{進捗記録}{}{末尾}{曖昧}{進捗}{希哲16年1月24日}{文字装飾記法}{<small>}{置き換えられる}{補足部区}(73)

{希哲16年1月24日16歩 K#F85E/E74C-1FEF}

注意記法補足記法についての再検討終了

4歩を以下のように修正した。強調度に応じて三段階となる補足記法同様

!--
小さな注意書き
--

!!--
通常の注意書き
--

!!!--
重要な注意書き
--

装体は,23日2歩下敷きに,境界線背景色無しで font-size: 0.8em 程度にした小書きのものを加える。この場合,一段階目注意部区補足部区装体的に区別出来なくなるが,そもそも小さな注意書き補足違い曖昧なものなので自然といえば自然だ。

読み込み中...
{希哲館事業}{希哲11年3月19日}{三段階}{希哲館の目標}{目標}{宇田川の用語}(6)

{三段階目標 K#F85E/551B-31C2}

宇田川の用語。

希哲館事業の最終目的から考えて,虎哲による情報整備事業の確立をおよそ三分の一とする考え方。これまでごく感覚的なものとして採用してきたが,希哲11年3月19日二十ヶ月計画五年周期説と併せて理論化することを考え始める。

五年周期説とともに考えれば,はじめの5年間を共通の基盤作りと考えて,希哲6年2012年)から希哲11年2017年),希哲11年から希哲16年2022年),希哲16年から希哲21年2027年)までの5年区切りで目標を設定出来る。これに従えば,希哲館事業は全体で20年,今後10年の時間を要することになる。

{三段階}

{}