{中途半端な時間}{希哲15年6月6日の進捗時限}{希哲15年6月6日}{希哲15年6月6日の進捗}{輪郭整備}{朝の一日一文}{描出思考}{検討}{進捗記録}{進捗時限記録}...=}(15)
{最短知名原則}{完全名称}{Firefox}{短い名前}{扱い方}{希哲15年6月5日の進捗時限}{希哲15年6月5日の進捗}{希哲15年6月5日}{描出通称原則}{輪郭整備}...=}(41)

{希哲15年6月5日6歩 K#F85E/A-E74C-4D4A}

描出通称原則についての検討で終了。

固有名詞などで複数の表記がある場合,原則として認識しやすい通称とすることにした。

輪郭整備体系化を考え始めたこともあり,表記揺れが発生しやすい知名扱い方について方針を決めておきたかった。

これまでは特に方針もなく,感覚的に知名を付けていたが,どちらかというと長い名前正式名称完全名称など)を主とすることが多かった(例:FirefoxMozilla Firefox

これは Wikipedia 等でよく行われている方法だが,ウィキと異なり知番のあるデルンでは名称厳密化する必要は無く,短い名前の方が全知検索との相性が良い

経験上,正式名称を主にしているつもりでも,結局すぐ握接出来る通称の方に引き入れすることが多くなっていたりする。

=}
{希哲15年5月17日の開発}{目次生成}{描写渡括}{希哲15年5月17日の進捗時限}{希哲15年5月17日}{希哲15年5月17日の進捗}{リスト記法実装}{見出し記法実装}{ページ内輪結}{検討}...=}(17)
{希哲15年5月15日の日記}{デラング 0.03}{デラング 0.02}{デラング 0.01}{開発予定}{旧デルン実装}{ウィキ実装}{都合が良い}{見出し記号}{星号}...=}(84)

{希哲15年5月15日の開発 K#F85E/A-E74C-16DE}

デラング整備見出し記法実装

見出し記法一段落

見出し記法実装に関しては一段落したデライト公式での解説

結果的に,Org-Mode,主要なウィキ実装AsciiDocMarkdown の方式に幅広く対応出来ることになり,当初想定よりずっと洗練されたものになった。

見出しの扱いは簡単なようで意外に複雑で,デルン初期実装では早期に実装していたものの,デライトに合わせた再実装がなかなか難しかった。出来てみれば,時間をかけただけのことはある。

昔の輪郭には見出しを使ったものも少なくないため,これらの可読性向上し,SEO にも寄与してくれることが期待出来る。

仕様

見出し記号には,当初予定していた星号に加え,要望による等号,実装途中で条件付きで取り入れられることに気付いた番号記号採用した。半角全角区別は無い。

実装しながら,最初の見出し記号の数も任意にした方が都合が良いことに気付き,最初の見出し記号の数を基準とすることにした。最初の見出し記号の数を下回る見出し記号が現れた場合は,それを新たな基準にする。

いずれにせよ,HTML見出し階層を飛ばすのは良くないとされているため,こうせざるをえないのだが,中景輪符の捉え方で,見出し記号2つで始めた方が直感的と感じる人もいるだろう。この仕様利用して,見送るつもりだった番号記号採用出来た。

装体

見出し装体に関しては,文字を適当な大きさ・太さにして,h3 要素までは下線を入れるという,特筆すべきことはあまり無いものに落ち着いた

見出し記号多様化したこともあり,3月30日9歩で作った見出し装体素案から星号部分を除いた形になった。

実際試してみると,これくらいあっさりしていた方が気軽に使いやすい。これ以上装飾すると目障りになりそうだ。

当初,HTML 上で見出し階層がずれても装体を維持するように調整するつもりだったが,これはいったん保留とした。現状,中景輪符h1 でも h2 でも同じ装体になっていることに合わせようとしたが,本来これは変わった方が自然なので,後でまとめて調整した方がいいだろう。

デラングの版存を確定

見出し記法実装の一段落(10歩)をもって DIL 0.2 にあった主要な記法を全て取り込んだため,長らく定まっていなかったデラングの版存0.03 と定めた。

デラングの版存に関しては,時印を元に適切な版存自動適用するという方向検討するようになっている3月7日14歩。それはそれとして,管理上版号も欲しいと考えていたが,なかなかまとまりが付かなかったこともあり,特に版号を与えていなかった。

キリの良いところでデラング 0.01 とするか,などとぼんやり考えていたが,これだけ長いこと弄っていて 0.01 というのも出し惜しみが過ぎると感じていた。

この見出し記法実装をもって旧デルン実装で主に利用していた DIL 0.2 を取り込み終え,開発予定のまま棚上げになっていた DIL 0.3置換することになるため,点零記法でこれに相当する 0.03 が丁度良いのではないかと気付いた。

デラング 0.01DIL 0.1 の,デラング 0.02DIL 0.2別名としておく。

{2台}{KNEST 隠し同期}{SSL 証明書の更新}{希哲15年5月8日}{検討}{ウェブ捌き}{本格的}{きっかけ}{休眠}{状態}...=}(13)
{希哲15年5月8日のツイスト}{希哲15年5月8日}{解決法}{KaTeX}{渡括記法}{検討}{ツイスト}{「描写」}{展開}{画像}...=}(13)
{検討}
{}