{希哲15年2月24日}{開発}{開発記録}=}(3)
{前後景部整理}{希哲15年2月23日}{デライト高速化}{デライト文書構造最適化}{中景輪符整理}{前後景部}{隠し}{求頼}{自我情報}{作業方針}=}(16)

{希哲15年2月23日の開発 K#F85E/A-E74C-9061}

デライト文書構造最適化少々,高速化作業方針検討,その他情報収集など。

前後景部でいくつか微調整したいことがあるため,すぐに終わる作業は中景輪符整理の前に,時間がかかる作業は「前後景部整理」として後回しにすることにした。

高速化に関しては無駄求頼などの洗い出し。まずは自我情報隠しからか。


{希哲15年2月22日}{デライト文書構造最適化}{中景輪符整理}{div.r}{装体}{領当て}{期待通り}{導入}{ギリギリ}{開発}=}(11)
{希哲15年2月21日の日記}{機会損失の最小化}{放置状態}{KDN}{希哲15年2月21日}{デライト高速化}{Schema.org}{デライト文書構造最適化}{中景輪符整理}{検索演心教育}=}(30)

{希哲15年2月21日の開発 K#F85E/A-E74C-0B9C}

デライト文書構造最適化SEO 向けの作業一段落した。

長いこと SEO に関しては放置状態に近かったが,HTML5Schema.org活用してそれなりの形にはなった。 SEE にとっても大きな進歩だ。機会損失の最小化を考えると出来るだけ早く済ませておきたかったので割とあっさり終わって良かった。

これからの文書構造最適化中景輪符整理など領当て保守性観点から必要な作業中心になるだろう。

SEO に加え第三次宣伝攻勢も始まればデライト高速化も急ぐ必要があるが,CDN に関してはやはり依存を避けつつ,体系的に上手く利用出来るようにしておきたい。

この体系KNEST一環として「KDN」(knowledge delivery network)と呼んでおくことにした。


=}
{希哲15年2月20日}{デライト文書構造最適化}{開発}{開発記録}=}(4)
{希哲15年2月19日}{開発}{開発記録}=}(3)
{中景輪符の見出し化}{DGHTML}{希哲15年2月18日}{デライト文書構造最適化}{輪符要素正規形}{出振るい済み}{場当たり的}{体系化}{保守性}{開発}=}(14)

{希哲15年2月18日の開発 K#F85E/A-E74C-5FF8}

デライト文書構造最適化

中景輪符の見出し化まで終え,出振るい済み8歩)。

輪符要素正規形を定めた頃から強く感じていたことだが,やはり今後の保守性を考えると場当たり的HTML を扱うべきではない。輪郭法を HTML でどう扱うべきか体系化が必要になってくるだろう。「DGHTML」を仮称として考えておく。


{満遍なく}{デライト高速化}{1秒以内}{希哲15年2月17日}{デライト文書構造最適化}{デライト文書整備}{機能追加}{利素}{用者}{ウェブページ表示速度}=}(33)

{希哲15年2月17日の開発 K#F85E/A-E74C-C100}

デライト文書構造最適化少々。

次の作業として「デライト高速化」も視野に入れておく。

そもそも 設計極限に近い単純さ高速化相性が良く,速度デライトの大きな強みになりうる。

開発者が作りたいものと用者が欲しているものとの不一致が起きやすい機能追加などと比べ,用者満遍なく恩恵を受けられ,検索演心最適化観点からも利素効率化の観点からもやってはない,というのもデライト文書整備並行する作業としては好ましい

全てのページ表示速度1秒以内目標とする。


{開発初期}{Schema.org}{デライト文書構造最適化}{共有ボタン}{Web Share API}{希哲15年2月16日}{ページ構成}{輪郭ページ}{領当て}{最善の時期}=}(34)

{希哲15年2月16日の開発 K#F85E/A-E74C-9903}

デライト文書構造最適化」に着手

デライト文書構造は,試行錯誤が多かったこと,開発初期 HTML5 要素採用消極的だったこともあり汎用要素,特に div 要素多用目立つ

整理するならページ構成領当ても固まった今が最善の時期だろう。HTML5 要素だけでなく,Schema.org 等の周辺規格も取り入れていく。

これまで導入を避けてきた共有ボタンについても進展

Web Share API利用し,輪郭ページに汎用の共有ボタンを一つ置くというのは悪くない,と考え始めた。API 非対応であれば非表示にすればいいかと思ったが,よく考えると,ずらずら SNSアイコンが並べられるのが嫌だったわけで,共有ボタンを押して選択肢として表示される分には問題ない。

ボタン見た目は,よくある1点から2点にが伸びるものの1点部分を輪郭記号にする形を考えた。


{初期}{開発}=}(2)