{あれ}{寝る準備}{論理共感覚}{希哲15年2月3日}{閃き}{立ち上がり}{目を温める}{蒸しタオル}{小休憩時間}{進捗時限法}=}(31)

{希哲15年2月3日の日記 K#F85E/A-E74C-E2A7}

デライト開発本格的再開した。

昨日,閃きについて考えたことで論理共感覚論理実装主義についての考え事もあったものの,立ち上がりにしては良い調子だった。

手定めで初めて自分のアイコンを使ってみた。新鮮面白かった。KNS としてのイメージがより明確になり,持ち辺が上がった。

少し眼精疲労全身凝りを感じていたが,しっかり小休憩時間を取り,蒸しタオル目を温めるとみるみる改善した。昨年10月頃から生活律動が乱れ進捗時限法適当になっていたせいだろう。

調子が上がりきったところで,夜更かししないように早く寝る準備をした。明日以降もこの調子を保ちたい。


{黄金循環}{希哲15年1月18日2歩}{生活の乱れ}{希哲15年1月16日}{第一次生活習慣改善}{第二次生活習慣改善}{第三次生活習慣改善}{新黄金循環}{希哲15年4月1日}{両立}=}(25)

{希哲15年1月16日の日記 K#F85E/A-E74C-4E69}

これまでの二度の生活習慣改善に続く「第三次生活習慣改善」を始めることにした。

今年からまた安定期に入り,新しい目標新しい武器も出来た。ちょうど出来る時期でもあり,すべき時期でもある。すでに出来ることから少しずつ改善し始めている。

これに伴ない,最初の改善を「第一次生活習慣改善」,生活習慣再改善と呼んでいた二度目を「第二次生活習慣改善」とすることにした。また生活の乱れが問題になることがあれば今後も増える可能性はある。

黄金循環黄金状態相乗効果についても考えた。

もともと直接関係はない概念だったが,黄金循環は生活律動を整えやすい「待ち」と生活余裕を持たせるための「攻め」を両立させるという点で黄金状態の維持役立つ。当然,黄金状態も黄金循環に寄与するだろう。

18日振り返り日記


{デライト宣伝}{黄金循環}{希哲15年1月14日3歩}{14年目}{希哲15年1月12日}{希哲館の春}{デライトの春}{最高の春}{暗黙宣伝}{ツイスト宣伝}=}(40)

{希哲15年1月12日の日記 K#F85E/A-E74C-4780}

昨日の日記をまとめながら,最近ぼんやりと感じていたデライト収益化への新しい道筋明確に思い描けるようになった。

待ちでもあり攻めでもある,いわば「」で巻き込んでいくという戦略が考えられるようになっている。これが「黄金循環」と密致するのも不思議な感じだ。

このイメージから,デルンの実用化当時使っていた「クラーケニング」という用語を思い出した。このまま黄金循環加速し続ければ,インターネット引きずり込むクラーケンになるだろう。

新しい希望も出来たところで,4月1日デライト収益化努力期限とすることにした。11月1日必達期限のまま据え置く。

デライトの春というよりは希哲館の春というべきか,毎年のように期待した最高の春14年目にしてようやく訪れるかもしれない。

デライト宣伝に関しては,極力,5分でも1ツイストでも朝昼晩欠かさないようにすることにした。これまでの暗黙宣伝にせよツイスト宣伝にせよ,ある程度まとまった時間を要したため忙しいと機会を逃してしまうことが多かった。

そのためにも,生活律動をしっかり直す必要がある。

14日加筆修正


{黄金循環}{デライト収益模体}{デライト政治参加方針}{政治参加方針}{希哲15年1月10日}{個人情報保護方針}{デライト正式離立}{『希哲日記』}{絶対的独立性}{生活律動}=}(23)

{希哲15年1月10日の日記 K#F85E/A-E74C-7AFE}

最近,時勢もあって何かと考え込んでしまうことが多い。直しかけた生活律動もまた乱れてしまった。

企業サービス政治に対する方針表明について考えていたが,とりあえず個人情報保護方針と並べて違和感が無いように「政治参加方針」という表現を用いることにした。

デライト政治参加方針も近いうちに公開するつもりで内容を頭の中で練っていると,思っていたより希哲館でなければ出来ないことだと気付く。絶対的独立性死守してきた甲斐があった。

