{希哲17年1月28日の開発}{希哲17年1月28日の進捗}{希哲17年1月28日}{こうして}{追加せず}{余力が無い}{著作権上}{濫用される}{対応済み}{「複写失敗:描写が空ではありません」}...=}(158)

{希哲17年1月28日21歩 K#F85E/E74C-46A3}

進捗時限記録中略

また新生デライトの要件ではあるが,ついさっき急に実装イメージまとまってしまった輪郭複製機能実装終了出振るい手定め済み

描写欄状態新規描出フォームで,自輪郭輪符知名欄貼り付けるドロップすると輪符から知名描写複写される

複写成功する「複写完了」表示「複写失敗:自分の輪郭ではありません」「複写失敗:描写が空ではありません」違了表示付け自我知番の省略にも対応済み使い勝手非常に良好

これまで通り輪郭複製機能」と呼ぶべきかどうかは再考の余地があるが,眠気考える余力が無いのでとりあえずは仮称としておく。「輪郭複写機能」の方がしっくり来る気もするが,「輪郭複製のための機能」という意味ではそこまで間違っていない


輪郭複製機能については,昨年5月18日の開発で「知名描写複製して新規描出フォーム移動するボタン」として実装することを考えたが,その後用合い改良経て抵抗感募っていた

輪郭直接複製するような機能やはり避けたい手軽し過ぎる誤操作濫用可能性高まる適切な手間というで,新規描出フォームへの複写というアイデア悪くなかった。ただ,現状の輪郭選り手理想的にまとまっているので,極力ボタンのような要素追加したくない思うようになった

さっきふと,「知名欄への輪符貼り付け」というについて考えていたら,これが急速にまとまってしまった過去にも何度か脳裏をよぎっただが,その時いまいち気乗りしなかった

貼り付け方式最初の懸念誤入力だった。復元ボタンだけでは心許ないので,知名であることを条件にしようとしたが,空の知名書き始めることは少なくないので中途半端だ。複製したい輪郭検索してから写し取り貼り付けという流れ考えると,知名欄いちいち空にしなければならないのは煩雑過ぎる

間もなく描写欄という条件なら全く問題ないことに気付いた誤操作懸念なくなったので,ドラッグ&ドロップにも対応することにした。

もう一つ自輪郭のみという制限付けることにした。描写内自我知番の省略Aejs対応するのが難しいという問題もあるが,濫用され著作権上手溢れ増えることが予想される他人の描写扱い慎重に,という意味でもこれくらい適切だろう。

こうしてするする実装イメージまとまり一通りの機能付けた実装難なく完了した余計な視覚要素追加せず,それでいて直感的という,理想的な輪郭複製機能あっという間に出来てしまった

=}
{確かな製品}{今後のデライト}{確立しつつある}{少なからず}{ついこの間}{進められた}{巨大過ぎる}{捉えられる}{足が地に着いた仕事}{増してきた}...=}(56)

{希哲17年1月20日の日記 K#F85E/E74C-C67E}

そろそろ脳爆発落ち着く頃かと思ったが,また勢い増してきたには酔いのような感覚少しあった。

気付けば夜遅く入眠定着しつつあるので,生活律動矯正意識し直すことにした。


近頃感じている良い心境の変化としてもう一つデライト開発を「足が地に着いた仕事」として捉えられるようになっていることがある。生活資金繰り手段として確立しつつある

もちろん希哲館事業デライト開発最初から仕事としてしていることではあるが,構想巨大過ぎるし,採算生命度外視でなければ進められたものではなかった。進歩とともに少しずつ仕事としての現実感増してきたものの,ついこの間まで,フワフワしたところが少なからず残っていた

今後のデライトにとって心強いことでもあるし,それだけデライト確かな製品になっているということでもある。

21日振り返り日記

{}{希哲17年1月20日}{輪郭整備}{ロングパス}{思ってしまった}{デザイン要素}{方針を決める}{全力疾走}{視野が広がった}{冷やされてきた}...=}(111)

{希哲17年1月16日の日記 K#F85E/E74C-0180}

少し作業方針見直し,実作業また捗り出したここから新生デライトの完成向けて加速させたい。

ひょんなことから組計整理進んだ

まずは新生デライトの「成立」し,デライト3周年までの完全な成功目指すというのが現行方針だったが,6日頃からの脳爆発新生デライト開発一変し,気付けば「成立」「完成」大差ない距離感になっている。

「完成」遠さから生み出した現行方針であることを考えると,もう無理にデライト3周年意識すべきではないのかもしれない。例えばには良い結果出せるように,2月中の「完成」目指す,というのも良いかもしれない考え始めた

とりあえず中旬このまま全力疾走し,20日までには方針を決めることにした。


これから作業だという昼頃トイレ用を足して立ち上がったら,ウォシュレットかけられてしまった誤操作なのか誤作動なのか分からないほど考え事ぼんやりしていた

まさにひょんなこと」かつ初めての経験面食らい,水道水とはいえ気持ち悪いので,射雨を浴び洗濯したり周辺掃除したりしているうちに,最近の脳爆発過熱止まらなかった少し冷やされてきた

読み込み中...
{快方に向かっている}{身内の}{過ぎてしまった}{皮肉な}{停滞していた当努}{入り損ねる}{作業に熱中する}{風呂を沸かす}{ねじ込む}{隙を突く}...=}(101)

{希哲17年1月15日の日記 K#F85E/E74C-E2C0}

そろそろ身体を休ませないと心配だが,自動的にアイデア生み出してしまうので休むに休めない

ここ一週間ほどの間で,停滞していた当努眠っていた当努課題連鎖的に解決し,一斉に動き出している一方で検討作業まとめ作業時間がかか実作業滞りがちになっているのが気になる

今日特に最後の検討作業18歩神がかり的だった。これまで大小数多奇跡経験してきたが,ちょっと感じ入るものがあった。

しかしこういう奇跡」を経験する度脳裏をよぎるのが,一番起こってほしいのに起こらない奇跡についてだ。こんなに信じられないことばかり起こるのだから,例えばデライト何かの偶然人気を集めたりしてもよさそうなものだが,そういうことはまだ起こらない

サッカーでいえば,ゴール前何百回奇跡的なパス飛んでいるのに一回ゴール無いような状況だ。これはこれで奇跡的言えなくもないが,そんな皮肉な奇跡要らない。まあ,それがデライトの完全な成功前にあるなのだろう。ネズミ通れないような隙を突いてボールねじ込むしかない。


まとめ作業をしていたらまた28時過ぎてしまった


ここのところせっかく風呂を沸かしても作業に熱中して遅くな入り損ねる,といったことが続いているため,入浴意識して早めにすることにした。


身内のコロナ陽性者快方に向かっているようだ。本人にも周囲にも私自身にも深刻な影響く,とりあえず安心した

16日振り返り日記

{また}

{}