{不具合報告}{時印記法}(2)
{不具合報告}(1)

{全知検索において,通常検索と部分一致検索とで逆斜線文字\の取り扱いが一貫していない K#D657/BA2F}

全知検索をするさい,通常検索においては逆斜線文字\をそのままの形で検索できますが,部分一致検索においては\\という形でないと\という文字を検索することができません。

たとえば,\(n\)という知名の輪郭は,「\(n\)」という検索では出現しますが「\(...」という検索では出現しません。その代わり,「\\(...」という検索では引っ掛かります。

通常の検索と部分一致検索は前後に特定の文字列があるかないかだけで区別されるため,その如何によって検索文字列の無関係な部分(ようするに\がある箇所)の意味が変わるのは一貫性がないように感じます。\で検索して\が引っ掛かる,あるいは\\で検索して\が引っ掛かるか,どちらかの挙動に統一していただきたいです。

意図された挙動であれば申し訳ありません。よろしくお願いします。

(5)
{不具合報告}{開かない}{引き入れ欄}{前景一覧}(6)

{前景一覧画面で引き入れ欄が開かない場合がある K#804C/BE36}

特定の条件において、前景一覧画面で引き入れ欄が開かないようです。

条件

前景が1つもない輪郭

再現方法

  1. 上記条件に該当する輪郭の前景一覧画面を開きます。
  2. 下記の赤で囲った部分をマウスオーバー、あるいはタップします(→引き入れ欄が開きませんでした)。

{不具合報告}{描写}{ユーザーアイコン}(5)

{描写内のユーザーアイコンが更新されない K#804C/90FB}

前提知識

描写内で{:ああああ K#XXXX}のような記法で、特定ユーザーへのリンクを貼ることが可能です。

デライト公式

不具合内容

このリンクで表示されるアイコン画像について、ユーザーが新しい画像に変更した後、なかなか更新されません。当方が確認した限りでは2週間経過した2023-11-24 11:05現在で反映されていません。
他の部品で表示されるアイコンはかなり早いタイミングで更新されたのを確認できています。
描写内のアイコンのみ更新タイミングが大きく異なるようなので、ご報告いたしました。

試したこと

手元でブラウザのキャッシュをクリアすれば解消されることを確認済みです。

{不具合報告}{未公開輪郭}{👍}(6)

{未公開輪郭が前景に表示される K#804C/1C17}

不具合について

  1. ユーザーBの輪郭bが他ユーザーaの公開状態の輪郭Aを前景に輪括する
  2. ユーザーaが輪郭Aを未公開にする
  3. 輪郭Bの前景一覧ページを開く
    • ここでは輪郭Aは表示されない
  4. 全知検索ボタンを押す
    • 前景に輪郭Aが表示される
    • 前景一覧には「表示出来ない輪郭が含まれています。」と出て表示されない
  5. 前景の輪郭Aにカーソルを当てると輪郭小窓から中身を表示できる

上述の通り公開状態に食い違いが発生しています。

一度公開したものは既に未公開ではないという見方もできますが、ここで課題としているのは、前景と前景一覧で公開状態に差分が出ている点となります。

参考動画

{不具合報告}(1)

{交度記法においてデラングの埋め込み記法を使うとデライトの挙動が怪しくなる K#D657/3129}

「怪しくなる」という曖昧な言葉を使って申し訳ないですが,請手(client)側ではこれ以上の調査が難しかったです。

再現する例を実際に見せようとするとWeb回覧機(browser)が止まってしまうため,やむをえず+{のあいだに間隔を設けていますが,実際におかしな動作になるのは+{という輪郭埋め込み表記をした場合です。

+ {知名 K#/0000}
{不具合報告}(1)

{URLと文字装飾記法の解釈がおかしい K#D657/5C6E}

下に掲げる例では、打消し線記法の終端文字列が認識されているにもかかわらず、URLの一部として描画されてしまっています。
URLの一部にデラング記法がある場合はそれを記法の一部とみなさないほうがいいように思われます。

後方の輪郭にも影響があるので隔離しています。

{不具合報告}{文字装飾記法}{交度記法}(3)

{交度記法のなかで文字装飾記法が効力を持ってしまう場合がある K#D657/806E}

取り下げ
Highlight.jsのMarkdown用の装飾でそうなっているだけでした。
デラングの解釈に問題はありません。
お騒がせしました。

**で囲まれた部分が──**という文字自体は消えずに残っている(これは交度記法としては正常)にもかかわらず──太字になってしまいます。また,HTML文字参照によって越化(escape)することもできません。

すいません,この描出においては不明な理由で再現しなくなりました。
依然として再現している輪郭はHTTP状態符号の平易な言い換えなどです。

デラング
``
**太字になってはいけない**
**←これでは回避できない
``
描画
**太字になってはいけない**
**←これでは回避できない
{不具合報告}{見出し記法}(2)

{埋め込んだ輪郭の見出し記法の階層がおかしくなる K#D657/3EEB}

2023-02-07現在、修正済み。
参考: 修正いたしました

incl1輪郭およびincl2輪郭において、h4@incl1/2, h5@incl1/2と題した見出しはそれぞれ同じ階層の見出しになっています。

ところが、それを別の見出しの下に埋め込んだtop輪郭において、見出しの階層が両輪郭で異なっています。

{不具合報告}

{}