{倍角ダッシュ}{倍角ダッシュ問題}{希哲15年6月19日の日記}{複数段落引用記法}{表示上}{横棒}{罫線素片}{日本語電子文書}{表現の幅}{扱いにくい}...=}(72)

{希哲15年6月19日の開発 K#F85E/A-E74C-A3FD}

デラング整備

とりあえず細かい記法実装から済ませてしまうことにし,かねてから考えていたダッシュ記法出典記法実装,概ね満足出来るものになった。当初はそれほど期待していなかったが,想像以上表現の幅が広がりそうだ(公式解説)。

ダッシュ記法

ダッシュ記法は,特に扱いにくい倍角ダッシュが簡単に扱えるようになったのが想像以上に大きい。

この問題は,昔,『道草録』記事名に使おうとしてから認識していた(「Org-Mode の機能、組み込み LaTeX — その1」)が,いまだにこれといった解決策が無く,日本語電子文書課題になっているので,それなりの宣伝効果もありそうだ。

最初,エムダッシュU+2014を2つ繋げて,CSS で何とか調整しようと考えたが,フォントによって太さ長さ統一感がなく,負の letter-spacing で間が開かないようにすると短過ぎて倍角ダッシュに見えなかったりした。しかも,環境によっては重なった部分が濃く見えて結局綺麗な倍角ダッシュにならないという問題に気付き,これは断念した。

最終的に,罫線素片U+2500を使うことにした。罫線を作るための文字である性質上,letter-spacing が 0 であれば隙間が出来ないことはほぼ保証されている。SLFSAndroidWindowsmacOSiOS確認した。

罫線素片による倍角ダッシュの表現はよく見られるものだが,同時によく指摘される問題点として,これがダッシュであるという意図表現出来ないというものがある。例えば,縦書き表示した時に横棒のままになってしまうことがある。

これを踏まえて最初にエムダッシュを利用しようとしたのだが,よく考えると,デラングであれば,ダッシュ記法という仕様によって意図保存しつつ,表示上最適化に徹することが出来る。

出典記法

ダッシュ記法と引用記法の組み合わせとも言える出典記法も実装出来た。

複数段落引用記法の終了記号との兼ね合いをどうするかと思っていたが,これは単純に,出典記法を終了記号としても扱うことで上手く解決した。

ここも意外に他の軽標記言語では面倒だったりするので,デラングの小さな売りになりそうだ。

その他

成果想像以上だったが,これらを実装するのに想像以上に多くの障害があった。

特に,正規表現周りで躓くことが多く,正規表現の扱い方について見直す良い機会にもなった。

{希哲15年2月28日の開発}{実装方針}{allow-scripts}{ブラウザ対応状況}{スクリプト禁止}{予約接頭子}{on- 属性}{自輪郭}{他輪郭}{HTML タグ切り替え}...=}(59)

{希哲15年2月28日2歩 K#F85E/A-E74C-D345}

少し忘れていたが,第三次宣伝攻勢を始める前にもう一つやっておくべきこととして,HTML タグ切り替えがあったため再検討この描出を見て必要性再認識した。

考えてみれば,HTML タグを使うつもりがなくても引用で入ってしまう可能性がある。誤った HTML放置されていれば用者にとってはもちろん SEO 上の障害にもなる。

基本的な方針はデライト公式で書いた通りだが,実装にあたっては若干の課題も残っていた。

他輪郭描写原則として HTML タグ無効化するとして,有効化した際にスクリプトだけ無効化するというのは意外に難しい

script 要素禁止するだけでは十分でなく,on- 属性iframe 要素等の抜け道も塞がなくてはならない。

on- 属性 に関しては,on で始まる属性を一律削除するか non- にでも置換してしまうことを考えたが,そもそも on- が HTML において予約接頭子なのかよく分からない。

いずれにせよ,HTML拡張性や近年の仕様変更の激しさを考えると,ブラックリスト的な検査は避けたい。

ここで iframe 要素sandbox 属性が使えることに気付いた。これならスクリプト禁止意図明示出来る。ブラウザ対応状況も悪くない。

スクリプトのみならず,iframe なら誤った HTML によってページ全体の領当てが影響を受けることも簡単に避けられる。自輪郭では allow-scripts を加えるだけでスクリプトを許可出来る。

いっそのこと全ての描写部砂房にして原則タグ有効に出来れば話は簡単だが,iframe 要素は色々な意味で重くSEO にも向かない。タグを悪用した迷惑行為フィッシング等の可能性が完全になくなるわけでもなく,iframe 以前にタグの処理は重いのでやはり原則無効化,有効化時のみ iframe に置換するというのが現実解だろう。

これで実装方針は固まった。実装自体は半日もあれば出来るだろう。

{希哲館訳語}{開発者コミュニティ}{リスク低減}{費用削減}{困難さ}{隠すべきものを持たない強み}{希哲15年2月1日3歩}{きっとん}{素交非公開原則}{素交公開原則}...=}(89)

