{割り切れる}{目の上のたんこぶ}{仮想空間}{数百億円}{地下施設}{木立}{日本建築}{建築構想}{鎌倉の物件探し}{希哲館仮本館}...=}(73)

{希哲15年3月27日の日記 K#F85E/A-E74C-BF38}

数日前から何となく鎌倉の物件探し再開したところ,そのまま希哲館「仮本館」に使えそうな貸家を見つけた。これをきっかけに,希哲館事業構想について色々なことを考え込んでしまった。

希哲館は本来,建築構想でもある。あらゆるものが仮想化されつつある世界にあって,最も強い現実として事業理想具現化したいという思いが「希哲館」という命名には込められていた。

希哲館事業発足から間もなく鎌倉本拠地にすることを決め,鎌倉文学館モン・サン=ミシェル等を模体に,日本建築ギリシャ建築融合した独自の建築様式構想していた。木立に囲まれたの上に大きな庭園と小さな屋敷があり,その下には巨大地下施設が広がっている……それが希哲館本館希哲社本社理想像だ。それは一つの建築から都市になり国家になり,やがて世界になるはずだった。

しかし,そんな理想現実のものとするには少なくとも数百億円資金が要る。実現見通しも無く,「希哲館」は常に仮想空間だった。その仮想の仮想のがつまり「月庭」だ。

例の物件は,長年思い描いていた希哲館本館執務長公邸中間に近い規模雰囲気想像通りという感じで,少し運命的なものを感じた。この物件が実際に使えるかどうかはともかく,理想にこだわらなければ「希哲館仮本館」が出来るのは意外とすぐかもしれない,と思えた。

そう思ってみると,デライト背景でもある「希哲館」という概念は今のところ他人には雑音でしかない,ということが目の上のたんこぶのように気になってくる。私の頭の中にだけある理想像としての希哲館は,ほとんど誰にも伝わっていないだろう。仮にでも現実の形にすれば,この状況は大きく変わりそうだ。

そしてもう一つ,持ち辺に新たな燃料が注ぎ込まれたようにも感じた。完璧主義理想主義にとらわれて手をのばす気すら失せていたことが,何かのきっかけ割り切れるようになり,結果的には満足出来た,ということが最近よくあるDex好例だが,これもその一つになるかもしれない。そう思えば頑張って手をのばしてみるしかない。

28日振り返り日記

=}
{希哲館訳語}{開発者コミュニティ}{リスク低減}{費用削減}{困難さ}{隠すべきものを持たない強み}{希哲15年2月1日3歩}{きっとん}{素交非公開原則}{素交公開原則}...=}(89)

{希哲15年1月30日の日記 K#F85E/A-E74C-E10D}

日本の情技業界を騒がせている業務素交流出事件に思うところあり,希哲館でも原則として素交公開していく「素交公開原則」の採用本格的検討し始めた。

昨年の今頃もそんなことをぼんやりと考えていたが,特にこの頃,描出公開原則成功確信が持てるようになったり,政治参加方針公開が考えられるようになったり,「隠すべきものを持たない強み」を実感することが多くなっていた。となれば,素交公開自然流れだろう。

もともと虎哲関係の素交独自性が強過ぎ,動作環境備立方法も特殊文書込め言には独自用語と希哲館訳語満載という状態であり,盗んだところでまともに運用するのは不可能だ。これを「自然難読性」と呼び,ある種の強みと考えていた。

それでもいわば「素交非公開原則」で来た理由はいくつかある。

第一には,私自身の完璧主義的な性格であり,見せる必要もないところで不完全なものを晒したくなかった。

次に,希哲館事業収益化不可能に近い困難さがあった。万が一にもなさそうだった成功可能性を探る上で,万が一でもその障害になりそうな要素排除しなくてはならなかった。手札は一つでも多い方が良かった。

これについては,デライト収益化実現してしまえば無用心配になる。

もう一つ,技術的問題もある。昔から,デルン基礎にした版存管理司組構想してきたこともあり,素交公開するなら独自基盤でと考えていた。無論,そんなものを開発する時間は無かった。

色々な意味で余裕が必要になるので,いずれにせよデライト収益化後に決断することになるだろう。

素交公開原則利点はいくつも考えられる。献典としては死蔵してきた希哲館技術体系宣伝デライトも含めた希哲館事業全体の透明性信頼性向上機密保持に関する費用削減リスク低減,そして最も大きいのは開発者コミュニティを作れることだろう。

