{PERT図}{あれ}{線表}{理想のプロジェクトマネジメントツール}{三点見積もり}{PERT}(6)

{あれ K#EDD2/B682}

線表による「やべぇ」はプロジェクト要員が少数なら感覚的あるいは定性的で良いのだが、人数が多かったり定量的な説得が必要になるなら、やり方を変える必要がある。

三点見積もりを行い、ベータ分布に基づいて「いつ」「どれだけの確率で」プロジェクトが達成されるかを求めることができる。

このあたりになってくると線表ではなくPERTに属するものになってくる。しかし、フリーのソフトウェアにてPERTを行えるものを寡聞にて知らない。有償ならなにがしかあるだろうが、金が出せないならExcelでなんとかするしか無い。しかしExcelには「数式の汚損がしばしば発生する」「PERT図の自動作図が困難」「図から直接入力できない」といった問題がある。

(1){あれ}
{転居録2023年}{もう疲れちゃって全然動けなくてェ}{よく頑張りましたね}{やっべ……}{2023年9月11日}{あれ}{バチクソ}{やべぇ}{進捗}(9)
{あれ}{やべぇ}{線表}{身体化}(4)

{あれ K#EDD2/EED4}

線表による「やべぇ」の自覚は、線表をこねこねすることで生まれるというところもある。線表をこねる間にプロジェクトの計画に関する情報が脳に染み渡り身体化される。

{あれ}

{}