{一日一文}{日中}{希哲15年5月の月記}{全知検索について}{理想の一日}{理想の睡眠時間}{10歩台後半}{活動内容}{考えた}{癒やす}...=}(105)

{希哲15年5月8日の日記 K#F85E/A-E74C-872A}

今日は普通に執務をこなすつもりだったが,昼頃になってもいまいち調子が上がらず,息切れ感を覚えたため半休にした。一昨日の半休と合わせて今週分休養とする。

単純に疲労の蓄積もあるだろうが,KNEST 隠し実装作業範囲想定以上に広がり,かなり大掛かりになりそうなこと,朝の一日一文重い題材を選んでしまったこと,ちょっとした事務上問題発生したことなどが重なり,頭の中渋滞していた気がする。


昨日朝の一日一文は,頭の準備運動にもなり非常に感触良かった

しばらく夕方頃に気分転換のつもりでやってみた一日一文だが,ちょうど開発宣伝切り替え時であまり落ち着ける時間帯ではなかった。気分転換どころか,詰め込みがちになり気持ち乱れてしまうことが多い。

頭の準備運動と,一日の行動を変えうる思考の整理を兼ねて朝の一日一文を書き,その一日を日記振り返る,というのが一番合理的かもしれない。

ただ,今日は「全知検索について」という比較的重い題材から入ってしまったせいか,書き切れなかった。途中で題材を変えようとしたが,この日記が長くなりそうなので止めておいた。


晩の散歩中,なんとなく子供の頃によく通っていた模型店に入ってみた。店の前は散歩などでよく通っていたが,入るのはいつぶりか分からない。最後にはっきりとした記憶があるのは20年ほど前のことだ。

ずいぶん懐かしいのだろうなと思って入ってみたが,不思議と,ここに遊びに来ていたのがついこの間のことのように感じられた。4日の散歩でも,子供の頃によく遊んでいた神社境内を久しぶりに歩いてみたが,似たような感覚だった。

童心に返っているのか,返りたがっているのか,これがどういう心境の変化なのか,自分でもよく分からなかった。

店を出て,そんなことを考えながら歩いていると,乱為ランダム再生していたスマートフォンからちょうどその当時流行っていた曲が流れ出し,妙に楽しい気分になってきた。

ここで,その頃が自分にとって世間から離れる“岐路”だったことに気付いた。そして,デライトの成功というのが,このおよそ半世紀に渡る長い長い旅から意味持って帰る帰路”であることにも気付いた。帰りたいし,帰っているのだ。

そう思えることがとても嬉しく,持ち辺にまた潤いが与えられたような気がした。今はまだ「成功確実」の状態に過ぎないが,これを名実ともに「凱旋」にしたい,という思いが溢れてきた。

今日は疲れ癒やすだけで終わる日になるかと思ったが,思いがけず大きな収穫を得て,充実した一日となった。


睡眠時間についても少し考えた

最近は7時間睡眠程度を目標調整していたが,やはり少し足りないのかもしれない。8時間睡眠と比べて寝起き顔色が優れず,日中眠気に襲われることが多い。

経験からいっても,8時間睡眠が自分には向いているのではないかという気はしていた。睡眠時間は個人差に加えて一日の活動内容によるところが大きい。しいて「理想の睡眠時間」があるとすれば,「理想の一日」に調和するものだろう。

概ね今の生活律動10歩台後半進捗維持することを理想とするなら,8時間睡眠が最適解に近いと言えそうだ。

早速,今晩から調整に入る。

=}
{翻訳語}{スマートフォン}=}(2)

{慧帯 K#9-D657/A-8C45}

ケイタイ
smartphone
「携帯電話」(mobile phone) の略としての「携帯」と,「<ruby>慧<rt>かしこ</rt></ruby>い」という言葉を掛けた。

=}
{希哲15年2月12日の開発}{端末間}{横向き}{568px}{希哲15年2月12日の進捗時限}{希哲15年2月12日の進捗}{希哲15年2月12日}{自我アイコン設定機能実装}{デライト文書整備}{引き入れ}...=}(46)

{希哲15年2月12日5歩 K#F85E/A-E74C-974E}

デライト文書整備「使い方」構成を練る。

個人機向けと諸場端末向けで説明を分ける方向検討していたが,これは共通化してしまうことにした。

自我アイコン設定機能実装を通して鼻付き吹き描き領当てがほぼ共通化されたこと,昨日引き入れ操作をほぼ共通化したことで,表示操作ともに端末間での差異がほとんど無くなったことによる。併用することも多いはずなので,この状態で説明し分けるのは無駄だろう。

結果として今のデライト単純性柔軟性を極めて高度両立させている。これを強みとして活かしたい。

これに伴ない,画面撮り横幅統一することにした。個人機で見ても違和感がなく,スマートフォンで見ても細か過ぎないという点で,現在最小横幅の基準にしている iPhone 5横向き幅(568px)を採用することにした。今後は宣伝用の画面撮りも含めてこの横幅を基準にする。

画面撮り時の横幅は少し前からよく考えていたのでちょうど良かった。これまでは普段自分で使っているをそのまま使うことが多かったが,要点を伝えるには無駄が大きいと感じていた。適当に縮めると統一感が無くなるという問題もあった。

{希哲14年10月18日の開発}{通信状態}{希哲14年10月18日の進捗時限}{希哲14年10月18日の進捗}{希哲14年10月18日}{描出ボタン}{デライト用合い改良}{出振るい}{領当て}{食事休憩}...=}(32)