KitHub」というのは一昨年思いついたことだが,それこそ GitHub のように成長すればそれだけで希哲館事業の強力な武器になる。

この日は久しぶりに希哲館マスコット構想「きっとん」を思い出し,具体的なイメージを練ったりもした。これがのらくろに似ていることに気付いたのは収穫だった。

2月1日振り返り日記

{希哲14年11月22日のツイスト}{希哲14年11月22日}{歯車アイコン}{@Dlt_jp}{デライト}{ツイスト}{形状}{歯車}{病的}{完璧主義}...=}(11)
{希哲14年10月20日の開発}{あれ}{希哲14年10月20日の進捗時限}{希哲14年10月20日の進捗}{描き直しボタン}{希哲14年10月20日}{北極9丁目}{第二次宣伝攻勢}{北極10丁目}{デライト用合い改良}...=}(56)

{希哲14年10月20日3歩 K#F85E/A-5B28-889B}

デライト用合い改良

現在7時過ぎ。ちょうど部屋朝日が差してきた。清々しい気分だ。

ここまでの進捗評価し,本日20日から第二次宣伝攻勢開始することを決定した。

いまごろ引き入れボタン仮実装くらいは終えていたかったが,思わぬ不具合に時間を取られ,描き直しボタンも一部不完全状態2歩)にある。

しかし,良い意味での意外収穫も多かった。

あれだけが重かった諸場用合い調整は思いのほか捗った。下装書を一気に整理出来たことで,明らかに装体調整効率化している。

不完全なところは多々あれど,最終的には,一般的目線で見て魅力的なものに見えるかどうか,総合的心証第二次宣伝攻勢開始を決めた。

先月16日用合い改良を始めてから,毎日がデライト収益化現実完璧主義せめぎあいだったが,今のデライトなら,誰に見せても可能性くらいは感じてもらえるだろう,と半ば開き直って思えるようになった。

北極9丁目最終日でこの達成度なら,理想的とはいえないが及第点ではある。ほとんど限界を越えた働き方体調も良いので,この調子さえ保てて北極10丁目を目一杯使えれば,月内のデライト収益化にも十分希望が持てる。

これからは宣伝攻勢を続けながら,可能な限り早期の用合い改良終結を目指す。

{希哲14年7月の月記}{仕上がる}{希哲14年7月中旬}{希哲14年7月16日}{疲労回復}{北極1丁目}{希哲14年7月20日}{経験上}{心身の調子}{デライト離立補完}...=}(30)

{希哲14年7月16日の日記 K#F85E/A-5B28-95F4}

最近,いつにも増してデライト開発熱中している。今日も大きな進展がいくつもあり,デライト開発はまさに加速状態にあるようだ。

20日までの北極1丁目離立補完を終える,というのは中旬に入った時点でかなり楽観的筋書きだったが,それも満更不可能なことではないように思えてきた。少なくとも,公開 β 程度には仕上がるだろう。

デライトも,ようやく,「人に見せられない」という意識より「人に見せたい」という意識が勝ってきたように感じる。経験上,これは私の完璧主義における重要心境の変化だ。

心身の調子完璧になり,疲労回復のため控えていた陶練1週間ぶりに再開出来て気持ちが良かった。

この勢いダーウィンの海を越えたい。

=}
{実質離立}{希哲14年5月17日}{希哲14年5月17日のツイスト}{デライト離立補完}{希哲14年2月13日}{正式離立}{デライト}{ツイスト}{開発状況}{作業}...=}(14)
{デライト離立補完}{希哲14年3月31日}{希哲14年3月31日のツイスト}{デライト正式離立}{ツイスト}{最低限}{刺激}{完璧主義}=}(8)
{希哲14年3月20日}{希哲14年3月20日のツイスト}{ツイスト}{売れる}{不気味の谷}{努力}{成功}{完璧}{完璧主義}{評価}=}(10)
{希哲14年2月12日}{希哲14年2月12日のツイスト}{柔品開発}{おもちゃ}{ツイスト}{成果物}{克服}{大企業}{完璧主義}=}(9)
{完璧主義}
{}