{希哲15年6月の一日一文}{論理共感覚}{高度非言語思考}{一日一文}{もじり}{不思議な能力}{組み立てる}{思考速度}{言語思考}{言語の制約}...=}(84)

{非言語思考と論理実装主義 K#F85E/A-E74C-A114}

昨日の一日一文で「高度非言語思考」という言葉久しぶりに使ったので,今日はこれについて少し書いてみよう。

人間にとって,言語思考切り分けることは難しい。ある程度高度な概念を扱う思考をする時,言語自然に伴なうものだ。

他方,言語が無ければ思考出来ないのかといえば,そうではないのも明らかだ。言語獲得以前の幼児にもにも思考能力はある。こうした,言語を必要としない程度の非言語思考を「原始非言語思考」と私は呼んでいる。

通常は言語によって為されているような高度な概念を扱う非言語思考,これがつまり「高度非言語思考」だ。


私は,デライト基礎理論である輪郭法と,それを中核とした希哲館事業構想17歳くが,この時に実践していたのが高度非言語思考だ。

なぜそんなことを始めたのかと言えば,言語の制約を越えたかったからだ。当時の私は,技術以上に哲学関心がある少年で,様々な思想の対立や現代思想停滞乗り越えるには,「言語思考」の速度遅過ぎると思っていた。

つまり,概念名前を付けたり,文章的に整理するのではなく,直感に従って,手で組み立てるように思考を組み立て,言語表現については概ね形が出来上がってから後付けすればいい,と考えた。その結果が「閃き」だったわけだ。

デライト使い方理解している人なら,この思考法がデライトにそのまま反映されていることに気付くだろう。この頃の私は,まさに「あれ」だけで思考していた。


私にはもともと,「論理共感覚」と呼ぶ不思議な能力があった。論理視覚触覚連動しているような共感覚(異種連動感覚だ。子供の頃から,論理というものを,目の前にあるモノを目で見て,手で触るように扱えた。つまり,頭で考えるというより,感じるように思考を組み立てることが出来た。

論理共感覚は,高度非言語思考可能にすると同時に,論組プログラミングと強く結び付くことになった。ごく直感的論組プログラムを組み立てることが出来たからだ。「論組」という翻訳語自体,プログラム本質論理にあるという感覚に基いて造ったものだ。

そして,論組による実装最良知の裏付けとする考え方を「論理実装主義論理実証主義もじりと呼ぶようになった。デライト開発はまさにその実践と言える。

私は,高度非言語思考,論理実装主義から極めて独特な思想体系構築することになるが,当然ながら一文で書き切れることではないので,折に触れて少しずつ書いていこうと思う。

{自輪郭}{他輪郭}{希哲15年2月13日の開発}{時印更新}{時印更新ボタン}{目立ち過ぎる}{希哲15年2月13日の進捗時限}{希哲15年2月13日の進捗}{希哲15年2月13日}{読み取り専用}...=}(51)

{希哲15年2月13日6歩 K#F85E/A-E74C-F2A8}

知名編集周りの不具合修正調整

いったん終了。

無名輪郭描写だけを編集保存した際,知名「あれ」が設定されてしまう問題他輪郭知名欄を開いても読み取り専用になっていない問題,輪結URI 符号化が出来ていなかった問題,その他表示上の調整を終えた。

全て実用上大きな問題ではないが,微妙違和感使いにくさを感じさせる要因ではあった。

他輪郭知名欄は開けても仕方ない気もするが,将来的に特殊記法を導入する可能性があり,写し取りしやすいという実用上利点も一応ある。

知名欄を開いて閉じるだけで更新されてしまう問題だけが気になるが,これは近いうちにやる同期見直しとまとめることにした。

ここでふと,時印更新用のボタン描き直しボタン表示させるようにすることを思いついた。

自輪郭更新日時の記号をボタンに変え,押すだけで時印更新出来るという方向検討していたが,想定される使用頻度の割に目立ち過ぎ誤操作誘発しかねないという問題があった。

描き直しボタン輪郭更新にかかわるウィジェットを全て表示するボタンと捉えれば,時印更新ボタン表示させる機能を兼ねさせるのも理に適っている。

=}
{引き入れ}{希哲14年7月19日の開発}{希哲14年7月19日の進捗時限}{希哲14年7月19日の進捗}{希哲14年7月19日}{代置語}{描写選り手}{「あれ」}{「どう思う?」}{疑似要素}...=}(22)

