{希哲15年8月2日の開発}{私的複製}{パクりサイト}{サービス全体}{引用の主従関係}{著作権的}{公開設定機能}{未公開非共有}{公開設定}{希哲15年8月2日の進捗時限}...=}(41)

{希哲15年8月2日15歩 K#F85E/A-E74C-8EB5}

公開設定機能公開範囲設定機能についての検討終了

描写埋め込みでは,公開設定無視出来ることにした(ただし,自輪郭に限ってなど何らかの制限必要だろう)

一つの動機として,引用などの著作権的問題回避出来そうということがあった。

引用の主従関係については,文書としての輪郭特異性から何とも言い難いところがあったが,引用文だけの輪郭が増え過ぎれば NAVER まとめ二の舞になりかねないという危惧もあった(もっとも,サービス全体としては独自性のかたまりなので単なるパクりサイトとは言われないだろうが)

とはいえ,引用文輪郭として保存して再利用したいというのは自然の流れで,法的な問題なくそういう活用が出来る環境を整えたいと思っていた。

公開設定機能描写埋め込みが出来るようになれば,引用文だけの輪郭未公開非共有にして私的複製扱いにしつつ,公開輪郭に埋め込んで利用するといったことが可能になる。

=}
{厳しい目標}{希哲15年8月20日}{悟った}{新しいアイデア}{舞覧手定め環境整備}{希哲15年8月1日}{新生デライト開発}{輪郭選り手}{ひたすら手を動かす}{新生デライトの要件}...=}(27)

{希哲15年8月1日の日記 K#F85E/A-E74C-61E8}

いよいよ新生デライト開発にかけるが始まった。

今日は定休利用して,時間に追われているとなかなか出来ない作業場清掃主力機清掃をし,舞覧手定め環境整備新生デライトの要件まとめ一段落させた。

新生デライトの要件についてはもう少し細かく考えるつもりだったが,輪郭選り手についての新しいアイデアが出てきてしまい,もうまとめている段階ではないと悟った。ここまで全体像が見えたら,あとはひたすら手を動かすしかないだろう。

月内新生デライト宣言厳しい目標だが,いつものように,まずは20日まで作業没頭し,状況によって調整を考える。

=}
{日本語表現}{換配確認機能}{確認ボタン}{プレビュー機能}{開閉状態}{応用の可能性}{確認用}{ページ読み込み時}{輪郭選り手抜控機能整備}{Chrome 59}...=}(109)

{希哲15年8月1日の開発 K#F85E/A-E74C-7A28}

新生デライトの要件

もう考えていても仕方ない段階に来ているので,とりあえず雑に書き出しておく。

舞覧手定め環境整備

舞覧手定め環境整備一環として,SLFSChrome59最新版92更新

3月15日7歩でも試みているが,その時は libxkbcommon不足失敗依存性地獄懸念して中断した。

libxkbcommon引装には MesonNinja の引装が必要で,Meson と Ninja には Python 3 の引装が必要だったものの,それ以外に直接必要なライブラリはなく,意外とあっさり更新出来た。

これで SLFS では FirefoxChrome最新版が使えるようになり,手定め用iPhone 7近日中手に入る予定なので,舞覧手定め環境整備はここで一段落とする。

Android 端末向けの舞覧手持ちのスマホで,Edge 含め,Windows 向けの舞覧Windows 仮想機で使える。

実機仮想機では主に最新舞覧を使い,古い舞覧などは LambdaTest などのサービス利用すれば十分だろう。

輪郭選り手抜控機能整備など

描き直し選り手同期するように調整

とりあえず,選り手が開いている場合に内容同期させるようにだけしておいた。これで複数窓で同じ輪郭の選り手が開いていても混乱しにくくなり,内容が長い場合には複数窓で別々の箇所を編集することも出来るようになった。

現状,抜控のある選り手はページ読み込み時に開くようになっているが,閉じている場合でも別窓で抜控が出来た場合は開いたり,別窓で閉じた場合は自動的に閉じたりと,開閉状態同期もしようかと思っていた。これは止めておいた。

開閉状態の同期はしない方が,一方の編集用にして,一方の窓を確認用するなどといった応用の可能性が広がることに気付いた

現状では描き直し完了選り手閉じる機能的に一緒になっているが,複数窓有効活用を考えると保存と閉じるで分離すべきか。取り消しボタンを閉じるために使うかと思ったが,操作性を考えると,今の完了ボタンを保存・閉じるの二段階にする方向が良さそうだ。

そんなことを考えているうちに,保存せずに換配後プレビューが出来る機能についても検討し始めた。概念操作複雑化を避けることを考えるなら,完了ボタン機能現状維持プレビュー機能本命かもしれない。