今日は一昨日・昨日の振り返り日記にも多くの時間を費したが,その中で「黄金循環」という言葉を思い出した。使っていたのはデライト正式離立前,デライト収益模体も固まっていない頃で,すっかり忘れていた。収益模体への取り込み方を考え始める。


{還元}{偉大さ}{新年の抱負}{希哲15年1月1日}{新デライト市場戦略}{知能増幅メモサービス}{デライト公式}{副日記}{希哲14年11月}{希哲14年11月1日}=}(44)

{希哲15年1月1日の日記 K#F85E/A-E74C-1F86}

折角の元日なので,新年の抱負などを考えながらのんびり過ごした。特に,デライト公式新年の挨拶を書きながら「謙虚さ」についてよく考えた。

新デライト市場戦略における知能増幅メモサービスという根想には,どうにも覆い隠しがたい傲慢さがある。この種の技術本質的傲慢なものなのだからと開き直ることも出来なくはないが,処世術を抜きにしても何か引っかかるものがあった。

経験を重ねるにつれ,自分の能力努力よりも,時代環境役割を大きく感じるようになった。特に昨年,あれだけの無茶をして結局大した傷も負わなかったことには環境偉大さを感じざるをえなかった。結局,与えられた知能増幅メモサービスという形で「還元」するだけなのかもしれない。

根がここまで傲慢だと,いくら謙虚になってもなり過ぎることはないが,努めて謙虚であろうとすることよりも,感謝し謙虚にならざるを得ないありのままの自分を知ることが大切なのだろう。

それはそれとして,「謙虚に皆様の知能増幅させて頂く」といった表現は単純に面白いので,宣伝上の演出としては少し過剰なくらいがよさそうだ。

10ヶ月後,11月1日までのデライト収益化を目指し明日からまた走り出すが,まずは大分乱れてしまった生活律動を直したい。昨年11月頃からなおざりになっていた副日記も今日からしっかり付けていく。


{希哲14年12月の月記}{休養}{N10K 問題・後編}{希哲14年12月16日}{第二次総括}{一段落}{『希哲日記』}{生活律動}{デライト}{第一次総括}=}(21)

{希哲14年12月16日の日記 K#F85E/A-E74C-94F1}

7日にとある仕事一段落したと思ったら N10K 問題に関するツイストをまとめるのに想像以上の時間をかけてしまった。今日夜,ようやくまとめ終えた。その達成感もあったが,振り返った希哲館事業デライトの歩みに対する達成感は一入だった。

休養も兼ねてのこととはいえ,時間の使い方としてどうかとは思いつつ,結局書き切った。途中で実質的に第二次総括を兼ねていることに気付いたのも大きかった。年の瀬でもあり生活仕事節目でもあり,頭の整理をする時期としては丁度良かったのだろう。

この間,思いのほか精神的な負荷が高く,他のことがほとんど出来なかった。これは第二次総括なのかと思ったのも,この感覚が第一次総括と似ていたからだった。明日から生活律動など諸々調整していくが,流石に今日は早く寝ることにした。


=}
{デライト宣伝}{希哲14年10月の月記}{未達}{4週間}{小さな穴}{最後の壁貫通}{希哲14年10月28日}{第二次宣伝攻勢}{月内}{デライト用合い改良}=}(77)

{希哲14年10月28日の日記 K#F85E/A-E74C-F9A3}

昨日は29日結論を出すつもりだったが,一日じっくり考え,月内デライト収益化無理判断年内までの延長戦に備えることを決めた。

20日第二次宣伝攻勢を開始してから一週間で,それまで感じていた「最後の壁」に小さな穴があいた。それ以前よりずっと深く声が届いているのは間違いない。

しかし,想像していたとはどうも「材質」が違うのではないか,という気がしていた。穴をあければ亀裂が広がって崩れ落ちるような壁を想像していたが,小さな穴が綺麗にあいた感じで,分厚い粘土のようだ。この穴を広げるには時間が必要かもしれない。

未達要因として,用合い改良が当初見込みより1ヶ月以上長引いたことは当然大きい。これ自体は必要なことだったと思えるが,かといって組計が狂わないわけはない。

最初から長い目で見て悠長に構えていれば,いまデライトがこの早さでこの品質に達していなかっただろう。こういう場合,必要なのは後悔でも反省でもなく的確かつ迅速軌道修正だ。

