{希哲15年6月の一日一文}{論理共感覚}{高度非言語思考}{一日一文}{もじり}{不思議な能力}{組み立てる}{思考速度}{言語思考}{言語の制約}...=}(84)

{非言語思考と論理実装主義 K#F85E/A-E74C-A114}

昨日の一日一文で「高度非言語思考」という言葉久しぶりに使ったので,今日はこれについて少し書いてみよう。

人間にとって,言語思考切り分けることは難しい。ある程度高度な概念を扱う思考をする時,言語自然に伴なうものだ。

他方,言語が無ければ思考出来ないのかといえば,そうではないのも明らかだ。言語獲得以前の幼児にもにも思考能力はある。こうした,言語を必要としない程度の非言語思考を「原始非言語思考」と私は呼んでいる。

通常は言語によって為されているような高度な概念を扱う非言語思考,これがつまり「高度非言語思考」だ。


私は,デライト基礎理論である輪郭法と,それを中核とした希哲館事業構想17歳くが,この時に実践していたのが高度非言語思考だ。

なぜそんなことを始めたのかと言えば,言語の制約を越えたかったからだ。当時の私は,技術以上に哲学関心がある少年で,様々な思想の対立や現代思想停滞乗り越えるには,「言語思考」の速度遅過ぎると思っていた。

つまり,概念名前を付けたり,文章的に整理するのではなく,直感に従って,手で組み立てるように思考を組み立て,言語表現については概ね形が出来上がってから後付けすればいい,と考えた。その結果が「閃き」だったわけだ。

デライト使い方理解している人なら,この思考法がデライトにそのまま反映されていることに気付くだろう。この頃の私は,まさに「あれ」だけで思考していた。


私にはもともと,「論理共感覚」と呼ぶ不思議な能力があった。論理視覚触覚連動しているような共感覚(異種連動感覚だ。子供の頃から,論理というものを,目の前にあるモノを目で見て,手で触るように扱えた。つまり,頭で考えるというより,感じるように思考を組み立てることが出来た。

論理共感覚は,高度非言語思考可能にすると同時に,論組プログラミングと強く結び付くことになった。ごく直感的論組プログラムを組み立てることが出来たからだ。「論組」という翻訳語自体,プログラム本質論理にあるという感覚に基いて造ったものだ。

そして,論組による実装最良知の裏付けとする考え方を「論理実装主義論理実証主義もじりと呼ぶようになった。デライト開発はまさにその実践と言える。

私は,高度非言語思考,論理実装主義から極めて独特な思想体系構築することになるが,当然ながら一文で書き切れることではないので,折に触れて少しずつ書いていこうと思う。

{希哲15年6月の一日一文}{一日一文}{霞んで見える}{大きな画期}{新しい社会}{人間社会の縮図}{宗教指導者}{そぐわない}{知の可能性}{知の不可能性}...=}(95)

{超人を越えた凡人への旅 K#F85E/A-E74C-CC47}

私の人生観希哲館事業を貫く「凡人思想」については時々断片的言及してきたが,そろそろしっかり書いておきたい。

私の凡人思想は,ニーチェ超人思想を“克服”するように形成された。

19世紀後半活動現代思想大きな影響を与えた哲学者フリードリヒ・ニーチェが言う「超人」とは,「孤独虚無をも楽しめる創造力を持った人間」のことだ。

私が言う「凡人」とは,「自らの創造力によって“新しい普通の人間”であり続ける人間」のことだ。これを私は「まだ見ぬ凡人」などとも呼んできた。この凡人は,超人を越えたところにいる。“新しい普通の人間”になるということは,万人のためのを創るということでもある。

17歳輪郭法閃きを得た私は,この発明が“知の不可能性”を前提としてきた現代思想を終わらせるものであることにも気付いた知能増幅によって“知の可能性”が異次元に広がり,知識産業隆盛と結び付いて世界あり方を変えうる。この可能性が「新しい物語」の原点だった。

それは同時に,気の遠くなるような,超人を越えた凡人への旅予感させる出来事でもあった。


凡人思想について哲学的なことをあれこれ語り出すと一日一文にはそぐわない内容になりそうなので,具体的に考えてみよう。ちょうど良いがここにある。他でもない,デライトだ。

デライトは,輪郭法に基いた世界初知能増幅メモサービスだ。私は,これを KNS(knowledge networking service)として SNS対峙している。SNS はいわば人間社会の縮図だ。各国首脳宗教指導者,各界の権威著名人を含めた数十億人ともいう人々がひしめき合う世界だ。それでも,たった一人で始めた KNS には,SNS に勝る価値があると私は思っている。

実際の所,私は希哲館事業を始める時に,「全てのと自分以外の全人類を敵に回してもこの事業に尽くせるか」と自問自答した。その決意が出来たから今こうしている。これは超人以外の何者でもない,ニーチェもびっくり精神性だ。

