{進捗時限法}{希哲13年7月の日記}{『希哲日記』}{大理容}{希哲13年7月上旬}{希哲13年7月}{掃討作業}{7月4日}=}(8)

{希哲13年7月4日 K#F85E/A-5B28-9DA5}

ようやく大理容に入った。2週間も延期し続けたため正直焦りもあったが,感触は思いのほか良く,むしろ最良の時期に着手出来た気さえする。掃討作業DG_T 周りの見通しが良くなったのが大きく,内部構造がしっかり把握出来るため,前縁にどう反映させるべきか,自然に思い浮かぶ。まさに「理容」という感じだ。

進捗時限法のやり方を見直してから調子が良く,昨日から食後の腹痛も無い。今日は食後に歯磨き犬の散歩風呂を済ませてから作業を再開したが,これくらいが丁度良さそうだ。

安心材料も出来て今日こそ早く寝れるかと思ったが,また一日一文に時間をかけ過ぎ,作業が終わったのは深夜だった。

{希哲13年7月3日}{掃討作業}{開発}{開発記録}=}(4)

{希哲13年7月3日の開発 K#F85E/A-5B28-FC03}

oln_T を通した DG_T との同期機構を実装し,先月の作業で残った不具合(前後景輪数の不整合)を解決した。本当の意味で掃討作業が終了した。

ずっとやりたかった oln_T を通した DG_T の操作が実現したことで,これから出来ることの幅がかなり拡がる。

{柔品}{希哲13年6月30日}{希哲13年6月30日のツイスト}{掃討作業}{ツイスト}=}(5)
{知番付け検索}{希哲13年6月}{希哲13年6月29日}{/sm}{掃討作業}{6月29日}{サイトマップ}{全知検索}{開発記録}=}(9)

{希哲13年6月29日の開発 K#F85E/A-5B28-E9A4}

掃討作業がようやく一段落した。

大最適化に気になっていた部分を一通り直し,月庭サイトマップ/sm で配信を再開した。GoogleBing には古い方(/sitemap)を削除して送信済み。

交度の見通しは大きく改善したが,まだ雑な実装が目立ち,最適化の余地は残されている。現時点で大最適化からの劇的な性能の改善は見られない。

全知検索の無条件検索で上描き履歴が隠せるようになったため,無番検索の使い勝手はかなり良くなった。

手定め備立

昨日から大規模修正に入り,しばらくデルンが使えなかったが,こういう時のためにやはり領下でも手定め備立が欲しい。

前々から考えてはいたが,関連要素との整合性を考えるとなかなか面倒だ。

{『希哲日記』}{大理容}{希哲13年6月}{掃討作業}{6月29日}=}(5)

{希哲13年6月29日 K#F85E/A-5B28-F97A}

大理容に進む前にどうしても気になっていた細々とした問題がようやく片付いた。この掃討作業の過程で気付いたことも多く,やはり必要なことだったのだと思う。

まだ緻密さには欠けるが,後は全体的な調整を繰り返していくしかない。

{希哲13年6月28日}{掃討作業}{開発}{開発記録}=}(4)

{希哲13年6月28日の開発 K#F85E/A-5B28-449A}

大最適化後の細々とした作業を「掃討作業」と呼び始めた。一段落した直後,「掃討」という言葉を少し使った記憶があったが,今の感覚には合っている。

掃討作業の仕上げにかかるが,思わぬところでつまずき,そのまま深夜までの作業が続いた。

{希哲13年6月28日}{希哲13年6月28日の開発}{掃討作業}{希哲13年6月28日の進捗時限}{希哲13年6月28日の進捗}{進捗記録}{進捗時限}{進捗}=}(8)

{希哲13年6月28日5歩 K#F85E/A-5B28-92AA}

手定め環境本番環境で乖離が大きくなってきたため,一旦同期作業に入ろうかと思ったが,前時輪後時輪取得の改善,前景輪後景輪数取得の統合,全知検索の(DG_T::fnd()上描き履歴非表示,サイトマップ実装と,「掃討作業」の目標が定まってきたため一気に仕上げることにした。

全知検索サイトマップで使っている無条件検索で除外するため,oln_bg() の第一引数をNULL として,除外する前景輪のみを指定出来るようにしたかったが,試してみると遅すぎる。そもそも集合演算の時点で遅い。

ここでつまずいて終了。

=}
{掃討作業}
{}