{希哲15年2月27日2歩}{前後景部整理}{希哲15年2月23日}{デライト高速化}{デライト文書構造最適化}{中景輪符整理}{前後景部}{隠し}{求頼}{自我情報}=}(17)

{希哲15年2月23日の開発 K#F85E/A-E74C-9061}

デライト文書構造最適化少々,高速化作業方針検討,その他情報収集など。

前後景部でいくつか微調整したいことがあるため,すぐに終わる作業は中景輪符整理の前に,時間がかかる作業は「前後景部整理」として後回しにすることにした。

高速化に関しては無駄求頼などの洗い出し。まずは自我情報隠しからか。

{希哲15年2月11日の開発}{h2}{中景輪符}{希哲15年2月11日の進捗時限}{希哲15年2月11日の進捗}{希哲15年2月11日}{輪符要素}{検索画面}{吊るし輪郭}{吊るし検索}=}(35)

{希哲15年2月11日2歩 K#F85E/A-E74C-E014}

輪符要素仕様整理きっかけに,デライト文書構造見直し

現状,中景輪符はただの div 要素だが,h1h2 にしようとすると微妙に難しい問題がある。

まず,通常の検索画面には h1 相当の要素がない。非表示にするのも全知検索窓を h1 を括ってしまうのも微妙に気持ち悪い

中景輪符h1 にしてしまうという手はあるが,この場合は吊るし検索の際に吊るし輪郭の中景輪符を h1 にしたいので,h2 に切り替える必要がある。さらに,描写見出しが含まれる場合(デライトでは見出し記法は未実装),その階層も切り替える必要がある。それ自体は難しい実装ではないが,隠しをどうするかという問題もある。

中景輪符に限らず,現状では全体的に構造化が甘く,検索演心最適化余地も大きい。

=}
{KNEST 隠し実装}{安定稼動}{希哲15年2月9日}{空欄削除}{デライト文書整備}{負荷軽減}{性能改善}{隠し}{用合い}{描き直し}=}(31)

{希哲15年2月9日の開発 K#F85E/A-E74C-A462}

長考が多くなるデライト文書整備並行不具合修正最適化など細かい作業を進めていくことにした。

デライト最適化一環として,中断していた KNEST 隠し実装再開

昨年9月8日の開発からデライト安定稼動を続けているが,特に最近,用者体験向上検索演心最適化負荷軽減など様々な観点から性能改善必要を感じていた。現状では隠しもほとんど利用していない状態なので改善余地は大きい。

輪郭削除に関しては,現状の「空欄描き直し」を正式用合いとする「空欄削除」方式を採用することにした。

{要確認}{隠し}{Cache-Control}=}(3)
{隠し}{方針}=}(2)
{自我アイコン}{内部転送}{アイコン切り替え}{希哲15年1月3日}{更新日時}{隠し破り}{実装方法}{隠し}{検討}{出場}=}(35)

{希哲15年1月3日の開発 K#F85E/A-E74C-18DD}

自我アイコン仕様実装方法検討から,久しぶりに本格的なデライト開発再開

アイコン切り替えが少し悩ましかったが,これは /KNo.XXXX?icon のような形式で KNEST に組み込み,nginx内部転送してしまうことにした。これなら画像形式変更追加にも容易に対応出来,効率的美しい

ただ一つ,隠し問題課題として残った。

アイコン更新日時だけ出場保存しておいて隠し破りを付けることも考えたが,これは少々大袈裟だ。

まず,他人のアイコンの更新がそこまで厳密反映される必要はなく,HTTP ヘッダーでも十分だろう。ただ,自分のアイコンは細かく修正確認する可能性があるため確実に更新を反映したい。

認証単位というよりは端末単位の問題なので,接渉ではなくクッキー更新日時でも保存しておき,自端末でのみ隠し破りを付与しておくか。

このあたりは実装しながら考えていくことにした。

=}
{アイコン切り替え}{希哲15年1月3日の進捗時限}{希哲15年1月3日の進捗}{希哲15年1月3日}{相振り}{隠し}{進捗記録}{進捗時限記録}{進捗時限}{ブラウザ}=}(16)
{希哲14年10月24日の開発}{あれ}{希哲14年10月24日の進捗時限}{希哲14年10月24日}{希哲14年10月24日の進捗}{ITP}{Safari (iPad)で録入り後に別サイトに転送される}{虱潰し}{隠し}{録落ち}=}(43)

{希哲14年10月24日12歩 K#F85E/A-E74C-17CA}

Safari (iPad)で録入り後に別サイトに転送される不具合報告について,ここまでのまとめで終了。

以下,ブラウザ隠しプラグインマルウェアなどの問題ではないと仮定

発生時期は1週間ほど前。問題用影iPadSafari録入り直後に広告のみのページに転送される。挙動からスクリプトでの転送に見える。録落ち状態では再現しない。

手持ちの端末演象系で一通り試したが,個人機諸場ともに再現せず。iPhoneSafari でも試したがやはり再現しない。ただし,この iPhone は古く最新の iOS ではないため,最新の iPadOS の問題である可能性は否定出来ない。

これらの点から,デライトが発行するクッキーITP の制約に引っかかり,スクリプト誤動作を引き起こしているという可能性も考えられなくはない。AdSense から来た交度だけの問題か,デライトのスクリプトとの相性の問題かはまだ不明。

1週間前というと,ちょうど広告の調整などを行なっていた時期でもあるが,思い当たることはまだない。

似たような現象が報告されていないか検索したが,やはり ITPSafari の設定絡みで不具合が起きているサイトは増えているようだ。AdSense転送するマルウェアも流行ったようだが,こちらは情報が古いものが多く疑問が残る。

いずれにせよ,録入り周りは見直しが必要な部分でもあるため,怪しい部分を虱潰しにしていくことにした。

{隠し}{最適化}=}(2)
{隠し}{ETag}{HTTP}=}(3)