しかし,この程度のことなら私にとって難しいことではなかった。「三つ子の魂百まで」というのは本当で,私のこういう性格は幼い頃からほとんど変わっていない。普通ならどこかで破滅していると思うが,環境のおかげで生きてこれてしまった「超人ネイティブ」なのだ。

本当に難しいのはここからだ。このデライトを多くの人に使ってもらうためには,単なる“超人”でいてはいけない。自分自身が,万人共鳴してもらえる模体モデルとならなければ,新しい技術に基く新しい人間新しい社会を創ることなど出来ない。これ以上に人間としての器量を試されることなどなかった。

新しい凡人」になること。これこそが,17歳の私を絶望させた重圧であり,超人が霞んで見えるほどの価値だった。


たまに,デライト思想臭くてとっつきにくいなどと言われることがある。

ただ,人類知のあり方を変えようという技術新しい思想を伴なわないわけもなく,全て必然であり自然なことなのだろうと思う。

もともと希哲館事業は「テクノロジーとフィロソフィーの結合」を掲げている。デライトの成功は,技術史のみならず,思想史にとっても大きな画期となるだろう。

{希哲13年7月16日}{あれ}{希哲13年7月16日のツイスト}{16歳}{ツイスト}{難しさ}{現代思想}=}(7)
{現代思想}{思想家}=}(2)
{現代思想}{学問}{公開}=}(3)

{妄想としての現代思想 K#F85E/A-527D}

歴史を通観していると,どんどん現代思想というものが分からなくなってくる。

現代思想の特徴の一つに,広い意味での相対主義がある。要は,西洋においてはキリスト教であったり共産主義であったり,「我々」が信じてきた大きな思想の威信が崩壊した,という世界観を背景にしている。その焼け野原からの再生を目指し,むしろ矮小さからの飽くなき希求をこそ肯定するのが希代思想(範囲をより狭くとれば希現代思想で,これを絶対主義や相対主義を超える正対主義と私は呼んでいる。これを可能にしたのは,1980年代以降の情報技術の著しい発展だ。

それはさておき,よく分からなくなってきたのが,思想の多様化・多元化を一つの画期とみる考え方だ。というのも,人類が大きな思想を共有してきたことなんて実は一度も無くて,古代ローマがあった時代ですら世界はどうしようもなく多様だったし,中世近世なんかは混沌もいいところだった。近代に入ると,国民国家の形成のために思想の統一化が計られるが,それはどちらかといえば政治上の都合であって,多くの人は信じるフリを強要されていたに過ぎない。だから言論統制が必要だったのだ。

21世紀になっても宗教は依然として信じられているし,共産主義も壊滅していない。現代以前が多様でないということはないし,現代がそれほど多様なのかというとそれも疑問だ。現代人なんて,それほどみんな違った考えを持っているわけではない。「多様化」を叫んでいても,その内容はみんな一様で,似たような情報源に影響されているだけだったりする。それも一つの信仰といえばそうだ。差別化の仕方すら一様で「有意差」は見かけほど無い。

では,時代が下るほど多様化が進んできたのか,というとそれも確かではない。集団の不本意な分化というのは全体の意思疎通が不十分である場合に起こる。情報伝達手段は大体常に進歩しているし,例えば近代化のために全国的な教育制度が整えられるなど,技術的にも社会的にも情報共有の密度は増している。日本でいえば,1970年代〜80年代頃なんて未曾有の均一社会だっただろう。

自由主義経済下で分業が進むのはその合理性のためで,合理的である限りは好ましい分化だ。専門分化が進むのも,裏を返せば我々がそれだけ多量の情報を扱えるようになったということだが,これに関しては合理性の無い水準まできている。つまり,誰が何をやっていて,それにどのような意味があるのかを誰も把握できていない状況で,市場のような調整機能がないので取りとめがなくなっている。要は,費用対効果を評価できないまま分化を続けているのが(特に学問における)専門分野だ。しかし,これは情報技術と新たな方法論が解決するだろう。いずれにせよ,職業の分化と思想の分化とは相関があるとはいえ同じ問題ではない。

それなら何故19世紀から20世紀にかけて思想の危機が叫ばれたのかというと,これはまだ憶測の域を出ないが「被害妄想」に近いものがあったのではないか,という気がする。例えば,キリスト教を痛烈に批判したフリードリヒ・ニーチェはどちらかといえば熱心なキリスト教徒の家に生まれている。だから,キリスト教の危機に対しても敏感だったのだろう。ニーチェが神の死について深刻そうに語っていたその頃,日本では無理矢理に神を生み出そうとしていたのだ。それはヨーロッパの問題ではあったかもしれないが,少なくとも世界の問題ではなかった。

そのように考えてみると,いわゆる現代思想というのは多分にヨーロッパの被害妄想から発生したヨーロッパ中心主義の一種という気がしてならないのだが,いつから日本人は普遍的な思想として真に受けるようになってしまったのだろうか。

=}
{現代思想}
{}