{駒手}{foot}{希哲13年2月16日の開発}{希哲12年12月11日}{Synx 駒手}{SLFS 0.002}{kn sure}{希哲11年7月3日}{su -c ...}{〈sure〉}...=}(13)

{sure K#F85E/4686-54F1}

superuser request

su -c ... と sudo で入力形式を統一するための駒手。一旦駒手を受け取り,sudo があれば sudo で,sudo が無ければ su -c ... で実行する。BLFS の一部で使われている as_root() を参考にしたが,root 作業を非推奨とするため $EUID が 0 の場合に失敗する点が異なる(これにより,root では実行出来ないスクリプトを簡単に作ることが出来る)

希哲11年7月3日SLFS 試作版2号 の開発中に su -c ... の欠点を補う手段として考案,kn plz の実装でも使える Synx 標準として採用を決定。

この駒手名は kn plz の予備案 kn sure として考案していたもの。当初は適当に superuser redo の略としていた。

希哲12年5月15日,あまり意味が通っていない superuser redo より自然な表現として superuser request の略とすることを検討開始。do よりも間接的な表現になっているのが役割に合っていると感じたこともあり,同日中に正式採用を決定。

希哲12年5月15日現在,開発中の SLFS の一部として /_kit/run/sure に直接置いている。Synx に採用していることもあり,場所を再検討する必要がある。

希哲12年12月11日,リモートで利用する必要に迫られ,コマに収録,/_kn/run/sure に引装するようにした。

希哲13年2月16日root での日常作業を原則禁止とし,sure を全面的に頼ることにした。

同日,無引数で起動した際,sudo の有効期限を延長出来る仕様を考案。sudo -s : を使う。事前に無引数の挙動を確認したところ,su のように用者を切り替えてしまう問題に気付いた。これは sudo -s のせいだった。その後,同様の機能を持つ sudo -v の存在に気付き書き換え。

同日,shrc に簡易的な補完機能を追加。sure の権限で譜類の補完が効くようになった。sudo -n -v を使って非対話的に権限の有無を確認し,権限がある場合に sure を通して compgen を使う。これなら sudo が入っていなくても問題ない。

{デライト}{希哲館}{遠象性}{目指している}{近象性}{引き出せる}{動物の脳}{近象的}{進化生物学}{重要度}...=}(49)

{近象的であることについて K#F85E/E74C-4C23}

近象的であることが良いというよりも,現象遠近適切利用した方が良いとは言えると思います。

進化生物学的に考えれば,動物の脳は,状況に合わせて生存最適行動を取るための情報処理を担っているはずです。要は,情報優先順位を付けて,重要度の高い情報をすぐに引き出せるように出来ています。重要な情報は近くに,瑣末な情報は遠くに置いているとも言えます。この情報遠近法を形にしたのがデライト輪郭法です。

この輪郭法は希哲社の「知機」開発プロジェクト核心ですが,一部です。

例えば,今の一般的なコンピューターUI では,何かの目的に対し,ユーザーがアプリを選んで対応します。これは十分に近象的ではなく,雑音が多すぎます。「○○がしたい」という時に,「○○を実現してくれる××を使う」のではなく,「○○を使う」と考えられるのが近象的な UI です。

具体的には,統一感の無い絵柄アイコン固有名詞ではなく,ピクトグラムのように体系化されたアイコンで,目的を直接的に表現します。コモディティ化したアプリの仕様の大枠はプラットフォームが決め,サードパーティーはその実装を競作するか,実験的なアプリの提供を行い収益を得ます。

こうした試みは無かったわけではなく,Apple も方向性としてはそれに近いことをやろうとしていますが,突き詰めればこういう形になっていくと予想しています。

CLI でも似たようなことが言えます。例えば,「ファイルを全文検索したい」という時に find と何々を組み合わせて……と考えるのは近象的ではありません。grep -r も grep が固有名詞なので近象的ではありません。理想を言えば find 'foo' と書けるべきでしょう。

知機 Unix 相互運用標準」として希哲館が策定している Synx では,同じことが交度英語fnd 'foo' と書けます。一般の Unix コマンドと区別するため kn fnd 'foo' とも書けます。

要するに,ユーザーが頭に思い描いたことと,UI の言語体系との間に距離が無いことが,工学における近象性です。この点で現在の多くの UI には課題があると感じています。

今の UI は迂遠なことが多いので主に近象性が課題になりますが,もちろん,より複雑・詳細な表現に対応する遠象性も適切に扱える必要があります。

UI が理想的な近象性を実現した時,物理的接続しなくても,十分に脳とシームレスに繋がるコンピューターが実現出来ることになります。これを「知機」と呼んでいます。デライトも含めて,それこそ私が目指していることです。

{日記}{デライト}{『希哲日記』}{デライト宣伝}{黄金循環}{希哲15年1月10日9歩}{永久凍結}{時間欲}{トランプ包囲網}{希哲15年1月9日}...=}(45)

{希哲15年1月9日の日記 K#F85E/E74C-5219}

Twitter アカウント永久凍結をはじめ「トランプ包囲網」とでもいうべき動き加速し,ネット半狂乱になっている。政治SNS依存する構造デライトKNS 構想前提になってきたが,いよいよそれが誰の目にも明らかなように露呈した。

有力支持者側近離反も相次ぎ,トランプ支持層縮小しているのは間違いない。しかし,頑迷な残留支持層は地下に潜り,より御し難い勢力に変質しかねない。その矛先副大統領からトランプ自身に向かう兆候すらある。

デライト背景にある政治思想について公にした「メカソクラテスの弁明」は長過ぎるため,改めてツイストしておこうかと考えたが,慎重を要する題目でもあり余裕のある時でないと難しい。個人情報保護方針のようにデライト上に掲載する形式検討し始めた。

ツイストネタにしようとデライト文字献典相性について考えていると,最近,デライトトラフィック右肩上がりになっていることが新しい金脈のように思えてきた。

昨年11月中旬頃から Alexa Traffic Rank がじわじわと上がって来たことで気付いたが,その他のトラフィック関連指標も緩やかな上昇を続けている。デライト宣伝ではツイスト宣伝を中心にするようになった頃からだが,何が直接の要因かはまだ分析出来ていない。

ひょんなことから Synx希哲館献典整備についても久しぶりに思い出した。時間欲が蘇った今振り返ってみると,かつての凄まじいぶりに溜息が出る。

10日振り返り

=}
{}{希哲館訳語}{希哲15年1月9日のツイスト}{希哲15年1月9日}{ツイスト}{}{スコレー}{}{Synx}{プログラミング言語}=}(10)
{foo}{UID 1000}{虎哲*ツバメ}{作業用者}{フット化}{作業用者の登録}{〈foot〉}{Linux 用者}{root}{Synx}=}(10)

{foot K#F85E/4686-59AC}

汎用低権限用者名として希哲11年4月16日考案。〈foot〉は地位が低いことも意味する他,鍵母配列上でちょうど root の r の下になる。

従来までの命名体系見直しのため,u01 の代わりに使用する。虎哲*ツバメに採用予定。

希哲13年6月3日Basic 認証で使う適当な用者名を探していた時,foo に似ていることに気付いた。むしろこれまで気付かなかったのが不思議だ。

{Synx}

{}