{希哲15年6月の一日一文}{論理共感覚}{高度非言語思考}{一日一文}{もじり}{不思議な能力}{組み立てる}{思考速度}{言語思考}{言語の制約}...=}(84)

{非言語思考と論理実装主義 K#F85E/A-E74C-A114}

昨日の一日一文で「高度非言語思考」という言葉久しぶりに使ったので,今日はこれについて少し書いてみよう。

人間にとって,言語思考切り分けることは難しい。ある程度高度な概念を扱う思考をする時,言語自然に伴なうものだ。

他方,言語が無ければ思考出来ないのかといえば,そうではないのも明らかだ。言語獲得以前の幼児にもにも思考能力はある。こうした,言語を必要としない程度の非言語思考を「原始非言語思考」と私は呼んでいる。

通常は言語によって為されているような高度な概念を扱う非言語思考,これがつまり「高度非言語思考」だ。


私は,デライト基礎理論である輪郭法と,それを中核とした希哲館事業構想17歳くが,この時に実践していたのが高度非言語思考だ。

なぜそんなことを始めたのかと言えば,言語の制約を越えたかったからだ。当時の私は,技術以上に哲学関心がある少年で,様々な思想の対立や現代思想停滞乗り越えるには,「言語思考」の速度遅過ぎると思っていた。

つまり,概念名前を付けたり,文章的に整理するのではなく,直感に従って,手で組み立てるように思考を組み立て,言語表現については概ね形が出来上がってから後付けすればいい,と考えた。その結果が「閃き」だったわけだ。

デライト使い方理解している人なら,この思考法がデライトにそのまま反映されていることに気付くだろう。この頃の私は,まさに「あれ」だけで思考していた。


私にはもともと,「論理共感覚」と呼ぶ不思議な能力があった。論理視覚触覚連動しているような共感覚(異種連動感覚だ。子供の頃から,論理というものを,目の前にあるモノを目で見て,手で触るように扱えた。つまり,頭で考えるというより,感じるように思考を組み立てることが出来た。

論理共感覚は,高度非言語思考可能にすると同時に,論組プログラミングと強く結び付くことになった。ごく直感的論組プログラムを組み立てることが出来たからだ。「論組」という翻訳語自体,プログラム本質論理にあるという感覚に基いて造ったものだ。

そして,論組による実装最良知の裏付けとする考え方を「論理実装主義論理実証主義もじりと呼ぶようになった。デライト開発はまさにその実践と言える。

私は,高度非言語思考,論理実装主義から極めて独特な思想体系構築することになるが,当然ながら一文で書き切れることではないので,折に触れて少しずつ書いていこうと思う。

{力を引き出す}{割れた陶器の修復}{3ヶ月ぶり}{家の中}{働いた}{執務外}{最短知名原則}{希哲15年6月5日}{輪郭整備}{主力機清掃}...=}(25)

{希哲15年6月5日の日記 K#F85E/A-E74C-5AEF}

執務外でよく働いた日だった。夜明け前に起き,家の中掃除などをした。およそ3ヶ月ぶり作業場清掃主力機清掃も出来,すっきりした。

割れた陶器の修復もした。久しぶり工作熱中してしまった。あまり期待していなかったが,想像以上に上手く修復出来た。


輪郭整備に関連して「最短知名原則」を導入することにした。ちょっとしたことのようだが,より全知検索力を引き出せそうな嬉しい発見だった。

6日振り返り日記

=}
{希哲15年6月5日の開発}{押し間違い}{dwm の設定}{希哲15年6月5日の進捗時限}{希哲15年6月5日の進捗}{希哲15年6月5日}{環境調整}{久しぶり}{相振り}{}...=}(22)

{希哲15年6月5日2歩 K#F85E/A-E74C-724D}

久しぶり主力機再起動ついでに軽く環境調整して終了。

dwm の設定Alt + 0無効化した。出放りで全ての表示するようになっているが,まず使わないのに押し間違えやすく,相振りによっては表示がおかしくなってしまうことがある。

dwm との付き合いも長いのでずっと気になっていたことではあるが,それほど大きな問題でもないので重い腰が上がらなかった。

これで少し快適になった。

=}
{一日一文}{噛み締める}{重大さ}{希哲15年6月2日}{良い気分転換}{気まま}{振り返り日記}{デライトの成功}{久しぶり}{『希哲日記』}...=}(19)

{希哲15年6月2日の日記 K#F85E/A-E74C-A44E}

凡人思想についての一日一文書き上げ(「超人を越えた凡人への旅」)デライトの成功ということの重大さを改めて噛み締めた。

午後は軽く開発作業してから半休にし,久しぶりにのんびり散歩などをした。

ある程度の時間を決めた散歩は毎日しているが,ひたすら気まま歩くような散歩は久しぶりで,良い気分転換になった。

3日振り返り日記

=}
{希哲15年5月の月記}{希哲15年6月上旬}{希哲15年5月27日}{運良く}{休めた}{特別な日}{新生デライト宣言}{第四次宣伝攻勢}{丸一日}{デライト収益目標達成}...=}(25)