プレビュー日本語表現は「確認」が分かりやすいだろう。内部的には「換配確認機能」や「確認ボタン」と呼んでおくことにした。

=}
{大きな付徴}{許容範囲}{追加検討}{検討開始}{暗証語再発行機能}{公開範囲設定機能の試験的導入}{希哲15年7月24日}{新生デライトの要件}{大きな問題}{デライト高速化}...=}(46)

{希哲15年7月24日の開発 K#F85E/A-E74C-75D9}

新生デライトの要件追加検討

公開範囲設定機能の試験的導入

公開範囲設定機能の試験的導入検討開始

本来,デライト収益目標達成後付徴としていたが,デライト開発がとっくにその水準を越えていることもあり,新生デライト盛り込むことが考えられるようになってきた。

描出公開原則維持したまま,利用規約免責事項明確にしておけば大きな問題はないだろう。

暗証語再発行機能検討

公開範囲設定機能と同時に,メールアドレス利用した一般的な暗証語再発行機能導入視野に入ってきた。

メールアドレスを保存せずに再発行出来る仕組みを模索していたが,やはり単純性安全性両立させるのが難しい

公開範囲設定機能実現出来るならメールアドレス保存くらいは許容範囲だろう。

暗証語忘れ対策は大きなデライトの課題だったが,ようやく解決糸口が掴めそうだ。

デライトの ActivityPub 対応

残る大きな付徴として,デライトの ActivityPub 対応についても検討

こちらはほとんど費用対効果問題であるため,最後に回し,その時点での高速化保守性次第で決めることにした。

{希哲15年7月8日の開発}{認識が甘かった}{大域変数の初期化順序}{コメントアウト記法}{大域変数}{希哲15年7月8日の進捗時限}{希哲15年7月8日の進捗}{希哲15年7月8日}{類型化正規表現}{デバッグ環境}...=}(43)

{希哲15年7月8日12歩 K#F85E/A-E74C-584F}

進捗時限記録中略)

デラング整備不具合修正

ようやく原因判明修正途中だったコメントアウト記法出振るいして終了。

C++ における大域変数の初期化順序問題で,環境依存だった理由も分かった。初歩的なことだが,そもそも大域変数多用するような実装をしてこなかったのでこれまで直面せず,認識が甘かった

ふだんほぼ使わない GDB まで持ち出してあれこれ試行錯誤したが,その過程文字列正規表現周りに最適化余地も多く見つかり,結果的には良かった類型化正規表現のためにもどうしても解決しておきたかった。

本番環境とほぼ同じ環境で,空いている捌き手利用してデバッグ環境を整えたので,稼働中デライト影響は無かった。この経験は今後に活かせそうだ。

{一日一文}{希哲15年6月の一日一文}{健康管理技術}{最大の売り}{聴き飽きた}{記録技術}{考えるべきこと}{健康への第一歩}{健康への近道}{最良の技術}...=}(71)

{心身の“黄金状態”と健康管理技術としてのデライト K#F85E/A-E74C-DD9C}

私は,心身の理想状態を「黄金状態」と呼んでいる。生活において,この黄金状態を維持することが究極の目標であり,そのための最良の技術デライトだ。

話題健康食品だとか魔法のような健康法に飛びついてしまう人は多いが,健康において“特効薬”は無い。食べてさえいればいい健康食品など無いし,やってさえいればいい健康法も無い。これを悟ることがまず健康への第一歩だ。

そして,網羅的かつ継続的観察記録改善のほかに健康への近道は無い。全ては適度調和的実践する必要がある。

いつ何を食べ,いつどのくらいて,運動はどの程度して……と,生活上のあらゆることを観察記録し,身体に良さそうなことは片っ端から全てやり,身体に悪そうなことは片っ端から全て止める。健康において考えるべきことはこれだけだ。


これを実践する上で,デライト以上の道具もやはり無い。デライトほど柔軟に細かな情報が扱える記録技術が無いからだ。実際,私はデライトによって黄金状態を得ることに成功している。

この状態に入ると,身体的には健康そのものだし,も,まさに“黄金”のようにいている。精神的にも,ときどき自分が知らないうちに薬物でも摂っているのではないかと思うほど頭脳は活性化し,多幸感に満ちている。ちなみに,薬物どころか煙草もやらない人間だ。脳内麻薬の究極形なのだろう。

黄金状態で特に面白いと思う現象の一つに,「身体感度の鋭敏化」と呼んでいるものがある。

例えば,音楽を聴いてみると,びっくりするほど大音量に聴こえて音量設定を確認してしまう。聴き飽きたと思っていた曲が,なぜかことごとく感動的に聴こえてくる。近所の見慣れた風景も,妙にキラキラいて見え,世界遺産に劣らない絶景のように思えてくる。

