{『希哲日記』}{}{}{}{日記}{}{}{}{}{テキスト向き}(401)

{希哲17年7月15日の日記 K#F85E/0758-279C}

激化する SNS 戦国時代の中で,サービス文化について考えさせられること多い今日ちょっと面白い発見もあった。

以前にも SNS におけるオタク文化について考えたことがあるが3月1日の日記依然としてその影響力強い感じる例えばMisskey猫耳機能などは私の価値観からすると完全にありえないものだが,そういう部分があることでオタク層からの信頼得ているはあるだろう。誰かにとっての「居心地の良さ」を提供することは SNS核心であって,Misskeyまだ小規模ながら興味深い事例ではある。

最近でいえば,Threads急速な台頭によって,キラキラした Instagram 的な対するドブ川」としての Twitter に,想像以上に多くの Twitter 用者想像以上に強い愛着持っていることが分かってきた。「陽キャ」に対する陰キャ」のコミュニティであるという意識やはり根強いようだ。それは単なる自虐というより,昔から言う明るい人気者ほどつまらない」とか「面白い奴には根暗多い」とか,その種含みがある。

確かに自分が好きだったお笑い芸人なんかを振り返ってみても,根暗ひねくれていたばかりだ。そういう人が,業界一定の地位いて妙に社交的な「明るい人」になったりして,つまらないこと笑うようになり,かつての面白さ失っていく,という哀しい現象よく見てきた

明るい人というのは箸が転んでもおかしいというなので,日常そこまでひねりの効いた刺激求めていないのだ。Twitter 用者Instagram 的SNS感じるつまらなさとは,こういうことなのだと思う

幼稚なデマ煽られやすいなど,全体としては知的脆弱さ目立つ Twitter ではあるが,役立つ投稿面白い投稿比較的多いことは認めざるをえない学問文芸も,多少ひねくれていたり,オタク気質だったりするくらいが丁度良いからだろう。その点で,Twitter 文化にはマイクロブログ型 SNS における確かな優位性がある。

そういう観点からデライト文化について考えてみたら,対 Twitter 戦略なんて無理筋じゃないかと一瞬思いかけた。というのも,デライト文化種子たる私自身が,人間の限りない可能性限りない成功対して限りなく楽天的性格であって,その実現のためにデライト開発してきたからだ。サービス名〈delight〉歓喜かけているくらいなので,そもそもデライトこの上なく明るい気分から生まれているそういう意味では,インスタグラマー真っ青キラキラ志向なのだ。

単純な話Twitter陰キャ寄りオタク寄りSNS だとして,デライトそうでないとすると,どうやって用者移行させるのかという問題があるここまでのデライト運営実感としても,Twitterはじめとするマイクロブログ型 SNS からの訪問者は,明らかにデライト文化引いている

読み込み中...
{}{『希哲日記』}{日記}{}{希哲17年7月1日}{甘やかされ過ぎている}{余力がある}{果して}{冒険したくなる}{心の揺らぎ}(77)

{希哲17年7月1日の日記 K#F85E/0758-E506}

{『希哲日記』}{デライト3周年}{日記}{}{デライトの完全な成功}{迎えに来れる}{やるべきことはやった}{共に}{社会の雰囲気}{一役買っている}(120)

{希哲17年5月17日の日記 K#F85E/E74C-156B}

開発では地味な作業積み重ね目に見える成果になってくる一番楽しいところ来たが,ふと思い立って雑務抜本的な見直し始めたいよいよ本格的にデライト以前のような生活戻れそうだ。

ここ半年ほど希哲館事業外での体験求めるもの増えてきたような,不思議な心境の変化感じていたが,その原因少しずつ掴めてきたやはり長期戦態勢切り替えたあたりから精神的なゆとり出来たのだろう。

新生デライトの完成目前第五次デライト市場戦略固まり,気付けばデライトの完全な成功希哲館事業の成功対する焦り無くなっている油断するわけではないが,もうここまで来たら,あとはばら成し良く色々なもの磨きをかけながらその時を待つしかない,という心境になっている。少なくとも最低限やるべきことはやったし,時代迎えに来れるところまでは来た

思えば私の人生17歳の頃から希哲館事業の不可能性との闘いだった。特にデルンの実用化向けて本格的に走り出したからは,希哲館事業外使うあらゆる力あらゆる時間惜しかったそんな呪縛からも解き放たれたようだ。

今はこのデライトがあり,知識経験十二分得て多くの迷い無くなり,希哲荘中心とした理想的な生活環境整っている。これでデライト以前のような安定感取り戻せるならそれほど心強いことはない。もはや無敵だ。

そんなこと考えていたら高揚してきなかなか寝付けなかった

デライト3周年コロナ収束誕生日……と何かと大きな節目重なる時期だが,それも気分の切り替え一役買っているのかもしれない。デライト正式離立からの3年コロナ禍社会の雰囲気共にあった,というのが特に大きいのかもしれない。

18日振り返り日記

{希哲14年}{}{}{}{}{}{}{}{}{}(424)

{全てのデライターへ K#F85E/E74C-CA32}

デライト公開から2年半ほどち,色々な人興味を持ってくれたり,使ってみてくれたりした。遠くから眺めているだけの登録してみただけのたまに使ういつも使っている……風変わりデライトでも,出会った人多様性他のサービスさして変わらない

感謝

私は,そんな全てのデライター”とデライターの卵達に深く感謝している付き合い長さ深さ関係ないデライト否定的な人ですら,知ってくれただけでありがたい思う

これがよくある社交辞令ではないということは,前回の一日一文,「デライトの歩み」を読めば分かるだろう。そもそも全く無謀な挑戦として始まったのがデライトだ。成功どころか,誰にも認められず終わるかもしれない。それならまだいい。弾圧暗殺命を失うかもしれない。10代の内にそこまで想像して葛藤乗り越え20年かけてここまで来た

たとえるなら,デライトの歩みとは,真っ暗な巨大洞窟一人彷徨うようなものだった。どこかに新しい世界つながる出口がある。生きている内辿り着けるかどうかは分からない。そんな洞窟歩き続けていた時に見えた聞こえた人の声。それが私にとってデライト利用者であり,デライトへのだ。

そしてデライトは「完全な成功一歩手前言えるところまで来ているすでに夢のようなことだ。感謝せずにいられるだろうか。

代表的デライター

読み込み中...
{特に}

{}