(186)
{希哲14年11月21日}{『希哲日記』}{デライト開発}{日記}=}(4)

ここから月末までの時間の使い方について考える。

とりあえず,明日・明後日はデライト開発に割くことにした。

2020-11-21 23:40
2020-11-21 23:33
=}
{十二分}{希哲14年11月3日}{デライト運営}{デライト宣伝}{『希哲日記』}{デライト収益化}{デライト開発}{道筋}{年末}{事務}=}(15)

事務的な問題整理し,なんとか年末までのデライト運営道筋がついた。

宣伝はともかく、開発に使える時間は大幅に制限されるが,それを考慮してもデライト収益化には十二分期間だろう。

2020-11-03 21:06
2020-11-03 20:20
=}
{希哲14年10月27日1歩}{希哲14年10月27日}{デライト宣伝}{『希哲日記』}{デライト収益化}{デライト開発}{年内}{延長戦}{運営者}{判断}=}(18)

29日には月内のデライト収益化可否について判断し,奇跡でも起こらない限り実現しそうにない場合は年内までの延長戦想定した体制作りを始めることにした。

デライト開発デライト宣伝もそれなりにこなしつつ,運営者としての責任についてよく考えた日だった。

たまたまを連れてきて,良い意味で気持ちが緩んだ。

2020-10-28 22:06
2020-10-27 14:47
{希哲14年10月19日}{第二次宣伝攻勢}{『希哲日記』}{デライト開発}{没頭}{開始}{見極め}{時期}{日記}=}(9)

デライト開発没頭していて付けなかった。

第二次宣伝攻勢開始する時期見極めに入った。

2020-10-21 02:25
2020-10-21 02:24
=}
{希哲14年10月20日の進捗時限}{希哲14年10月20日の進捗}{希哲14年10月20日}{デライト宣伝}{進捗記録}{進捗時限記録}{進捗時限}{デライト開発}{息継ぎ}{作業}=}(16)

デライト開発に全ての神経を使いたかったため16日頃から日記をはじめ各種記録をほとんど付けていないが,息継ぎにはちょうどいい時期なので,このあたりで軽く振り返っておくことにした。

今日はこれを最後の作業として睡眠を取り,6時からデライト宣伝が出来るように起きることにした。

途中で終了。

2020-10-21 01:23
2020-10-21 01:12
{希哲14年10月12日}{組計}{『希哲日記』}{デライト開発}{専念}{払拭}{引き締め}{懸念}{安心}{日記}=}(10)

組計上のいくつかの懸念払拭し,しばらくは安心してデライト開発のみに専念出来るようになった。

少し気が緩みかけたが,引き締め直す。

2020-10-13 17:19
2020-10-13 17:15
=}
{最高の贈り物}{希哲14年10月11日}{握接遮断}{第二次宣伝攻勢}{第三次宣伝攻勢}{デライト用合い改良}{最高の気分}{集中補完}{悪しき完璧主義}{『希哲日記』}=}(30)

今日も最高の気分デライト開発に取り組めた。

集中補完一環として,また久しぶりに白色雑音を取り入れてみることにした。これもたまに試しては長続きしないことだったが,ブラウザ握接遮断同様,今の自分なら活かせそうな気がする。

今後の計画についても一応見直し11歩),13日までのデライト用合い改良終結と第二次宣伝攻勢開始,16日までの第三次宣伝攻勢開始,20日までのデライト収益化目標とすることにした。

普段ならかなりきつい目標だが,今の絶好調維持出来ればあながち不可能なことでもないように思える。

用合い改良では片っ端から気になる部分を修正しているため,時間がかかっているといっても相応ではあるが,再び悪しき完璧主義に陥らないように気を付けたい。最近,情報収集のついでに他のサイトを細かく観察するようになり,有名な大規模サイトでもよく見ればそこまで凝っていないな,と思うことが増えた。

そんなことを考えていたらふと,20日家族にとって大事記念日でもあることに気付いた。ここまで来たら,デライト最高の贈り物にするつもりで臨むしかない。

2020-10-12 04:57
2020-10-11 22:11
=}(1)
{希哲14年10月10日}{最高の状態}{安心材料}{『希哲日記』}{やるべきこと}{デライト開発}{心身}{没頭}{寝食}{見直し}=}(20)

引き続きデライト開発によく没頭出来た。寝食も忘れているような状況だが,心身ともに快調で,下手に安心材料になって気が緩むのが怖いくらい最高の状態ではある。

そろそろ今後の計画見直し必要時期かと思っていたが,大筋でやるべきことはそう変わらないので,もう少しこの状態維持しながら様子を見ることにした。

2020-10-11 19:58
2020-10-11 19:49
=}
{希哲14年10月5日}{究極のウェブ相振り}{ウェブ相振り}{デライト開発}{デライト第一}{デライト}{概念}{固有名詞}{宇田川の用語}=}(9)

Deliteful web application

固有名詞としてのデライトから概念としてのデライトを区別するための用語として希哲14年10月5日,試験的に導入。

2020-10-06 14:04
2020-10-06 13:29
{ベビーカー}{命を大事に}{万が一}{デライトの価値}{好条件}{立ち上がり}{中長期的}{見つめ直す}{疲労蓄積}{夜遅く}=}(74)

祝い事があり,昼過ぎから家族みなとみらいへ出かけ,夜遅くに帰ってきた。

を抱っこしたりベビーカーを押しながら歩き回ったが,長引く短期集中生活の中で散歩気分転換程度になり,陶練疲労蓄積を避けるため休んでいるので久しぶりの良い運動になった。

自分の状況と今後について見つめ直す良い機会にもなった。

先月16日に短期集中生活に入ってから,自然と追い込み管理回帰している。自覚はあったが,今は中長期的合理性よりも10月中のデライト収益化達成優先すべきという考えで,ある程度は許容していた。

10月中のデライト収益化達成にこだわってきたのは,収益化の「最後の壁」が自分の中で明確になり見通しが立ったことに加え,個人知識管理サービス市場立ち上がり希哲館事業発足から13年総決算期であること,一つの目安にしてきた米大統領選目前であることなど,色々な好条件が重なっていたからだった。

しかし,10月中に達成出来なくとも,デライト開発存続不能になるわけではない。多少苦しくはなるが,手はいくらでも考えられる。つまり,理想のため,現実必要以上に自分を追い込んでいるわけだ。

この追い込み管理によって平均的に高い進捗が維持出来ているのは確かだが,それも中途半端といえばそうで,やや過剰な気はしていた。この代償として,例えば心身不調を招いたり,視野が狭くなり柔軟性を欠くなどして致命的失敗につながることは無論望ましくない。

この日に終わらせるはずだったデライト用合い改良も終わらなかったが,1日の時点で作業を詰め込み始めた甲斐あって平常時の3日分くらいの進捗は出ている。ただ,期待していたよりは中途半端だった。どう追い込んでも,これ以上は空回りになりそうだ。

ふと,これまでの開発費試算して,デライトの価値について冷静に考えたりもした。万が一にも棒に振れないだ。

あれこれ現実的に考えると,もう少し視野を広く持ち,利楽して,「命を大事に」すべきかもしれない,と感じた。いずれにせよ,翌日の様子を見てから今後の計画見直すことにした。

今回の外出は当初想定外のもので,時期が時期なだけに一度は中止も考えた。しかし,こうして連れ出されなければ,立ち止まって冷静状況を見渡すことが出来ない時期でもあり,そうするには最善の時期でもあった。これも一つの幸運か。

2020-10-04 16:23
2020-10-04 14:16
1