{希哲14年7月19日6歩 K#F85E/A-5B28-84BF}

これまで描写空欄の時に余白だけを表示していたが,一見して編集可能であることが分かりにくいため,自身の輪郭である場合は描写選り手代置語同様「どう思う?」を表示することにした。

また,描き直し時の描写選り手に同代置語を設定していなかったため,これも設定して統一感を高めた。

表示は下装書疑似要素だけで出来た。

その他,引き入れ時に「あれ」アスタリスクに変わってしまう若干うっとおしい問題があったが,これは Aejs に旧仕様が残っていたためですぐに解決

終了。

=}
{描出公開原則}{あれ}{メール配信}{攻撃動機}{暗証語忘れ対策}{希哲14年7月16日2歩}{暗証語}{暗証語忘れ}{希哲14年7月15日}{新ダブルクリック方式}...=}(57)

{希哲14年7月15日の開発 K#F85E/A-5B28-22ED}

細々とした不具合修正装体調整,これまで単独で更新出来なかった知名欄新ダブルクリック方式対応などがよく捗り,全体的にデライト洗練された。

また,これまでスクリプト不具合で再編集時に知名として混入してしまっていた代置語「あれ」逆手に取り無名輪郭検索や間もなく実装予定の本文抜き出し表示の抑止活用することを考え始める。

また,描出公開原則採用してから間もなく懸念するようになった暗証語忘れ対策についても再検討し,結論として,相応の個人情報保護体制が整うまでは注意喚起に留めることにした。

デライト宣伝再開の前に,暗証語忘れをした時のため,任意メールアドレス登録出来るようにするつもりだったが,これもいくら任意とはいえ用者が増えてくれば重要情報蓄積しかねず,サービスへの攻撃動機を高めることになる。当然,メール配信手続き実装保守にかかる手間暇現状では馬鹿にならない。それに足を引っ張られデライト収益化失敗しては元も子もない。

その他方法も一般的なものから絵鍵を利用するものまで検討したが,どれも費用対効果は疑わしい。描出公開原則によって折角身軽運用可能になっているのに,中途半端になってしまう。

そもそも,全ての輪郭公開されている以上,仮に暗証語忘れをしても再編集などの操作が出来なくなるくらいのことで,情報共有可能な状態で残っている。

用者には最低限録入り状態での暗証語再設定機能を提供して,体制が整うまでは暗証語忘れに気を付けてもらい,万が一忘れてしまった場合は新規利用者登録しなおして,新しい利用者番号で以前の輪郭再利用することを推奨する,という方針を固めた。

また一つ,重荷を減らせた。

{言語依存}{希哲14年7月15日}{希哲14年7月15日のツイスト}{輪郭名}{代置子}{「あれ」}{プレースホルダー}{ツイスト}{空欄}{曖昧さ}...=}(12)
{希哲14年7月15日}{希哲14年7月15日のツイスト}{輪郭名}{「あれ」}{デライト}{輪郭}{ツイスト}{利点}{検索}=}(9)
{希哲14年7月15日}{希哲14年7月15日のツイスト}{あれ}{輪郭名}{「あれ」}{知名}{ツイスト}{変更}{整理}=}(9)
{希哲14年7月15日}{希哲14年7月15日のツイスト}{代置子}{「あれ」}{プレースホルダー}{ツイスト}{空欄}{表示}{バグ}{名前}...=}(11)
{希哲14年7月15日}{希哲14年7月15日のツイスト}{輪郭名}{領当て}{最適化}{「あれ」}{知名}{ツイスト}{レイアウト}=}(9)
{希哲14年6月22日の開発}{前後景部}{希哲14年6月22日の進捗時限}{希哲14年6月22日の進捗}{希哲14年6月22日}{検討}{「あれ」}{無名輪郭}{進捗記録}{進捗時限記録}...=}(14)
{「あれ」}
{}