{希哲16年11月24日}{希哲16年10月}{振り返り日記}{日記}{Twitter アカウントの削除}{眠たくなる}{外務帰り}{蒔ける}{出会えなかった人}{利用していた}...=}(159)

{希哲16年11月24日の日記 K#F85E/E74C-DFA1}

一夜明けて特に未練無かったので,ツイストの無期限停止と,それに伴う Twitter アカウントの削除決めた

やはりデライトの用者体験向上し過ぎて,他のサービス全く気が向かない,ということに自分で気付いてしまったのが決定的だった。この調子では今後もツイスト優先順位上がりそうにないTwitter関しては拡散力といってもデライトとの相性による限界もあり,蒔けるだけの蒔いたという感覚がある

第二次快調期最高の開発者体験だったが,10月頃から輪郭整備時間増やしたことで最高の用者体験得られたのも大きかった小手先宣伝活動もいいが,ここに唯一無二体験があるという事実示し続けること以上に重要な市場活動無い


今後はデライト開発と,輪郭整備一日一文などでの献典整備ひたすら進めてデライトの完全な成功目指す飛んで火に入る夏の虫というべきか,鴨が葱を背負って来るというべきか,ちょうど世界一の富豪分の良い勝負持ち込んでくれたところだ。これに勝てば世界がひっくり返る

その希望外部サービス依存せず持てていることに大きな成長感じた同時にツイスト役目を終えたことを悟った希哲12年1月17日考案してからおよそ5年ツイストのある生活デライト育てた

多くの人SNSロックインされ,独自の価値持った新しいサービス育たない中にあって,発信力だけ利用して自サービス蓄積出来た戦略としての正しさ再確認したツイストをしていなければ出会えなかった人多いし,普通に SNS利用していたSNS同化してしまっただろう。


解放感達成感によるものか,から晴れ晴れとした気分で,顔色非常に良かったそもそも SNS という性に合わないものなんとか利用するための折衷案ツイストであり,それ相応精神的負担だったのだろう。

基本的にツイスト以前情報発信体制戻ることになるが,当時は暗中模索だった代わりに希哲館事業発足後一番悠々自適な生活送っていた。このデライトという最強の武器引っ提げてそこに帰れる思う嬉しく,感慨深い

もっともツイストには描出形式としての有用性があり,「非連動ツイスト」という可能性脳裏をよぎった本格的に再開するとしたら,デライトの ActivityPub 対応実現した時だろう。


外務帰り早速 Twitter アカウントの削除実行しようと思っていたが,こんなことを考えていたらには眠たくなってしまい,実作業無し

26日振り返り日記

{希哲16年11月23日}{日記}{Twitter アカウントの削除}{今まで以上に}{低質な情報}{開いたら開いたで}{集積場}{戻ってみる}{始める前}{見ていない}...=}(92)

{希哲16年11月23日の日記 K#F85E/E74C-A0BE}

最近気が乗らなくなっていたツイストだが,重い腰を上げ一つ書いてみて面白い心境の変化気付いたもう宣伝目的ですら Twitter使い続ける意味見失っているかといってMastodon をまた使うにもなれない。想像以上に気持ち冷めていたことに少し驚いた

輪郭整備生産性重要性上がったことで,ツイスト役割を終えたのかもしれない。世の中状況も,いま必要なこと把握し切った感があり,情報収集というでもあまり必要性を感じない

主観的情報価値集積場だったデライト客観的情報価値繋げることを強く意識するようになり,献典拡充のことを考えると,とにかく時間が足りないTwitter開いているないし,開いたら開いたで低質な情報今まで以上に気になって精神衛生上良くない

今はデライト開発輪郭整備ひたすら進めるのみだ。出来れば一日一文再開したい

というわけで,時期尚早かと思っていた Twitter アカウントの削除急速に傾いている告知してから少し時間を置いてとか,更新停止だけにするとかも考えていたが,それでずるずる引きずってしまうのも良くないここまでのデライト宣伝本当にデライト興味を持ったTwitter しか見ていないということも考えにくい

一度ツイストMastodon始める前戻ってみるのも良さそうだ。最新のデライトというこの上ない土産もある。

{希哲16年11月20日}{振り返り日記}{日記}{少し休む}{困難な仕事}{計測不能}{圧倒出来る}{圧倒されている}{持ち始めた}{共有出来なかった}...=}(75)

{希哲16年11月20日の日記 K#F85E/E74C-F592}

先日体調を崩しかけたため,輪郭整備やり方見直すことにした。気分転換としての輪郭整備から業務としての輪郭整備意識が変わったが,小休憩時間取らないまま続けていたため,気を休める時間なくなっていた

利楽すること,楽しむことをまた意識し直す


イーロン・マスクによる Twitter 買収以後希哲館事業世界の問題としてきたことが Twitter集約され,これこそデライトの完全な成功向けた決戦なのではないかと思えるようになってきた。

英米政治危機契機として始まったのが KNS としてのデライト開発だが,当時共有出来なかったSNS変えれば世界が変わる」という視点が,ここに来てようやく生々しい説得力持ち始めた

マスクTwitter 改革成功させるか,デライトを完全に成功させるか。資金知名度では圧倒されているが,構想力技術では圧倒出来るどちらも計測不能なほど困難な仕事だが,成功した印迫デライトの方がはるかに大きい

これも開発少し休んで輪郭整備ツイスト時間を割いていなかったら気付かなかったかもしれない,と考える不思議な感じだ。

21日振り返り日記

{ツイスト}

{}