{バズった}{生存戦略}{経営原則}{出資者}{経営体制}{権威者}{ご意見ありがとうございます}{黄金循環}{デライトの現状}{安定拡大戦略}...=}(70)

{デライトの戦略について K#F85E/A-E74C-4219}

アクセルブレーキを同時に押している」……これは非常に鋭くデライトの複雑な現状を捉えた表現だと思います。

また長い話になりますが,デライトは「安定拡大戦略」を取っています。つまり,堅調拡大しつつ過熱は抑えたい,ということです。

デライトの母体である希哲館希哲社)は,その名の通り,希求する万人擁護者支援者となることを使命として,いかなる権力者権威者にも,資本家にも,大衆にさえも従わない経営体制構築腐心してきました。

権力者が言うから,出資者が言うから,みんなが言うから,黒いものでも白と言わなければならない体制ではこの使命は果せません。希哲社は,「希哲」の理念のみに従う企業である必要があります。

デライトもこの経営原則による制約を受けています。この手のサービスによくある,投資家に支えられて巨額赤字を乗り切るとか,あるいはウィキメディア財団のように寄付に頼るといったことも出来ません。あくまでも「自活」です。

要するに,爆発的ユーザーを集めることはデライトにとって現実的なことでもなければ必要なことでもない,ということです。

収益や,最適化チューニングといった開発進捗歩調を合わせながら拡大を続けていくというのが理想であり,現実的に考えて唯一の生存戦略なのです。

ここでいうアクセルは,先日説明した黄金循環」です。そしてブレーキが「難解さ」です。

今だから言えることですが,昨年,N10K 問題デライトが少しバズった時,私が心配していたのは内容云々よりもデライトへの「負荷」でした。同時に捌けるアクセスは高が知れています。そこでどうしたかというと,それまで隠していたデライト難解な話をひたすら書き綴ったわけです。思惑通り,騒動は早々に沈静化しました。

もちろん,わざと話を難しくすることはありませんが,それまで難解さを気にして出せなかった部分をある種の重石として利用しながら出す,これは一石二鳥宣伝手法でした。

このあたりの所感22日の日記にも書いていますが,今はこういうバランス感覚重要な時期だと感じています。

デライトの雰囲気について」に続きます。

{希哲14年12月の月記}{N10K 騒動}{希哲14年12月7日}{デライトの成功}{N10K 問題}{安堵感}{『希哲日記』}{デライト開発}{デライト}{難局}...=}(16)

{希哲14年12月7日の日記 K#F85E/A-E74C-4A75}

デライト開発で嵩んだ借りを返すための仕事が一段落し,明日からまたデライトに多くの時間を割けるようになった。一時はどうなるかと思ったが,難局は上手く乗り越えたようだ。

ちょうど仕事を詰め込んでいた先月末から重なった N10K 騒動で得たものも多く,これからデライトの成功に向けて弾みがつきそうだ。

N10K 問題についてもまとめたかったものの,達成感安堵感からか,いつにも増して眠気が強い。今日はしっかり睡眠を取ることにした。

=}
{希哲14年12月5日の進捗時限}{希哲14年12月5日の進捗}{希哲14年12月5日}{N10K 問題}{ずれ}{進捗記録}{進捗時限記録}{進捗時限}{ツイスト}{進捗}...=}(11)
{仕様}{不可解}{ページ数}{違い}{実装}{頻度}{説明}{投稿}{サービス}{デライト}...=}(11)
{佳境}{完結}{N10K 問題}=}(3)
{N10K 問題}=}(1)