実は,この黄金状態こそデライト最大の売りになるのではないか,と以前から思っている。まだ私の個人的な体験に留まっているし,私にとってもこれを維持するのは難しいことなので,どれだけ多くの人に体験してもらえるのかまだ分からない。

とはいえ,デライトを健康管理技術として利用してもは無いだろう。まずは小さなことからでも,ぜひ健康増進役立てて欲しい。

{捗らない}{女の子}{SNS の誹謗中傷}{一進一退}{大画期}{重く}{5時30分起床}{21時就床}{希哲15年6月1日}{生活律動調整}...=}(57)

{希哲15年6月1日の日記 K#F85E/A-E74C-42BB}

朝の一日一文でなんとなく凡人思想について書き始め(「超人を越えた凡人への旅」),久しぶりに希求主義についてまともに考えた

旧現代思想新現代思想たる希求主義の分水嶺は「可能性」だ。輪郭法閃き現代相対主義克服した。

そこからデライトまでを通観してみると,“デライトの成功”がこれまでよりずっと重く感じられる。技術史のみならず思想史にとっても大画期だ。十分現実的だという考えは変わらないが,あまりにも大きな現実で,急にふわふわした気分になってくる。


そんなことを考え過ぎたせいか,午後に入ってから強い眠気に襲われ,開発作業はいまいち捗らなかった。

ちょうど先週は水曜日休日を取っているので,ここで半休を入れておくことにした。明日も午前の様子次第で半休にするかもしれない。

ついでにこの半休を生活律動調整利用し,今日から21時就床5時30分起床を始めることにした。

22時就床にはだいぶ慣れたが,第四次宣伝攻勢朝のデライト宣伝を考えると,6時には活動を始められるようにしたかった。少しずつ就床時間を早めようとしたものの,一進一退という感じで埒が明かなかった。


SNS の誹謗中傷18歳女の子自殺したというドキュメンタリー番組をたまたま観てしまったのも,ぼんやりしてしまった原因かもしれない。

近年よく聞く話題ではあるが,従兄弟にもそのくらいの年齢の女の子がいて,2人のも出来たばかりで,余計生々し想像してしまい少し気分が暗くなった。

=}
{一日一文}{希哲館訳語}{のうのう}{希哲館事業の原点}{30代半ば}{希哲14年}{過言ではない}{思い出話}{ひよっこ}{閃き}...=}(69)

{希哲館事業についての漠然とした思い出 K#F85E/A-E74C-7347}

最近,思い出話のような一日一文が続いているので,どの部分についてでもなく,希哲館事業全体についての思い出を書いてみたくなった。漠然とした思い出話を成り行き任せで書いてみよう。

思えば,17歳の時に輪郭法閃き,もう30代半ばだ。輪郭法の閃きが希哲館事業の原点で,大人と言える年齢18歳だとすれば,少年時代の最後から今にいたるまで,私はこの事業とともに歩んできたことになる。閃き以前より以後の人生の方が長い。そういう意味では,“人生そのもの”と言っても過言ではない

もっとも,スポーツのような分野ならともかく,実業研究のように蓄積が物を言う世界10年20年なんて大した歳月ではない。ひよっこに毛が生えたようなものだろう。そう考えると,20年足らずでよくここまで来れたものだ,という気もする。


輪郭法というのはデライト基礎にもなっている理論で,認知機能を「立体階層構造」として勘報(コンピューティング)利用出来るように形式化するものだ。

これが情報技術を大きく変えうるものである,とすぐに気付いた。そこまでは良かった。それだけなら,ビル・ゲイツのように大金持ちになって万歳,というだけの話だ。

この理論とその応用技術はそれだけでは終われない,ということに気付くのにも時間はかからなかった。これは人類のあり方を一変させる技術になる……後に「世界初の実用的な知能増幅(IA)技術」という言葉で表現することになるこの技術は,明確な哲学に基く「新近代化事業」の一環として捉える必要がある。希哲館事業構想の始まりだ。

その当時とは比べ物にならない経験知識技術資産を持つ今ですら,この構想の全体について考えると気が遠くなりそうだ。当時の私が背負えるわけもなく,当然ながら精神的混迷に陥った。


それからなんだかんだあり,希哲6(2012)にはデルンが出来,希哲館事業構想成熟し,希哲館訳語のような蓄積も出来,昨年にはデライトも始めることが出来た。そして今,デライトの成功目の前だ。

家族からデライト用者ユーザーにいたるまで,多くの人に助けられて今がある。これだけの構想を背負って,晴れ晴れとした顔でのうのうと暮らせているだけで奇跡のようなことだろう。

これからも感謝とともに歩み続けよう。

=}
{利用}
{}