{日本語における漢字}{音読み}{漢字音}{日本語}{にほんかんじおん}{漢字の読み}{文字の読み}(7)

{日本漢字音 K#F85E/E8CA-5671}

にほんかんじおん

日本語における漢字音。一般に「音読み」と呼ばれる漢字の読み用いられる

輸入時期の古い順から呉音漢音唐音宋音唐宋音分類されるほか,由来未詳慣用音がある。ここでいう呉は中国南部,漢は中国北部,唐は中国を漠然と指す語。


あ行
 あい あく あつ あん
 いき いく いち いつ
いん
 うつ うん
えい えき えつ えん
 おう おく おつ おん
か行
  かい がい
かく がく かつ かん がん
  きく きち きつ
きゃく ぎゃく きゅう ぎゅう
きょ ぎょ きょう ぎょう
きょく ぎょく きん ぎん
  くう ぐう くつ
くん ぐん
  けい げい げき
けつ げつ けん げん
  こう ごう こく ごく
こつ こん ごん
さ行
  さい ざい さく
さつ ざつ さん ざん
  しき じく しち
しつ じつ しゃ じゃ
しゃく じゃく しゅ じゅ
しゅう じゅう しゅく じゅく
しゅつ じゅつ しゅん じゅん
しょ じょ しょう じょう
しょく じょく しん じん
  すい ずい すう
すん
  せい ぜい せき
せつ ぜつ せん ぜん
  そう ぞう
そく ぞく そつ そん
た行
  たい だい たく
だく たち だち たつ だつ
たん だん
 ちく ちつ ちゃ ちゃく
ちゅう ちょ ちょう ちょく
ちん
つい つう
てい でい てき でき てつ
てん でん
  とう どう
とく どく とつ とん どん
な行
 ない なつ なん
 にく にち にゃく にゅう
にょ にょう にん
 ねい ねつ ねん
のう
は行
  はい ばい はく
ばく はち はつ ばつ
はん ばん
  ひつ びつ
ひゃく びゃく びゅう
ひょう びょう ひん びん
  ふう ふく ふつ
ぶつ ふん ぶん
へい べい へき べき べつ
へん べん
  ほう ぼう ほく
ぼく ほつ ぼつ ほん ぼん
ま行
 まい まく まつ まん
 みつ みゃく みょう みん
めい めつ めん
 もう
もく もつ もん
や行
 やく
 ゆい ゆう
 よう よく
ら行
 らい らく らつ らん
 りく りつ りゃく りゅう
りょ りょう りょく りん
 るい
れい れき れつ れん
 ろう ろく ろん
わ行
 わい わく わん
{日本語}

{}