{希哲17年1月21日の開発}{希哲17年1月21日の進捗}{希哲17年1月21日}{仕様化}{設定してある}{font-size: 120%}{<strong>}{強調部分}{分かりやすい文書}{学び始めた人}...=}(106)

{希哲17年1月21日16歩 K#F85E/E74C-E642}

進捗時限記録中略

知名デラング調整関連交度整理終了

新たに強調記法文字装飾記法小書き記法化学記法対応した

いったん全て出振るい手定め済み

デラング周り作業はここで一段落とし,別の作業入るデラング関連次の主要当努9日の検討通りタグ記法整備見通し


知名デラング拡充については,知名の役割誤解させかねないという懸念から消極的にすべきかもしれないと考えていたが,20日7歩極力拡充していく方針決めた

実用性観点でいえば,やはり最短知名原則有用で,知名情報詰め込んだり装飾したりということは推奨出来ない。ただ,間口を広げることを考えなければならない今のデライトには遊び必要だろう。

デラング学び始めた人知名デラング使いたくなるのは自然なことであり,そこから学べることもある。知名の役割については,分かりやすい文書整えることが本筋だ。


手定め中知名強調記法使う中景輪符強調部分文字サイズ大きくなることに気付いた

<h1> 以下の <strong>font-size: 120%設定してあることが原因だった。意図忘れたが,何かの目的でこんな細工をしたような記憶うっすらある。

直そうかと思ったが,ちょっと面白い効果でもあるので,いったん置いておき仕様化するか検討することにした。見出し太字強調使う意味無いだろうと思っていたが,意外と表現方法はあるものだと過去の自分偶然気付かされた

=}
{暗証語再発行用メールアドレス}{希哲17年1月12日の開発}{希哲17年1月12日の進捗}{希哲17年1月12日}{現在の暗証語}{入力する}{新しい暗証語}{再設定時}{autocomplete="current-password"}{autocomplete="new-password"}...=}(138)

{希哲17年1月12日13歩 K#F85E/E74C-1D2C}

進捗時限記録中略

暗証語再設定機能新生全知検索整備戻る前に実装してしまうことにし,方針まとめて終了

これまで一緒に考えること多かった暗証語再発行機能とは切り離す。また,同時に暗証語表示機能実装することにした。


昨日デラング埋め込み記法拡充をしているついでに TwEgaku 対応思いつきTwEgaku手定めをした。その時,暗証語表示機能があるのを見たのがきっかけで,なんとなくデライトでの実装考え始めた

そして今日再設定機能早期実装思いついたが,これは表示機能について考えていたことと関係がありそうだ。

必要性が高実装コストの低い再設定機能実装ここまで遅らせてきたのは,デライトでは特に誤設定危険性が高いからだ。十分に基礎実装信頼性が高まり,再発行機能のような保険ければ,かえって深刻な問題きかねない。しかし,再発行機能実装SMTP 関連実装設定整理必要で,なかなか時間対効果優先順位上げられなかった

デライトの信頼性再設定機能必要性十分に高まったこの時期に,誤設定可能性多少軽減する表示機能背中を押してくれた気がする暗証語の「見えない怖さ」がデライトでは思いのほか大きかったことにも気付かされた


読み込み中...
{希哲17年1月9日の副日記}{片付きそう}{避難先}{補う手段}{コツが要る}{かなり適当}{使えないこともない}{基本的なタグ}{タグ記法整備}{表組み記法実装}...=}(51)

{希哲17年1月9日の開発 K#F85E/E74C-E236}

{デラング}

{}