{希哲14年10月18日11歩 K#F85E/A-5B28-9543}

デライト用合い改良

領当てがそれなりに整ってきたため,描出ボタン実装前にいったん出振るい

概ね問題ないことを確認して終了。恐る恐るスマートフォンでも見てみたが,意外としっかり表示されていた。

出振るい前は通信状態を見ると下装書404 Not Found がずらっと並んでいるような状態だったが,これも大胆な整理の甲斐あって無駄なくすっきりし,挙動きびきびするようになった感触がある。

細部調整必要だが,これが1ヶ月で出来たと思うと非常に希望が持てる。

食事休憩をしてから描出ボタン実装に入る。

=}
{希哲14年10月12日の開発}{隠し輪結}{文字色}{span 要素}{星印}{希哲14年10月12日の進捗時限}{希哲14年10月12日}{希哲14年10月12日の進捗}{かんたん無料登録}{殺風景}...=}(24)

{希哲14年10月12日5歩 K#F85E/A-5B28-C6C2}

デライト用合い改良

途中で終了。

デライトの扉の「かんたん無料登録」,「ログイン」の選択した方の頭に竜胆蛍を使ってみることにした。殺風景なので黄色星印でも付けておこうかと思っていたが,ちょうど似たようなものだ。

また,選択した方は a 要素ではなく span 要素で表現していたが,スマートフォンなどではタップ移動出来た方がいいので a 要素にすることにした。ただし,文字色隠し輪結にしておく。通常は押さなくていいことを示すため。

=}
{希哲14年9月17日の開発}{320px}{色違い}{64px}{デライト画像素材}{希哲14年9月17日の進捗時限}{希哲14年9月17日の進捗}{希哲14年9月17日}{デライト用合い改良}{32px}...=}(27)

{希哲14年9月17日3歩 K#F85E/A-5B28-63D9}

デライト用合い改良

イメージを練って終了。

デライト必要アイコンなどの素材が固まってきたため,視認性統一感向上のためにも使う可能性のある画像素材を一通り作っておくことにした。

拡縮高解像度対応などのため,アイコンは大きめに64px32pxの二種類と色違いも作っておく。

古い iPhoneiPhone 5 以前)では横幅が微妙に狭いため,スマートフォン横幅320pxを想定しておくことにした。

=}
{デライト宣伝}{希哲14年9月16日の開発}{使いにくい}{整備不足}{パスワード再設定}{流入元}{登録者}{デライト用合い改良}{入門者目線}{希哲14年9月16日の進捗時限}...=}(106)

{希哲14年9月16日6歩 K#F85E/A-5B28-89EF}

急遽当面の作業方針を見直し,短期集中生活前倒しで今日から始め,入門者目線でのデライト用合い改良傾注することを決めて終了。

新規利用者登録順調に増えているにもかかわらず,一度も描き出ししない登録者や,描き出ししても知名描写空欄のまま一つだけ,というような不思議な登録者が多いことが気になっていたが,13時過ぎ,あるツイートを見つけて理由が分かった。想定以上に諸場から登録してくれる人が多いらしい。

現状,デライトタッチ操作はかなり等閑状態であり,初見ではまず十分に使えない。

デルンがもともと個人機主要な対象にしていたこと,個人知識管理サービス市場調査スマホアプリ不満を抱える用者が多い(つまり主要な環境ではない)と気付いたこと,「使い方」や主要な流入元@Dlt_jp では個人機向けの説明だけにしていたことなどで,大半の登録者個人機で使うことを想定して来たのだろう,という完全思い込みがあった。

しかし,すでにデライトは市場戦略から宣伝手法まで多数派向けに舵を切っており,当然ながらスマートフォン等からの流入を想定しておくべきだった。この不整合は見落しだった。時間節約のため握接状況は最低限の指標把握しており,握接録分析不足痛感した。

かといって個人機での用合い完璧なわけでもなく,入門者目線で見るとあちこちに落とし穴がある。いずれにせよ総見直しが必要になる。

8年以上ものあいだの経験で,開発者自身が個人知識管理熟達していることはデライト長所だと思っていたが,これが驕りになっていた気もする。なまじ使えている人間がいるせいで「分かりにくい」とは言えても「使いにくい」と言えない雰囲気を作ってしまっていたかもしれない。

急遽当面の作業方針を見直し,アイコンの設定,パスワード再設定までは実装するつもりで作業中だった利用者設定中断諸場用合いも含めたデライト用合い改良最優先で取り組むことにした。幸い,引き入れボタンの活用で諸場用合い全体像は出来ている。ボタン式引き入れ方式実装を終えれば,細かい調整がほとんどだろう。

18日から始める予定だった3日間短期集中生活を今日から前倒しで始め,この期間で入門者目線障害になる用合い上の問題を全て取り除くことを目指す

使い方」など文書整備不足もあるが,いずれにせよ画面撮りなどを考えれば用合いから着手する以外にない。

この間,デライト宣伝一時停止することにした。注意書きした上での宣伝も考えたが効果は疑わしく,この短期間なら用合い改良集中した方がいいだろう。

手痛い気付きではあったが,ぼんやりしていた最後の壁正体が掴めたのは大収穫だった。これを乗り越えればデライトの成功はすぐそこだ。

{スマートフォン}
{}