{希哲15年5月26日の日記 K#F85E/A-E74C-47BC}

特別な日でもあったため休日にした。丸一日,完全に肩の力を抜いて休めたのは久しぶりな気がする。

一昨日昨日運良くまとめて雑用片付けることが出来たので,来月中のデライト収益目標達成に向けての丁度良い息継ぎになった。

明日からは,とりあえず月内新生デライト宣言を目指して開発集中し,遅くとも来月上旬中には第四次宣伝攻勢開始,収益目標達成に決着をつけたい。

=}
{純粋な散歩}{柔らかい日差し}{薄雲}{希哲15年3月1日}{久しぶり}{1時間15分}{14時15分}{散歩記録}{10分}{カフェオレ}...=}(16)
{嬉しい発見}{かくれんぼ}{あれ}{希哲15年1月18日の日記}{希哲館累新}{希哲15年1月19日}{肩の力}{千年の集約}{デライト累新}{久しぶり}...=}(45)

{希哲15年1月19日の日記 K#F85E/A-E74C-F70C}

昨日の日記を付けながら,デライト累新希哲館累新でもあり,「千年の集約」でいうところの累新に,希哲館黄金期近代化過程相当することに気付いた。

最近,こんなことをぼんやり考えながら時が過ぎてしまうことが多い。がよほど情報整理しようとしているのか,少し思考に引っかかりを感じて手を止めると,そのまま何時間も経っていたりする。そのせいで開発も少し停滞気味だ。

経験上,こういう時は「待つ」以外にこれといった対処法が無いことは分かっているが,流石にそろそろ手を動かしたい。

そう思いながら,デライト公式希哲館訳語についてツイストを書いていた。相変わらず,独自性という言葉陳腐に感じるほどの異形ぶりに,自分は日本の中心部にありながらどんな環境で育ってきたのだろうと改めて感じていた。

あるツイストを書き終えた瞬間、なぜか,幼少期かくれんぼで大人達を困らせた記憶が蘇えってきた。希哲館事業というのは,自分にとってずっとそんな「わくわく」する悪戯だったのかもしれない。一夜革命なんて,やたら壮大なだけでまさにかくれんぼではないか。久しぶりに「三つ子の魂百まで」という言葉を思い出した。

急に童心にかえったような気分になり,すっと肩の力が抜けてなんだか笑えてきた。

気付いてみればこんな単純なことに今まで気付かなかったのか,気付いたことを忘れているのか,灯台下暗しということもあるから分からないが,変に嬉しい発見だった。

これだから思索はやめられないのだろう。

{希哲15年}{希哲15年1月19日4歩}{希哲15年1月19日3歩}{近付いている}{ネット交通整理}{希哲15年1月18日}{振り返り日記}{忙しさ}{デライト累新}{久しぶり}...=}(36)

{希哲15年1月18日の日記 K#F85E/A-E74C-2641}

今年から希哲館事業がまた新しい段階に進んだように感じていたため,久しぶり希哲館史整理した。

草創期希哲元年11年)から小康期(〜12年)を挟んで,以後は黄金期に向けての黎明期と位置付けていた(希哲12年11月4日の日記)。今はまだ黄金期とはいえないものの,これまで黎明期と呼んでいた期間とも明らかにが変わっている。

黎明期」の代替案として「累新期」という表現を考えていたことを思い出し,仮にこれを採用することにした。昨年末のデライトに起きた変革を「デライト累新」と呼ぶことにしていたので丁度いい。

希哲館黄金期知の黄金郷に手を伸ばせば届きそうなほど近付いていることを改めて実感した。

いまデライトでやろうとしているインターネット改革というのは「ネット交通整理」でもあるんだな,などと考えたりもした。

また,日記の付け方を見直した。

忙しさ日記を付けられない日が多くなり,ある程度過ぎた日付の日記には「振り返り」や「加筆修正」などと末尾に書いて後日まとめることがあったが,感覚的なもので基準明確ではなかった。

今後,当日30時までに書けなかった日記一律振り返り日記」として,その旨を末尾に記しておくことにした。ただし,本当に加筆修正程度のことであれば「加筆修正」と書いておく。

19日振り返り日記

{希哲14年10月の月記}{希哲14年10月10日}{希哲14年10月8日}{デライト用合い改良}{久しぶり}{一睡}{20歩}{『希哲日記』}{怒涛}{終結}...=}(14)
{久しぶり}
{}