{希哲15年1月30日の日記 K#F85E/A-E74C-E10D}

日本の情技業界を騒がせている業務素交流出事件に思うところあり,希哲館でも原則として素交公開していく「素交公開原則」の採用本格的検討し始めた。

昨年の今頃もそんなことをぼんやりと考えていたが,特にこの頃,描出公開原則成功確信が持てるようになったり,政治参加方針公開が考えられるようになったり,「隠すべきものを持たない強み」を実感することが多くなっていた。となれば,素交公開自然流れだろう。

もともと虎哲関係の素交独自性が強過ぎ,動作環境備立方法も特殊文書込め言には独自用語と希哲館訳語満載という状態であり,盗んだところでまともに運用するのは不可能だ。これを「自然難読性」と呼び,ある種の強みと考えていた。

それでもいわば「素交非公開原則」で来た理由はいくつかある。

第一には,私自身の完璧主義的な性格であり,見せる必要もないところで不完全なものを晒したくなかった。

次に,希哲館事業収益化不可能に近い困難さがあった。万が一にもなさそうだった成功可能性を探る上で,万が一でもその障害になりそうな要素排除しなくてはならなかった。手札は一つでも多い方が良かった。

これについては,デライト収益化実現してしまえば無用心配になる。

もう一つ,技術的問題もある。昔から,デルン基礎にした版存管理司組構想してきたこともあり,素交公開するなら独自基盤でと考えていた。無論,そんなものを開発する時間は無かった。

色々な意味で余裕が必要になるので,いずれにせよデライト収益化後に決断することになるだろう。

素交公開原則利点はいくつも考えられる。献典としては死蔵してきた希哲館技術体系宣伝デライトも含めた希哲館事業全体の透明性信頼性向上機密保持に関する費用削減リスク低減,そして最も大きいのは開発者コミュニティを作れることだろう。

KitHub」というのは一昨年思いついたことだが,それこそ GitHub のように成長すればそれだけで希哲館事業の強力な武器になる。

この日は久しぶりに希哲館マスコット構想「きっとん」を思い出し,具体的なイメージを練ったりもした。これがのらくろに似ていることに気付いたのは収穫だった。

2月1日振り返り日記

{デライト市場戦略}{デライト宣伝}{希哲14年9月16日の開発}{使いにくい}{整備不足}{パスワード再設定}{流入元}{登録者}{デライト用合い改良}{入門者目線}...=}(106)

{希哲14年9月16日6歩 K#F85E/A-5B28-89EF}

急遽当面の作業方針を見直し,短期集中生活前倒しで今日から始め,入門者目線でのデライト用合い改良傾注することを決めて終了。

新規利用者登録順調に増えているにもかかわらず,一度も描き出ししない登録者や,描き出ししても知名描写空欄のまま一つだけ,というような不思議な登録者が多いことが気になっていたが,13時過ぎ,あるツイートを見つけて理由が分かった。想定以上に諸場から登録してくれる人が多いらしい。

現状,デライトタッチ操作はかなり等閑状態であり,初見ではまず十分に使えない。

デルンがもともと個人機主要な対象にしていたこと,個人知識管理サービス市場調査スマホアプリ不満を抱える用者が多い(つまり主要な環境ではない)と気付いたこと,「使い方」や主要な流入元@Dlt_jp では個人機向けの説明だけにしていたことなどで,大半の登録者個人機で使うことを想定して来たのだろう,という完全思い込みがあった。

しかし,すでにデライトは市場戦略から宣伝手法まで多数派向けに舵を切っており,当然ながらスマートフォン等からの流入を想定しておくべきだった。この不整合は見落しだった。時間節約のため握接状況は最低限の指標把握しており,握接録分析不足痛感した。

かといって個人機での用合い完璧なわけでもなく,入門者目線で見るとあちこちに落とし穴がある。いずれにせよ総見直しが必要になる。

8年以上ものあいだの経験で,開発者自身が個人知識管理熟達していることはデライト長所だと思っていたが,これが驕りになっていた気もする。なまじ使えている人間がいるせいで「分かりにくい」とは言えても「使いにくい」と言えない雰囲気を作ってしまっていたかもしれない。

急遽当面の作業方針を見直し,アイコンの設定,パスワード再設定までは実装するつもりで作業中だった利用者設定中断諸場用合いも含めたデライト用合い改良最優先で取り組むことにした。幸い,引き入れボタンの活用で諸場用合い全体像は出来ている。ボタン式引き入れ方式実装を終えれば,細かい調整がほとんどだろう。