宣伝には時間以上に「期間」が重要であるということもデライト宣伝を通じて体で学んだ。毎日12時間の宣伝を1週間続けるより,毎日3時間の宣伝を4週間続けた方が効果的だ。

その意味で宣伝期間不足だったのも否めない。振り返ってみて自分で驚いたが,8月13日デライト実質離立離立補完終結)からまだ3ヶ月も経っていない。そのうち,用合い改良で停止していた1ヶ月ちょっとを引けば,これまでの宣伝期間は1ヶ月半だ。体験濃密過ぎて全くそんな気がしなかった。

一日の中で十分な時間対効果が望める宣伝時間帯は限られているため,時間だけあっても持て余してしまう。開発には時間があるに越したことはないが,集客出来ていない状態で開発を進めても,誰も使わない機能に時間をかけることになってしまう。

宣伝停止中の用合い改良のように,全ての時間を投じて一刻も早く終わらせなければならない作業は今後ほぼ必要ないだろう。つまり,これからは少し時間が余ることになる。

毎日必要十分な改良作業と一定時間の宣伝を継続し,余った時間は資金調達などに使う。これでデライト収益化達成出来る段階に来ている。穴の広がりが遅いのも,安定拡大戦略の観点からはむしろ好都合かもしれない。

用合い改良による「最後の壁貫通」を最大収穫として,先月16日からの短期集中生活も解除することにした。今のところ体調に問題はないものの,これ以上こんな生活を続けるわけにもいかない。心地良かった焦燥がここ数日で気持ち悪いものになってきているのも感じていた。このあたりが限度だろう。

明日からは野暮用で夜となく昼となく奔走することになるので完全に生活律動を取り戻すことは難しいだろうが,可能な限り元の生活に近付ける努力をしていく。

今日は気持ちを整理出来てずいぶん清々しい気分だった。久しぶりにゆっくり睡眠を取ることにした。


=}
{希哲14年9月の月記}{北極8丁目}{北極9丁目}{良い遅れ}{希哲14年9月30日}{第二次宣伝攻勢}{第三次宣伝攻勢}{デライト用合い改良}{最後の壁}{大規模流入}=}(40)

{希哲14年9月30日の日記 K#F85E/A-5B28-63D3}

16日から追い込み気味に始めたデライト用合い改良は長引いたまま今日中に終わりそうになかったため,早々に切り上げて組計を見直すことにした。

昨日の日記にまとめたように,今のところはまだ「良い遅れ」に収まっている。今日は月末調整に時間を取られあまり作業に割けなかったが,その代わり追加の時間調達も出来た。油断は出来ないが,状況総合的にみれば悪くない。

この2週間体感出来た最後の壁厚み進捗状況に照らしてあと3日間必要になるだろう。10月3日までに用合い改良を終え,そこから3日間程度を目安に小手調べ第二次宣伝攻勢北極8丁目の残りで大規模流入に備え,北極9丁目は目一杯第三次宣伝攻勢に使ってデライト収益化決着を付ける,というのが理想的筋書きだ。

睡眠不足も続き,やや体調不良兆候も見え始めたため,今日はしっかり寝て,明日から気分一新,「最後の一ヶ月」に最高状態で臨めるように生活律動調整していく。


{希哲14年9月の月記}{希哲14年9月24日}{『希哲日記』}{生活律動}{デライト開発}{寒さ}{体調不良}{兆候}{調節}{調和}=}(13)
{希哲14年9月の月記}{平常時}{北極10丁目}{希哲14年9月23日}{希哲14年10月}{必達期限}{短期集中生活}{心身の調子}{『希哲日記』}{キリ}=}(21)

{希哲14年9月23日の日記 K#F85E/A-5B28-8B68}

デライト収益化必達期限来月末,北極10丁目まで延ばせることが確定した。これが最後になるという実感がある。奇しくも全てにおいてキリ良い

短期集中生活も,あと1ヶ月以上続く可能性があると考えると,平常時との中間程度には生活律動を保った方がいいのかもしれない。心身の調子をみながら調整していく。

着実を進めれば,デライトが成功する時は必ず間もなく来る。


{生活律動}{律動}{生活}
{}