{交流}{クラウド}{情報発信}{提唱}{ネットサービス}{意義}{重要}{利用}{ツイート}{個人知識管理}...=}(11)
{先頭}{最後の機会}{米中}{失敗}{育成}{知能増幅}{世界}{知識産業}{IT 産業}{重要}...=}(14)
{経済的}{回避}{生命倫理}{知能増幅メモサービス}{格差拡大}{社会的}{障害}{知能増幅}{利点}{重要}...=}(12)
{引け目}{日本育ち}{日本生まれ}{母語}{希哲館}{世界一}{思考}{重要}{日本人}{日本}...=}(16)
{集約}{系統立て}{階層化}{知の肥満}{問題解決}{雑学}{記憶力}{ゾウ}{注目}{象徴}...=}(20)
{不十分}{列挙}{ツール}{評価}{重要}{技術}{個人知識管理サービス}=}(7)
{経歴}{経験}{重要}{開発者}{情報}{限界}{デライト}=}(7)
{}{頻度}{設計}{重要}{利用規約}{投稿}{サービス}{デライト}=}(8)

{あれK#9-C7C6/A-7B2F}

実際、他のサービスからデライトに来て頂いた方の投稿を見ていると想定よりずっと頻度が低いです。重要な情報を見極めて投稿しているという感じでしょうか。ただ、デライトは文字通り頭に思い浮かんだことを(規約内で)なんでも書いてもらえるように設計しています。この感覚の差がかもしれません。

=}
{重要}{ユーザー}{ツイスト}{デライト}=}(4)

{あれK#9-C7C6/A-9C7E}

話を無理矢理もとに戻すと、ユーザーが望むものをそのまま提示することは最初からデライトの目的ではありません。ユーザーが考えもしなかった、見たこともないものを提示する必要があると考えています。そこで重要なのが、新しさをいかに共有してもらえるか、その工夫なのだと思います。

=}
{重要}
{}