{意味記述}{輪符とは?}{デラングとは?}{デラングについて}{デラング}{Markdown}{核心}{理由}{実現}{マインドマップ}...=}(18)

{デラングは輪符から始まった K#9-C7C6/A-CE37}

この輪符こそデラング核心であり、Markdown ではいけなかった理由です。デライトは、ウィキアウトライナーマインドマップ等の良い所を組み合せそのもののような意味管理実現し、デラングは意味記述可能にします。輪郭の吹き出しも、実は輪符の波括弧を象っています。

{翻訳}{前代未聞}{分野}{可能}{デライト}{情報整理ツール}{カタカナ外来語}{希哲館訳語}{体系的}=}(9)
{}{思考補助}{GAFAM}{組織化}{企業}{Google}{可能}{高度}{情報}{Facebook}...=}(13)
{実証}{文房具屋}{メモ帳}{進歩}{可能}{知識管理}{個人知識管理サービス}=}(7)
{発明}{強み}{低機能}{体系化}{可能}{高度}{情報}{Evernote}{Roam Research}{Notion}...=}(11)
{}{可能}{知識管理}{高度}{考え方}{輪郭法}{意味管理}{文字}{意味を書く}{デライトの歴史}...=}(13)

{意味を書く? K#9-C7C6/A-8163}

さて、長くなりましたが、輪郭法という考え方高度知識管理意味管理可能になりました。では、「意味を書く」ことはどうでしょうか。デライトでは画像のように、意味を管理しながら意味を書く、という少年の実現しています。「文字を書いた」このツイートと見比べてみて下さい。

{可能}
{}