(337)
{世の中}{可能性}{日本}{開発者}{理解}{デライト}{わくわく}{隔り}{希哲館事業}=}(9)
{あれK#9-C7C6/A-EC36}

ただこの「隔り」の大きさは可能性の大きさでもあります。信じ難いことに、この希哲館事業日本が産み育てたものです。デライトも含めて世の中理解された時、いったい日本はどうなってしまうのか?開発者は毎日わくわくしています。

2021-01-19 21:30
{翻訳語}{説明}{開発者}{デライト}{氷山の一角}{希哲館事業}=}(6)
{あれK#9-C7C6/A-D026}

翻訳語について書きたいことを全て書いていると4、5倍の長さになりそうなので、この辺にしておきます。デライトはただでさえ「よく分からん」と言われますが、実は希哲館事業氷山の一角に過ぎません。と言えば、日頃どれだけ開発者説明に頭を抱えているか、お察し頂けるのではないでしょうか……。

2021-01-19 21:26
2021-01-19 21:24
=}
{文書}{違和感}{技術}{デライト}{デライト開発}{希哲館訳語}{相乗効果}=}(7)
{あれK#9-C7C6/A-790C}

希哲館訳語デライト技術によって育てられたものであり、希哲館訳語もまたその文書記述能力の高さによってデライト開発を支えてきました。まさに相乗効果です。デライトでは多くの人に違和感を与えないように一般向けの使用を避けてきましたが、いずれ堂々と使える日が来ると思います。

2021-01-19 21:16
2021-01-19 21:14
=}
{評価基準}{充実}{生意気}{技法}{体系}{システム}{デライト}{1,000語}{司組}{日本語史上最大の翻訳語体系}=}(14)
{あれK#9-C7C6/A-E2A7}

希哲館訳語は「日本語史上最大の翻訳語体系」などと生意気に謳っていますが、その語数(およそ1,000語)の多さだけでなく、充実した語釈技法評価基準まで含めた体系であり、何よりデライトというシステム司組)を持っていることまで考えると流石に類例はないでしょう。

2021-01-19 21:07
2021-01-19 21:07
=}
{突破}{体験}{個人知識管理ツール}{実用化}{成長}{2012年}{技術}{限界}{デライト}{情報整理ツール}=}(12)
{あれK#9-C7C6/A-2159}

2012年デライト技術実用化してから、希哲館訳語急速成長を始めます。これは、従来の情報整理ツール個人知識管理(PKM)ツール限界突破したと感じた大きな体験の一つでした。

2021-01-19 20:53
{出番}{語彙研究}{立体階層構造}{平面的}{ウィキ}{情報}{階層構造}{問題}{デライト}{ちまちま}=}(16)
{あれK#9-C7C6/A-5463}

当初、希哲館訳語はその Org-Modeちまちま管理していましたが、やはり平面的階層構造で扱える情報ではなく、貧弱なものでした。ウィキには同形異義語を上手く扱えないという語彙研究には致命的問題がありました。そこで「立体階層構造」で同形異義語区別出来るデライト出番だったわけです。

2021-01-19 20:50
=}
{文書翻訳}{きっかけ}{翻訳}{翻訳語}{疑問}{開発者}{限界}{カタカナ}{デライト}{15年}=}(14)
{あれK#9-C7C6/A-54F9}

デライト開発者がこんなことを始めたきっかけは、15年ほど前に技術文書翻訳限界を感じたことでした。当時、開発者は EmacsOrg-Mode 等の文書翻訳をしていたのですが、英単語カタカナに置き換えるような作業が多過ぎることに疑問を感じ始めました。圧倒的に「翻訳語」の方が足りないのです。

2021-01-19 20:36
2021-01-19 20:33
=}
{翻訳}{前代未聞}{分野}{可能}{デライト}{情報整理ツール}{カタカナ外来語}{希哲館訳語}{体系的}=}(9)
{あれK#9-C7C6/A-22F9}

このように、分野にかかわらず、あらゆるカタカナ外来語を片っ端から、「体系的に」翻訳するという前代未聞の試みが希哲館訳語です。デライトはそれを可能にした初めての「情報整理ツール」でした。

2021-01-19 20:28
=}
{試し文句ツイスト}{最大化}{もれなく}{知能増幅メモサービス}{人生}{価値}{}{デライト}=}(8)
{あれK#9-C7C6/A-7288}

デライトは、あなたの人生体験すべてをもれなくに換えるための知能増幅メモサービスです。今日の価値最大化しましょう。

https://dlt.kitetu.com

2021-01-19 12:40
2021-01-19 12:37
=}
{対応いたしました}{ご要望}{デライト}=}(3)

■依頼事項

Kの削除をお願いしたいです。

本文のみの削除でも、輪郭の削除でも、どちらでも問題ありません。

■理由

Kに、HTMLタグを含めた輪郭を描いたところ、以下の事象が出てしまいました。

<主な事象>

・引き入れ・引き外しのUIが機能しない

・描き直しのボタンが機能しない

・Ctrl+ダブルクリック等のUIが機能しない

・検索バーで、"&"をクリックしても、自分の輪郭のみの表示と全輪郭の表示を切り替えられない

Kが表示中の一覧で、他の輪郭も巻き込んでしまっているように見えますので、何卒ご対処のほどよろしくお願いいたします。

2021-01-19 07:39
=}
1
{デライト}{あれ}{頭脳の鏡}{KNS}
{}