{相振り}{出与え}{出場}{希哲13年12月7日のツイスト}{希哲13年12月7日}{情技用語}{ツイスト}{アプリケーション}{データ}{データベース}=}(10)
{相振り}{素振り}{ソフィスティケーション}{アプリケーション}{草稿}=}(5)

{相振りアプリ素振りソフィ K#F85E/A-4686-D5FE}

システムの翻訳語「司組」を発見したことで,システム ソフトウェアを「司組想品」,オペレーティング システム(OS)を「応対司組」(応司)と訳せるようになったが,こうなると,それらの対義語であるアプリケーション ソフトウェアアプリケーションアプリ)をどう訳すかが問題になる。

これはなかなかの難題だった。それというのも,希哲社アプリケーションに代わって用者の目的を充足する「ソフィスティケーション」(ソフィ)という想品ソフトウェア)形態を提唱してきたからだ。単に「アプリケーション」という言葉を訳すだけではなく,「ソフィスティケーション」とも上手く調和する訳語を考えなくてはならなかった。

そんなことを考えていた,ついこの前,アプリケーションに対する訳語として「相振り」(あいぶり)を思いついた。その瞬間,ソフィスティケーションに対する訳語として「素振り」(そぶり)が閃いた。つまり,アプリケーションを「相手となる振る舞い」と解釈し「相振り」,ソフィスティケーションをそのまま司組の「素振り」と解釈すれば良いのではないかと考えた。

=}
{アプリケーション}
{}