18日から始める予定だった3日間短期集中生活を今日から前倒しで始め,この期間で入門者目線障害になる用合い上の問題を全て取り除くことを目指す

使い方」など文書整備不足もあるが,いずれにせよ画面撮りなどを考えれば用合いから着手する以外にない。

この間,デライト宣伝一時停止することにした。注意書きした上での宣伝も考えたが効果は疑わしく,この短期間なら用合い改良集中した方がいいだろう。

手痛い気付きではあったが,ぼんやりしていた最後の壁正体が掴めたのは大収穫だった。これを乗り越えればデライトの成功はすぐそこだ。

{デライト宣伝}{希哲14年9月の月記}{あれ}{嬉しい重圧}{多さ}{デライトの成功}{最後の壁}{希哲14年9月14日}{希哲14年9月10日の日記}{時間対効果}...=}(61)

{希哲14年9月14日の日記 K#F85E/A-5B28-2F9A}

早起きして,デライト宣伝開発ばら成し良く進めることが出来た。生活律動をもう少し矯正出来れば理想的だろう。

特にデライト宣伝の手応え非常に良く,勘所を押さえた気がした。正味3時間ほどの宣伝活動と考えると,驚異的時間対効果高さと言っていいかもしれない。新規利用者登録にもしっかり繋がっている。

10日の日記で,デライト収益化問題はほぼ集客のみ,というようなことを書いているが,わずか数日で集客すらさほど大きな障害ではなくなった感がある。

デライトそのものの印迫新規利用者登録のしやすさで,とにかく表面的ウケ良い。デライトそのものが宣伝材料であると考えて宣伝遅来という戦略を取ったこと,新規利用者登録からの動線整備に時間をかけたことなどが悉く奏功している。

しかし,再三言及しているように,登録から定着までの間にまだ大きながある。これがデライトの成功を阻む「最後の壁」なのだろう。

そう考えるようになったことで,また大きな心境の変化を感じた。

10日の日記には,世の中に受け入れられるかどうかは努力以上に外的要因が大きい,とも書いている。8月6日のツイストには,日本人見る目信じる,と書いた。これらをまとめて要約すれば,どうなろうとジパング計画のためには日本人デライトを受け入れることを信じるしかない,という心境だった。たとえ玉砕しようと,という意味だ。

しかし,デライト興味を抱き,登録にまで辿り着いてくれる日本人多さを見ていると,相手を見くびっていたのは自分の方かもしれない,という気がしてくる。もはや「日本人の見る目」は言い訳にならない。改善の余地がいたるところにある以上,あとは自分の努力問題だ。

長期戦短期決戦かという問題も,後者に気持ちが傾いてきた。機会待つまでもなく,いくらでもやりようはあるような気がしてきたからだ。

このまま毎日の宣伝量を増やさなくとも,登録者の多くを失望させず,デライトに熱中させることが出来れば,嫌でも人が人を呼ぶようになるだろう。

嬉しい重圧で,久しぶりにが痛くなってきた。

=}(1){あれ}
{デライト宣伝}{デライト宣伝攻勢}{デライト初描出の見本}{デライトの扉・改良後}{希哲14年9月8日の進捗時限}{希哲14年9月8日の進捗}{希哲14年9月8日}{デライト宣伝再開}{出振るい}{@Dlt_jp}...=}(21)

{希哲14年9月8日10歩 K#F85E/A-5B28-5AEF}

デライト宣伝で終了。

今回の出振るいデライト宣伝攻勢上の障害は概ね取り除かれたと判断,これまで「下準備」と称して水面下反応を探っていた @Dlt_jp宣伝再開後初の紹介ツイート23時30分頃)。画像はさっき撮っておいた「デライトの扉・改良後」と「デライト初描出の見本」を使用。

デライトは、輪郭を組み合せてあらゆる情報を結び付けることが出来る全く新しいサービスです。Evernote、OneNote、Notion、Google Keep、Scrapbox、Dynalist、WorkFlowy、Roam Research等、素晴しい個人知識管理(メモ)サービスはすでに色々ありますが、合わなかったという方はこちらもお試し下さい。

https://twitter.com/Dlt_jp/status/1303340993844928513

=}
{あれ}{希哲14年7月7日}{希哲14年7月7日のツイスト}{第一歩}{ツイスト}{様子見}{翻訳語}{障害}{良い}{悪い}...=}(14)
{希哲14年5月の月記}{生活面}{希哲14年5月27日}{集中補完}{心身の調子}{『希哲日記』}{そわそわ}{開発作業}{整清}{息継ぎ}...=}(17)

{希哲14年5月27日の日記 K#F85E/A-5B28-84CF}

今日も心身の調子はすこぶる良かったが,どうしてもそわそわする問題があり,開発作業は全く進まなかった。

周辺作業も手に付かなかったので,何も障害が無いのに集中出来ない,という場合とは異なる集中補完必要かもしれない。最近は整清を休みがちだが,考えてみればこれも生活面での周辺作業だ。明日からは意識的に時間を取ることにした。

また激務に入る前の息継ぎだと思って,今日はさっさと寝ることにした。

=}
{希哲14年5月17日}{希哲14年5月17日のツイスト}{間接知能増幅}{GAFAM}{技術革新}{ツイスト}{障害}{可能}{技術}{}...=}(12)
{障害}
{}