{ナイーヴな考え方}{あれ}{L社の役員}{現在価値法}{オモロ}{意思決定}(7)
{芹沢達也}{ナイーヴな考え方}{良いものなら売れる}{『らーめん才遊記』}(4)
{デライターが増えない}{ナイーヴな考え方}{デライトでデライトを言語化}{デライター増加}{デライト紹介動画}(5)

{あれ K#EDD2/8296}

 デライトでデライトを言語化して簡単に説明できるようになれば、自ずとデライターが増加すると思っていたが、思うほど増加していない。

 私の言語化能力を超えていて、読んだ人に「デライト面白そう」、「デライト使ってみたい」と思わせることに失敗している。

 そもそも、「デライトをわかりやすく説明する」ということにばかり力を入れて、デライトの面白さを文章化してない。「使えば分かる」というナイーブな考えをしていた。「良いものを作れば売れる」という思考と同じだ。まず「分かりやすさ」の前段として「面白そう」というところが制約になっている。
 「デライトの楽しみ方」みたいな文章や動画を作ると良いのだろう。今一度、デライト紹介動画を作ろう。

(1){あれ}
{ナイーヴな考え方}

{}