{自動投稿}{ActivityPub 捌き}{Twitter 連携}{Delitebot}{輪郭選り手}{輪郭選り手整備}{希哲15年7月25日}{立求}{検討}{用影}...=}(20)

{希哲15年7月25日の開発 K#F85E/A-E74C-131D}

輪郭選り手周りの作業は「輪郭選り手整備」としてまとめることにした。


デライトの ActivityPub 対応について,必ずしも ActivityPub 捌き にすることにこだわらず,Twitter 連携も含めた「自動連携ツイスト」として実装することを検討し始めた。この場合,任意アカウントを指定して自動投稿するような形になる。


デライトから立求する場合の用影として Delitebot検討

{自動ページ展開機能}{希哲15年7月29日の日記}{一応の解決}{舞覧手定め環境}{LambdaTest}{正式採用}{描きかけ}{希哲15年7月29日}{輪郭選り手}{無限スクロール機能}...=}(37)

{希哲15年7月29日の開発 K#F85E/A-E74C-3FD4}

主に輪郭選り手抜控機能整備Aejs 整備も多少進んだ。

まだ荒削りながら,とりあえず描き直しでも描きかけ描写復元出来るようになった。

先日の違了処理整備と併せて,違了誤遷移出与え消失が生じやすいというデライトの課題一応の解決をみて,信頼性大きく向上した。


抜控機能によって自動ページ展開機能無限スクロール機能単純化にもなりそうなことに気付いた。

新規描出フォームをどう見せるかが課題だったが,複数窓で同一画面に同期された新規描出フォームが表示されることに慣れてみると,同一ページにあっても不自然ではないと思える。とりあえず,単純に10輪毎に表示するだけの実装でも良さそうだ。


舞覧手定め環境整備一環として,LambdaTest正式採用決定した。

{実装}{機能}=}(2)
{希哲15年7月18日の日記}{一日の最後}{信頼性向上}{抜控強化}{抜控機能}{ページ遷移}{誤遷移}{デライト前縁整備}{Aejs 整備}{@sto 実装}...=}(48)

{希哲15年7月18日の開発 K#F85E/A-E74C-5689}

デライト前縁整備Aejs 整備@sto 実装

Web Storage API活用するために @sto を概ね実装した。

昨日までの違了処理整備で,描出失敗時の無駄ページ遷移を概ね抑制出来るようになったが,輪結クリックなどによる「誤遷移」で書きかけ内容消えてしまう問題が残っていた。開きっぱなしの新規描出フォームはともかく,開閉式再描出フォームは「戻る」ではまず復元されない。

ここで,以前から考えていたlocalStorage を使った抜控機能実装してしまいたい。

抜控強化による信頼性向上はもちろん,ページ移動しながらの編集可能になるなど用合い上の改良にもつながる。


デラング前縁換配したい場合にどうするか考えていたが,ここで wasm が使えそうなことにも気付いた

これを仮に「wasm-Dex」と呼んでおくことにした。


一日の最後知番付け選り手に関する閃き。後日まとめる。

{実装}
{}