{10万ノート}{利用実態}{1万ページ}{Evernote}=}(4)

{あれK#9-C7C6/A-2C0A}

これは Evernote の個人あたり10万ノートというシステム上限とも一致する利用実態です。この種の上限には余裕を持たせるものなので、Evernote 社も個人が扱えるのは高々数万ノートと見ていることになります。ほとんどの人にとって「1万ページ」は越えられない、あるいは越えるのに苦労した高い壁です。

=}
{検索性}{一覧性}{障害}{ヘビーユーザー}{大台}{1万ページ}=}(6)

{あれK#9-C7C6/A-740D}

しかし、他サービスで1万ページというと、普通に使って数年はかかる「大台」です。無理にページ数を増やしても、まず間違いなく一覧性検索性障害になります。各社詳細な統計を発表しているわけではありませんが、話題になるヘビーユーザーのページ数は、一般に数千から数万の間に集中しています。

=}
{実用上}{実証}{3,000ページ}{ノイズ}{100万ページ}{1万ページ}{開発者}{デライト}=}(8)
{重み}{一人歩き}{解釈}{N10K 騒動}{1万ページ}{開発者}{限界}=}(7)
{理想}{10万ページ}{便利}{100万ページ}{1万ページ}{開発者}{輪郭}{限界}{デライト}=}(9)
{短文}{数量}{長文}{ページ数}{重要性}{100万ページ}{1万ページ}{価値}{情報}{ツイスト}=}(10)
{N10K 問題}{完結}{後編}{1万ページ}{個人知識管理サービス}=}(5)
{スレッド}{感動のフィナーレ}{分割}{壮大}{後編}{1万ページ}{限界}{個人知識管理サービス}{N10K 問題}=}(9)
{}{}{不覚}{知名度}{好意的}{説得力}{反応}{炎上商法}{1万ページ}{話題}...=}(14)
{推定}{1万ページ}{ユーザー}{限界}{サービス}=}(5)

{あれK#9-C7C6/A-B698}

要するに、1万ページというのは、あるサービスを使ってもう数千ページになる、やっと1万を越えた、何万にもなった、このあたりの最も熱心なユーザー層が限界と言われて一番何か言いたくなる線だったのだろうな、と思います。これは、事前の推定と驚くほど一致していました。

=}
{1万ページ}
{}