{希哲15年2月24日}{デライト高速化}{第三次宣伝攻勢}{『希哲日記』}{デライト開発}{雑務}{検索演心最適化}{専念}{可能性}{延期}=}(12)

{希哲15年2月24日の日記 K#F85E/A-E74C-E1A7}

明日で今月の雑務が上手く片付きそうだ。夜から28日まではデライト開発専念出来るだろう。

今月が28日までしかないことをすっかり忘れていたが,必要なら来月上旬までは第三次宣伝攻勢延期してもいい。

最近 SEO急激に進んでいることもあり,高速化をしておかないと人を呼び込んでも捌けない可能性が高い。


{希哲15年2月15日}{デライト収益目標達成}{希哲15年2月中旬}{振り返り日記}{希哲15年2月}{『希哲日記』}{デライト開発}{時間稼ぎ}{手応え}{決定的}=}(14)
{自我アイコン設定機能実装}{デライト文書整備}{領当て調整}{希哲15年2月7日}{思い付き}{希哲15年2月}{頭脳の鏡}{第三次宣伝攻勢}{気恥ずかしい}{私の顔写真・竜胆蛍付き}=}(39)

{希哲15年2月7日の日記 K#F85E/A-E74C-09EB}

デライト開発快調は続き,念願自我アイコン設定機能実装一段落した。想定よりずっと早くそれなりの形になったのは嬉しい

これで今月予定していた大きな作業文書整備のみとなった。当努自体は他にも色々あるが,現時点優先順位を付けるのが難しい文書整備が終わった時点で第三次宣伝攻勢に入り,不具合修正最適化領当て調整など細かい作業をしながら反応を見て次の当努を決めたい。

手定め用のつもりだった自分のアイコンにも大分慣れ,愛着すらわいてきた。

思い付きで咄嗟に作って Mastodon で使い始めたこのアイコンだが,流石にデライト最初にするには過ぎると感じていた。とはいえ,わざわざ綺麗に撮り直すのも気恥ずかしいので惰性で使い続けていた。

デライトが「頭脳の鏡」だと考えると,の付いた越しのも,これはこれで味わいがあるような気がしてきた。


=}
{自我アイコン設定機能実装}{デライト文書整備}{希哲15年2月6日}{振り返り日記}{『希哲日記』}{デライト開発}{快調}{進捗}{目標}{日記}=}(11)
{希哲15年2月5日}{第三次生活習慣改善}{希哲15年4月1日}{過熱感}{高進捗}{短期集中生活}{『希哲日記』}{デライト収益化}{デライト開発}{現実感}=}(16)

{希哲15年2月5日の日記 K#F85E/A-E74C-ECED}

引き続きデライト開発快調高進捗で,むしろ過熱感すらあった。

良い指標上の変化もあり,これまでになくデライト収益化現実感が増してきた。

4月1日までのデライト収益化達成に向け,1ヶ月程度の短期集中生活に入ることも想定し始めた。せっかく第三次生活習慣改善を始めたばかりなので,相応の確信が出来るまでは待つ。


=}
{あれ}{寝る準備}{論理共感覚}{希哲15年2月3日}{閃き}{立ち上がり}{目を温める}{蒸しタオル}{小休憩時間}{進捗時限法}=}(31)

{希哲15年2月3日の日記 K#F85E/A-E74C-E2A7}

デライト開発本格的再開した。

昨日,閃きについて考えたことで論理共感覚論理実装主義についての考え事もあったものの,立ち上がりにしては良い調子だった。

手定めで初めて自分のアイコンを使ってみた。新鮮面白かった。KNS としてのイメージがより明確になり,持ち辺が上がった。

少し眼精疲労全身凝りを感じていたが,しっかり小休憩時間を取り,蒸しタオル目を温めるとみるみる改善した。昨年10月頃から生活律動が乱れ進捗時限法適当になっていたせいだろう。

調子が上がりきったところで,夜更かししないように早く寝る準備をした。明日以降もこの調子を保ちたい。


{自我アイコン設定機能実装}{上信系}{希哲15年2月3日}{デライト開発}{再開}{実装}{開発}{開発記録}=}(8)
{自我アイコン設定機能実装}{希哲15年2月3日の開発}{希哲15年2月3日の進捗時限}{希哲15年2月3日の進捗}{希哲15年2月3日}{進捗記録}{進捗時限記録}{進捗時限}{デライト開発}{区切り}=}(13)
{希哲15年1月31日}{描出思考}{新生デライト}{第三次宣伝攻勢}{体裁}{脳過熱}{『希哲日記』}{デライト開発}{清々しい}{疲労感}=}(15)

{希哲15年1月31日の日記 K#F85E/A-E74C-7DC2}

2月中旬までに新生デライト体裁を整え,遅くとも3月1日までには第三次宣伝攻勢を始めることにした。

今月中にやりたかった作業に加え,必要を感じていた最適化も進めたい。

この日は珍しく,朝から一日中妙な疲労感があった。やはり描出思考による脳過熱が疑わしい。

思う存分,身体限界まで考えるべきことは考えられたと思えば清々しい2月からはまた新しい気持ちデライト開発に打ち込みたい。

2月1日振り返り日記


{あれ}{開けっ広げ}{政治臭}{思想臭}{思想臭さ}{波風}{人間らしさ}{社会}{長い目}{難解さ}=}(57)

{思想について K#F85E/A-E74C-9878}

最後に,ご指摘の「思想臭さ」や「難解さ」についてですが,これも造語と同じで,今となっては必要悪に近いなという感覚です。

昨年半ばに知って頂いたということでお気付きか分かりませんが,デライトは当初,出来るだけ無難宣伝を心がけていました。ちょっと風変りな気軽に使えるメモサービス必死に見せかけようとしていたのです。結果として表面的な反応は悪くなかったのですが,ユーザー定着には全くつながりませんでした。

こういう経験から,少しずつデライト難解さも含めてありのまま重視する戦略シフトしていきます。見せかけの分かりやすさで気を引くより,時間がかかっても理解あるユーザーを増やしていくことの方が長い目でみれば得策だろうという考えです。

思想臭政治臭も隠さないことにしました。

そもそも,思想臭や政治臭を感じさせないサービスって,波風を立てていないから気付かないだけで,よ〜く考えると気持ち悪いものだなと思います。世界社会について何も考えていないか,都合が悪くて隠しているということですから,突き詰めれば信頼性透明性に関わる問題に他なりません。

GAFA 等が社会的責任を厳しく問われる立場になってはじめてそれが露呈したと思います。便利技術を作ったらそれがどんどん社会的影響力を持ってしまったけど,その後は知らん,で済まされる時代はもうすぐ終わるでしょう。思想政治観の無いサービスはもう古い,という時代はすぐそこだと思っています。

デライトは,この技術でどのように世界を変えるのか,政治はどう変わらなければならないのか,考え抜いたことを全て開けっ広げにします。それこそ透明性であり,それで離れていく人がいるとすれば,その人に対する誠実さでもあると思います。あとはその思想がどこまで普遍性を持てるかの勝負になるでしょう。

何より,思想臭さ人間らしさです。もし私が目先利益を貪るだけの動物なら,万に一つも成功可能性はないと思っていたデライト開発18年もかけなかったでしょうし,何があろうとこれからの人生の全てを捧げようとも思わないでしょう。これは思想を持てる人間だけが出来ることです。

そう考えると,デライト最大の強みは,どこよりも強い思想に支えられていることかもしれません。