{Fast Link}{デライト(なんでもメモ)}{Chrome}{Firefox}(4)
{文章を書かない}{メモを取らない}{ヘビーユーザー}{デライト(なんでもメモ)}{PKMS}{異常者}{メモ}{知識管理}{SNS}{Twitter}(10)

{あれ K#EDD2/CC8B}

週に3〜4回の投稿がTwitterのヘビーユーザーらしく、その定義で言えば毎日10投稿程度するだけでも上位1%以上の異常者となる可能性があることを忘れてはいけない。

普通の人は想像するよりも遥かにメモを取らないし、文章を書かないし、文字入力しない。

弁護士ですら仕事のメモを取らないし、残さない。

ましてや、「メモとメモを組み上げてメモを太らせて考えを深める」みたいな営みに楽しさを見出すのはといった具合。

なので、現状の延長線だけを見て、理屈だけで言えば、PKMSがPKMSとして膾炙するかしないかで言えばしない。

「ちょっと便利なSNS」のような感じにできれば、また違ってきそう。利用者の印象としても、知識管理みたいなマッチョな感じで来られるより柔和に感じられるだろう。

{🎄}{< おファビュラスですわよ}{『デライト Advent Calendar 2023』}{デライト(なんでもメモ)}(4)

{デライト Advent Calendar 2023のふりかえり K#EDD2/07C8}

 『デライト Advent Calendar 2023』最終日。

 catさんの「参加人数は"のべ"でも私は一向に構わない!」の熱い言葉に背中を押してもらい、アドベントカレンダーを作ることを決意した。参加いただいて本当に感謝いたします。

 このアドベントカレンダーによって、2023年のデライトの描像が残され、未来から2023年のデライトを懐かしむことができるようになった。後からデライトに来た人にとっても「デライトとはどのようであるか」を知るための一塊の記事群として役立つだろう。

 12月に入って気づいたのだが、12月というのは、仕事の締めやの、忘年会やの、なんやかんやで大変に忙しい。そもそも、2日に1回程度のペースで何らかの文章を書くというのは結構しんどい。しんどかった。私が全部埋める覚悟とかのたまっていたが、一人で25日分を埋めるのはムリだっただろう。ムリです。
 然らば、私と同じく社会人であろうcatさんもメタメタに忙しかったはずである。忙しい中ありがとうございました。

 後半のわたしの投稿はややネタ切れ気味だったが、デライトのおかげでなんとかなった感じがある。デライトに散りばめられたネタ(あるいは書き散らかして放置したネタ)が時たま掘り起こされた。

 もし来年もアドベントカレンダーをやるとしたら、テーマの抽象度を一つ上げて、『PKMS アドベントカレンダー』とかにしたい。そうすればデライトの外の人も参加できて良い。また、宣伝的なことをちゃんとやりたい。そのためにも書き溜めるなどして余裕を作っておきたい。
 「デライトの外の人も参加できて良い」とは言うものの、私の顔は狭く、集客力が皆無なのでそううまくは行かない気がする。
 まあ色々改善点はあるが、来年考えよう。そもそもやるかどうかも分からない。

 最後に、デライトの開発者であり運営者である宇田川浩行さんに謝辞を述べさせて頂きたい。
 デライトを始めてから間違いなく私の人生は豊かになっている。デライトは好奇心を刺激する知識との出会いを促進してくれた。加えて、デライトを使うことで得られた知識は、転職、転居、副業、大学の研究室への潜り込みといった転機を下支えした。これで彼女もできれば、胡散臭い広告みたいな好転具合である。全てデライトを使わせてくれている宇田川さんのおかげであることは疑いようもなく、深甚なる感謝と共に、今後の益々のデライトの発展を楽しみにしている。

{デライト三年生}{デライト(なんでもメモ)}{記憶するデライト、思考する私の脳}(3)

{あれ K#EDD2/4483}

記憶するデライト、思考する私の脳のように分離したものと見なしていたが、ここ最近は思考をデライトに頼るようになってきた。デライトの役割が、ストレージからRAMへ、RAMからCPUのキャッシュメモリへと遷移してきている。

{情報生命}{クリスマスイブ}{デライトの身体化}{🎄}{『デライト Advent Calendar 2023』}{思考のログ}{デライト(なんでもメモ)}{デライトと私の脳が協調することで、拡張した脳を形成している}{記憶するデライト、思考する私の脳}{デライトとの結婚}(11)

{デライト三年生 K#EDD2/A46B}

 2023年12月24日。クリスマスイブ。『デライト Advent Calendar 2023』の最終日の一日前でもある。
 私がデライトを使い始めたのは2020年5月13日である。2023年12月24日時点における私はデライト三年生ということになる。

 デライト以前の私がどのように思考していたのかは、もはや思い出すことはできず、記録にも残っていない。なぜならデライトがなかったからだ。紙や普通のデジタルツールでは、実質的に思考のログを残すことができない。それらでは「無益な情報」は削ぎ落とされ「有益な情報」だけが残される。

 三年もデライトを使っていると、デライト無しに有効な思考はできなくなってきている。デライトは私の思考にとって不可分な一部となっている、『攻殻機動隊』では、インターネットによって自然発生した情報生命と人の融合が描かれている。あんな感じだ。

{🎄}{『デライト Advent Calendar 2023』}{デライト(なんでもメモ)}{発想メモ}(4)

{デライトと発想メモ K#EDD2/4222}

流石にネタが尽きてきたので、ネタと引っ掛けて「アイデアメモ」をデライトでやりくりする方法、すなわち発想メモの管理というやつについて。

ここでのアイデアというやつは、ほんのちょっとした思いつきや、フレーズを指す。

基本はその日の輪郭に引き入れる。その日に思いついたアイデアというのは相関を持つ可能性が高く、積極的に相互作用させたい。

可能な限り複数のアイデアを結合させる。一つの文章にしてしまう。よく言う豆論文的な感じ。

興味のあるテーマは繰り返し考える。何らかのアイデアを出す。テーマを表す輪郭に引き入れて、雪玉のように大きくしていく。関連情報も引き入れておく。

アイデアの雪玉が大きくなっても、何かが楽になったりはしない。何かが起こったりはしない。ただ雪玉が大きくなるだけだ。だが、だだ雪玉が大きくなるだけで楽しい。

{デライト(なんでもメモ)}(1)
{🎄}{『デライト Advent Calendar 2023』}{ウィジェット化}{2023年3月5日散歩メモ}{デライト(なんでもメモ)}(5)

{デライトのウィジェット(ブログパーツ)化 K#EDD2/D6A2}

概説

 デライトをブログパーツにすれば、はてなブックマークのように、ブログのコメント欄の如く使えるようにできるというアイデア。

やってみよう

 HTMLのiframeを使うだけでできてしまう。

https://codepen.io/tt_w/pen/PoVaVgy

<html>
  <body>
    <iframe width="30%" height="600px" src="https://dlt.kitetu.com/KNo.EDD2/3A54"/>
  </body>
</html>

いかがでしたか?

コメント欄として使うには、いま一歩たりない気がする。

  • 記事やウェブページを作ったら、自動で輪郭が作られると良さそう?
    • そうなるとKNSのデライトとはまた違った輪郭法応用サービスとして作った方が良いのかもしれない
  • 後景(コメント)が主として表示されない
(1)
{デライト(なんでもメモ)}{末恐ろしい}(2)
{デライト(なんでもメモ)}

{}