料であることを経営思想設計思想にまで深めた考え方を表現する言葉が無い,ということだった。

フリーミアムでいう「基本的な機能」と「高度な機能」に明確定義は無く,提供者側の都合で割とどうとでもなる。顰蹙を買っている Evernote は分かりやすい例だが,個人知識管理サービス長期的用者知識情報を預かるものだ。金次第で将来的に利用制限されるかもしれない,という不安はサービスの根幹に関わる。

しばらく悩み,ある時ふと閃いたのが「フリーソフィー」だった。

単純に音の響きもフリーミアムに負けず劣らず良いが,ことフィロソフィー看板にしている希哲社にとってこの上無い語感の良さ,意義的確新規性十分,「無料哲学」と和訳しても分かりやすい,と満点だった。

こんな文章を書いているのも,正直,あまりにも出来過ぎた造語なので自慢したかっただけかもしれない。フリーソフィー……とにかくやたら言ってみたくなる魔法の言葉だ。

=}
{きっぱり}{ゆるく}{輪郭 URL}{希哲15年4月17日}{デライト高速化}{ドメイン整理}{自我の隠し化}{KNEST 隠し実装}{握接}{kitetu.com}...=}(26)

{希哲15年4月17日の開発 K#F85E/A-E74C-B74C}

主にデライト高速化KNEST 隠し実装自我の隠し化


昔の輪郭 URL から正常に握接出来ない問題に気付き修正8歩)したのをきっかけに,これまでの URL変遷について振り返り,最近よく考えるようになっていたドメイン整理についても少し進展した。

kitetu.comkitetsu.com絞り込んで他はきっぱり捨てるべきかどうかで迷いがあったが,絞り込みつつ,他のドメイン余裕があれば程度にゆるく保有だけしておく,という考え方が良いかもしれない。

{一日一文}{略語を使わない}{略さず}{共有しにくい}{略す}{略さない病}{JavaScript の beforebegin,afterbegin,beforeend,afterend に代わる要素位置記法}{デライト一日一文}{人工言語}{kbd 要素}...=}(112)

{交度英語のすすめ K#F85E/A-E74C-244F}

希哲館における珍奇語彙といえば「日本語史上最大の翻訳語体系」こと希哲館訳語ばかりが注目されがちだが,実は,もう一つそれに負けず劣らず珍奇な言語関連望事プロジェクトがある。それが「交度英語」(Code English),略して「交語」(Codish)だ。

これは主に希哲館情報技術体系利用しているもので,簡単に言えば,「英語勘報機コンピューター向けに簡略化した人工言語」だ。


勘報コンピューティング世界では,技術者であれば誰でも理解出来るような略語というものが多数存在する。例えば,std〈standard〉int〈integer〉str〈string〉……といった具合だ。多くは「歴史的経緯」で定着したものだ。

一方で,こうした略語使用を避けるという文化優勢になっている。その主な理由は,「共有しにくい」からだ。特に新しい論組プログラミング言語では,英語略さずに使う傾向があるため,妙に冗長交度コードが増えた。

はっきり言おう。私は,これが非常に馬鹿げた考え方,いわば「略さない病」であると思っている。この病気によって世界から失われた効率性金額換算すれば天文学的なものになるに違いない。

よく考えてもみてほしい。略語というのは,どんな専門分野でも記録情報交換効率化のために自然発生するものだ。数学の一見意味不明略語記法は,数学者本質的仕事専念するために編み出したものだろう。日夜神経を磨り減らして交度と向き合う情報技術者がそれを封じるのは,狂気の沙汰と言ってもいい。

実際のところ,「略語を使わないルール徹底されているかというと,そうではない。例えば,String str; なんて記述は世の中に溢れかえっている。C++ には shared_ptr(pointer)Java には println()(line)なんてものがある。「モダン」なはずの HTML5 にも img(image)やら kbd(keyboard)やら残っている。こうした混在が当たり前になっているのが現状だ。なぜなら,「略語を使わない」というのは本来不自然なこと,無理のあることだからだ。

長い方に合わせるのは無理なのだから,短い方に合わせればいい。共有しにくいなら,「略語を使わない」のではなく,「略語の辞書を作る」ことを考えればいい。頻繁に使うものなら人間は慣れる。これがつまり,交度英語考え方だ。

交度英語では,すでに定着している英略語を基礎に,実践を通じて新しい略語提案問題があれば修正しながら語彙を作り上げていく。

具体的には,論組をしながら,どうせばいいのか分からない英単語にあたった時,私はまず適当に略してみて,それをデライト検索する。他に前例があればそれと突き合わせて修正することもあるし,無ければどういう意図で使ったかを描き出していく。これを繰り返すことで,デライトが自然と辞書役割を果し,妥当略語の使い方に導いてくれるようになる。

これは基本的に希哲館訳語で行っていることと同じであり,デルンデライトがはじめて可能にしたことでもあるのだろう。

希哲館ではまだ素交ソースコード公開などはしていないので,交度英語を使った交度の実例としてすぐに見せられるものは少ないが,最近書いた「JavaScript の beforebegin,afterbegin,beforeend,afterend に代わる要素位置記法」などにはその片鱗が見えるかもしれない。

いずれ『希哲辞典』のように辞典として整えて公開することも考えているが,まずは考え方を紹介しておきたかった。

{整った}{希哲15年3月2日}{デライト推奨動作環境}{デライト文書構造最適化}{引き入れ}{吹き描き}{思い出した}{出振るい}{用合い}{中景部}...=}(31)

{希哲15年3月2日の開発 K#F85E/A-E74C-BB09}

主にデライト文書構造最適化中景部微調整

ずっともやもやしていた部分が上手く整理出来(13歩),吹き描きは大分整った感がある。

スクリプト調整が必要なため出振るいは明日。


番無しによる匿名描出で,引き入れ権限をどうするか少し迷いがあったが,やはり混乱するのは目に見えているので,既存輪郭同士の引き入れは原則禁止として,新規描出時にのみ許可することにした。

そのための用合い調整を今から考えておく。


デライト推奨動作環境策定に関連して,「最新安定志向」という用語を久しぶりに思い出した。この考え方デライトにも使えそうだ。

{デラング}{希哲15年2月26日7歩}{希哲15年2月25日の開発}{ugc}{rel="noopener nofollow ugc"}{慣れの問題}{target="_blank"}{PWA 版デライト}{希哲15年2月25日の進捗時限}{希哲15年2月25日の進捗}...=}(45)

{希哲15年2月25日4歩 K#F85E/A-E74C-3DFA}

PWA 版デライトアドレスバー問題調査続き。

いったん終了。

これ自体はやはり Chromeバグという気がするが,scope を設定していようと target="_blank" などではない外部輪結は同じで開くというのが一般的な実装らしいため,これを機に外部輪結の扱いを見直し

これまでなんとなく可使性可接性観点から新窓で開くかどうかは用者に委ねるべきという考え方踏襲してきたが,不具合に関係なく外部輪結を同じ窓で開くというのは独立した相振りらしい挙動ではない。

使い勝手に関しては大部分が慣れの問題で,一貫性の方が重要だろう。

PWA とそれ以外で挙動を変えることも考えたが,PWA 以外でもそれほど不都合なことはないはずなので,仕様複雑化を避けるためにも外部輪結は一律新窓で開くようにして様子見することにした。

まだスクリプト制御するほどのこともないため,デラングの処理時に target="_blank"rel="noopener nofollow ugc" を付けておくことにした。

nofollowugc に関しては本件以前に検討していたので丁度よかった。

{考え方}
{}