{デライト公式}{開発}{開発記録}{一段落}{一通り}{}{デライト}{WebP}{pdftoppm}{譜類添付機能調整}(116)

{希哲17年4月5日の開発 K#F85E/E74C-3148}

譜類添付機能調整など。

細かい挙動調整終えてから PDF 埋め込み対応完了譜類添付機能全体として完成形言える状態になり,ようやくエクスポート機能実装移れる

3月24日の開発時点では,添付ボタン埋め込み記法ラスター画像JPEG, PNG, GIF, WebP扱える程度機能実装一段落としたが,SVG動画音声までの埋め込み含めて対応その他主要文書譜類対応添付代置子導入貼り付けドロップ対応更に PDF 埋め込み対応と,現時点やりたいこと一通りやってしまった一段落とは言ったものの中途半端感残りいまいちすっきりせずデライト公式での機能紹介出来ていなかった


PDF 埋め込み対応関してはPDF.jspdftoppm優秀だったおかげで意外とあっさり実装出来た特に PDF.jsviewer.html場筋PDF 譜類場筋組み合わせ<iframe>src 属性渡せばいいだけで,スクリプト側対応簡単だった

最初のページpdftoppmJPEG に,cwebpWebP変換,その画像クリック縦サイズ合わせた <iframe>置換し viewer.html読み込む読み込み中進捗表示viewer.html行ってくれるので,これだけ違和感なく軽快な PDF 埋め込み実現出来た一応,「(.pdf 添付ファイル)」の小書き輪結添えるようにしておいたPDF 埋め込みの様子


一つ添付譜類握接権限課題残した現状場筋分かっていれば誰でも握接出来るが,デライト性質上大きな問題ではないエクスポート機能譜類握接制御実装するのでそれを応用することにした。

{開発}{デラング}{開発記録}{}{デライト}{希哲17年1月8日の副日記}{判別しやすくなった}{大きく減る}{無駄なクリック}{写し貼り時}(69)

{希哲17年1月8日の開発 K#F85E/E74C-482E}

{進捗記録}{十分}{曖昧}{輪郭整備}{希哲16年9月}{進捗}{デライト市場戦略}{Firefox}{希哲17年1月7日の開発}{希哲17年1月7日の進捗}(210)

{希哲17年1月7日20歩 K#F85E/E74C-370E}

進捗時限記録中略

知名欄描写欄捕活フォーカス関する仕様検討結果ともにマウスオーバー捕活する仕様確定実装した出振るい手定め済み

なお,知名欄自動全選択については正式に廃止決定した


仕様というほど明確なものではなく,時期によって実装上機能しないこともあったものの,デライト初期実装からのマウスオーバー時の挙動は,知名欄では捕活全選択描写欄では捕活,という方針だった。これは実用上の都合というのも大きく,こうでなければ単純に描出効率悪かった

昨年9月までの第二次用合い改良中の交度整理で,知名欄捕活全選択機能しなくなっていた。これは確か中景輪符事象イベント改良したことで干渉懸念があり,再実装後回しにしたという経緯だった気がするもっと地味な描写欄捕活過去に何度か再実装した記憶があるものの,どの時点機能しなくなっていたのかは曖昧だが,いずれにせよ第二次用合い改良後はどちらもマウスオーバーでの捕活すら機能しなくなっていた

もしかしたらこれはこれで今のデライトでは悪くないのかもしれないと少し様子を見ていたが,輪郭整備のように描出効率重要な作業になると,クリックでの捕活やはりまどろっこしく,鈍重感じる。そこで最近はかつての挙動復活させる機会窺っていた

懸念は,他要素他機能との干渉誤操作だったが,これは昨日の検討から急速に氷解した今のデライトで,マウスオーバー捕活移動すること自体前提のようなところがあるので用者体験大きな悪影響はないだろうということ,むしろほとんどの要素マウスオーバー反応するのに知名欄描写欄無反応なことが直感性損ねているとも言えること,スクロールとの干渉実際の舞覧ブラウザでは生じないこと,誤編集問題については,そもそも閲覧編集用合い切り分けていることが一定の保護機能になっており,更に取り消しボタン変更有無分かるようになることで大きく軽減されること,などの理由で,大きな問題はないという結論に達した

そこでまず,知名欄全選択含めてマウスオーバーでの捕活機能復活させてみたところが知名欄全選択については数十分廃止決定することになった。実装上の問題としては,選択状態やはり周辺要素干渉する干渉しないようにマウスアウト解除すると,今度は選択状態意図せず解除されやすくなる。もっと問題なのは,誤入力上書きしてしまいやすいということだった。全知検索窓では再検索のためにも上書きしやすい全選択状態好都合だが,知名欄での利点写し取り素早く行えることくらいでさほど大きくない

これは,今のデライトで,慣れ切ったこの挙動からいったん離れなければ気付かなかったことかもしれない。今のデライト市場戦略から考えても熟練用者向け過ぎ採用出来ない

次に知名欄全選択機能し,捕活だけにしてみると,これはむしろ想像以上に好感触だった。地味ながら編集軽快感明らかに向上している捕活さえしてくれれば Ctrl + A写し取り十分効率的に行える今のデライトとの相性でいえば理想形とすら思えた。ここで正式な仕様として確定することにした。なお,捕活時発生するスクロール意図しない場合多く考えられるため抑止する

どこまで普遍的な現象分からないが,常用している LinuxFirefox では,<textarea>選択状態残して捕活解除すると,再選択のつもりが未捕活状態のせいで)意図しない文字列ドラッグ発生しやすいため,これがなくなったのは個人的に嬉しかった近頃多用している複数輪符引き入れ欄への写し貼り障害になっていた。

とにかく第二次用合い改良後に残っていたもやもやしたものを払拭出来たのは大きかった

{クリック}

{}