{希哲17年1月30日}{希哲17年1月30日の副日記}{認識させたい}{非固定}{重たく見える}{変えたり}{ライトテーマ}{追従する}{機能公開}{色設定}...=}(93)

{希哲17年1月30日の開発 K#F85E/E74C-8429}

ダークテーマ実装その他軽微な装体調整など。

ダークテーマ実装ではテーマ切り替えボタン機能実装概ね完了し残す装体整理のみとなった。今後は色設定CSS 変数への置換中心に装体整理兼ダークテーマ実装」を少しずつでも進め機能公開目指す

テーマ切り替えボタン機能25日4歩検討通りで,初期状態では司組設定追従司組設定異なる切り替える固定同じ切り替えるとまた司組設定追従するただし実装としては初期化というよりライトテーマダークテーマ固定有無組み合わせ4種類状態持たせることにした後縁非固定設定認識させたいため)

外観については drop-shadow影を付けたり月アイコン方向変えたり調整することを考えていたが,結局現状維持とした。限りなく薄く付けても不必要重たく見える月アイコンも,欠けている部分左向き沿うので調和的見える

状態クッキー保存するため後縁での最適化出来単純なトグルボタンのみで4種類状態直感的に切り替えることも出来見触れ良好,と理想的なテーマ切り替えボタン出来上がった

舞覧開発者通類テーマ司組設定簡単に切り替えられることを知り手定め捗った

=}
{知番}{希哲16年9月18日}{希哲16年7月}{希哲16年6月}{希哲16年9月18日の副日記}{適用される}{着手した}{大変だった}{一山越えた}{解決時}...=}(238)

{希哲16年9月18日の開発 K#F85E/E74C-5BA7}

新生全知検索整備

最初の中間出振るい成功これにより全知検索応答速度柔軟性交度品質大きく向上した出振るい作業円滑に進み,手溢れ無く全体として大成功だった。

輪郭情報取得改良

まず,期待通り輪郭情報取得方式改良により応答速度大きく向上した体感的にもこの種のサービスとしてはという程度から,はっきり速い言える程度になり,快適度数段上がった感覚がある

これまでのデライト高速化施策の中でも最大級の効果感じるが,これはボトルネック解消によるところが大きい6月Cμ 文字列処理改良あたりから,領下手定め環境での高速化効果大きさ比べて本番環境での効果かなり小さい感じるようになっていた。考えられるボトルネックは,相振り出場間の通信回数多過ぎる輪郭情報取得処理だった。

これまでページ表示される輪郭情報の取得は,相振りから大体流れ行っていた

  1. 輪郭隠しにない吊るし輪郭があれば輪郭情報取得するdg_oln()
    1. 自我隠し存在しなければ自我情報取得するdg_ego()
    2. 前景輪数n_fg1以上なら前景輪情報取得するdg_fg()
    3. 後景輪数n_bg1以上なら後景輪情報取得するdg_bg()
  2. 輪郭一覧輪郭情報取得するdg_fnd() か,吊るし輪郭初期状態dg_fg()dg_bg()
  3. 各輪郭自我情報前後景輪情報個別に取得する
    1. 自我隠し存在しなければ自我情報取得するdg_ego()
    2. 前景輪数n_fg1以上なら前景輪情報取得するdg_fg()
    3. 後景輪数n_bg1以上なら後景輪情報取得するdg_bg()
読み込み中...
{希哲16年5月28日}{希哲16年5月28日の開発}{希哲16年5月28日の進捗}{他用者}{直しておいた}{外れやすい}{私の場合}{戻りたければ}{移動しながら}{吊るし輪郭×輪結改良}...=}(64)

{希哲16年5月28日4歩 K#F85E/E74C-B3E9}

=}
{SNS}{デライト}{進捗記録}{領当て}{日時表記}{希哲15年3月5日の開発}{構造化出与え}{非表示要素}{省略形式}{%Y-%m-%d %T}...=}(62)

{希哲15年3月5日7歩 K#F85E/E74C-C9C1}

デライト文書構造最適化中景部微調整

途中で終了。

これまで再描出日時がある場合は新規描出日時の上に2行表示していた時印部だが,初期状態では新規描出日時を隠しておき,マウスオーバー時に表示させるようにした。クリックタップで表示を固定解除することも出来る。

時印文書としては正確把握出来た方が良く,個人的には時計代わりに見たいことも多いので,昔から SNS 等でよくある「〜前」という表示嫌いだった。デライトでは %Y-%m-%d %T の形式を採用しそれなりに気に入っていたが,難点も感じていた。

特に,時印を2つ並べた時に文字の固まりとして目障りであり,視認性も良くなかった。比較して見たいことも考えると縦2行しかないが,ぱっと見判別しにくい。単純に縦方向の空間無駄に取ってしまうという問題も大きかった。

何らかの省略形式を導入することも考えていたが,例えば新規描出日時と時刻部分だけが違う再描出日時の日付部分を省略したとして,それが新規描出の日付と同じことを意味しているのか,今日の日付であることを意味しているのか,一見して理解してもらえるか怪しかった。正しく意図を解釈したとしても,両方の時印を見比べなければならないのは煩雑な気もしていた。

初期状態では片方だけ表示しておけば,ぱっと見て注目すべき時印が分かり,こうした問題解消する。領当て上の無駄も無くなり,マウスオーバー時と展開固定時に文字色を濃くすることでかえって確認しやすくなった。

最初,非表示要素datePublished 等を設定しているのはまずいかと思ったが,こういう時のために meta 要素利用出来たので問題なかった。time.ts_drw に設定していた構造化出与えmeta 要素に移し,リッチリザルト テストでも認識されることを確認した。

2行表示の前提で領当てを整理しておいたことも無駄にならず,時印部に関しては満足出来る仕上がりとなった。

出振るい済み

=}
{進捗記録}{希哲14年8月7日の開発}{全知検索ページャー}{あれ}{上線}{下部ページャー}{ページ番号}{ページ更新}{更新不要}{灰色表示}...=}(44)

{希哲14年8月7日9歩 K#F85E/5B28-ACED}

前後景一覧整備,装体書整理ページ付け

ページャー仕様徹案は概ね出来ページ付けに関しては実装調整を残すのみとなった。色彩配置記号など試行錯誤したが,何とか満足出来るものになった。

まず,輪郭一覧上部ページャー初期状態で下図のように表示する。左肩には更新を示す輪結 灰色表示され,これは更新不要示唆している。右肩に輪数を置く。

新着確認が出来た場合,下図のように新着輪数を加えて を表示する。

一定時間で新着確認機能が停止しても新着確認が出来なかった場合は,? を加えて を表示する。

この新着確認実装優先度は高くないためデライト離立補完後に回す可能性も高いが,無駄ページ更新抑制する効果も見込める。

上部ページャー2ページ目では下図のように変化する。先頭の意を で表し,ページ番号が表示される。輪数には表示範囲が加えられる。

読み込み中...
{初期状態}

{}