{独り言}{デライト上のやりとりについて}{情報交換}{使い方}{つぶやき}{利用者}{Twitter}{デライト}=}(8)
{デスクトップ}{アングラサイト}{プレゼンテーション}{編集}{対比}{白背景}{ターミナル}{黒背景}{色彩}{デライトのダークテーマ対応}...=}(29)

{デライトのダークテーマ対応について K#9-C7C6/A-79EE}

ご要望ありがとうございます。

デライトのいわゆるダークテーマ対応についてですが、設定項目の一つとして前向きに検討します。

一つ質問なのですが、「入力欄などを暗く」というのはどこの部分でしょうか?現状の黒背景とは違う意味でしょうか。

意匠の問題」という意味では、標準スタイルとして現状の色彩から大きく変えることは難しいと考えています。

開発者自身もどちらかといえば黒背景が好きで、実はデスクトップエディタターミナルも全て黒背景です。

公開用の文書白背景にしているのは、その対比編集用と閲覧用の状態を分かりやすくしたいからというのがあり、編集欄で色が反転するのはその流れです。

それでも真っ白は眩しいので、旧サイトでは本文には WhiteSmoke を採用していたことがありました。デライトにも採用するつもりだったのですが、文字中心のサイトではこの程度のくすみでも少し地味で暗い印象を与えてしまうことに気付き、結局真っ白にしています。

要するに見栄えがしないので、マーケティングプレゼンテーションを考えると暗めの色彩は採用しにくいです。これはサービスとしてだけでなく、ユーザーとしても、自分の作った文書を暗い雰囲気のスタイルで読んで欲しくないということもあります。

GoogleTwitter 等が真っ白なのもこれが理由かもしれません。Mastodonくらいまで行くと、アングラサイトに近い印象を与えてしまいます。

というわけで、本文は真っ白を前提に、その他要素を視認しやすいように調整しているのが現状で、開発者もそれに慣れざるをえないので慣れてしまっているという感じです。

ただ、これはあくまでも標準スタイルの話なので、慣れたユーザーが使うためのダークテーマはあって悪いことはないと思います。今後の導入を想定して調整します。

{大改造}{宣伝}{Twitter}{デライト}=}(4)

{あれK#9-C7C6/A-EA8F}

デライトはいま大改造中で Twitter 等での宣伝は控え目にしているのですが、皆様のおかげで軌道に乗る一歩手前というところまで来れました。もう少しです。良いご報告が出来るよう死力を尽くします。

=}
{HTML タグ切り替え}{ご回答ありがとうございます!}{埋め込み}{有効化}{有効}{スクリプト}{レイアウト}{HTML タグ}{画像}{検討}...=}(18)

{<script> の有効・無効切り替えについて K#9-C7C6/A-A429}

ご要望ありがとうございます!

実は、script タグに限らず HTML タグ全般に関して、使い方次第でページ全体のレイアウトを乱すことが出来てしまうという問題があるため、ご提案のように自分の輪郭に関しては有効にし、他人の輪郭に関しては注意表示をして有効・無効を切り替えられる、という仕様検討しているところでした。実装自体の目処はついています。

確かに、自分の輪郭であればスクリプトも使える方が可能性は広がると思います。ここは少し迷いがあったところなので後押しになりました。

ご提案も加味して、自分の輪郭に関しては script タグも含めて有効、他人の輪郭に関しては注意表示をした上で script タグを除いて有効化出来る、という方向で実装を予定します。

なかなか手が回らないのですが、現状 HTML でしか出来ないような装飾に関しては Markdown などを参考に記法の拡充を急ぎたいと考えています。

また、例えば YouTubeTwitter などの埋め込みに関しては、画像と同じように URI の先頭に + 記号を加えることで自動展開するような実装を予定しています。

{親和性}{興味深い}{有名}{統合}{}{マイクロブログ}{SNS}{Twitter}{サービス}{個人知識管理}...=}(11)
{健在}{先頭}{現実}{話題}{メモサービス}{ウィキ}{Twitter}{アウトライナー}{Evernote}{Notion}=}(10)
{ネットワーク化}{階層化}{8年}{マイクロブログ}{CMS}{ウィキ}{情報}{Twitter}{アウトライナー}{Evernote}=}(10)
{Emacs}{集約}{8年}{実用化}{便利}{実装}{開発者}{技術}{Twitter}{Evernote}...=}(14)
{文章}{日本}{開発者}{不思議}{Twitter}{日本的}=}(6)
{ご意見ありがとうございます}{頭脳配信}{つぶやき}{Twitter}{デライト}{発想支援}=}(6)

{「ジャンク情報」について K#9-C7C6/A-9D36}

例えば Twitter では「つぶやき」とはいえ読み手を意識して書くことが多くなりますが、デライトは思いついたことを長さも脈絡も気にせず書けます。まさに脳内情報を垂れ流しにするようなもので、これが「頭脳配信」の所以です。発想支援の観点からはむしろ「ジャンク情報」こそ重要だと考えています。

=}
{Twitter}
{}