{オーサリングツール}{複雑}{手軽}{PC}{効率的}{作業}{依存}{開発}{高度}{デライト}=}(10)
{}{思考補助}{GAFAM}{組織化}{企業}{Google}{可能}{高度}{情報}{Facebook}=}(13)
{路線}{カジュアル}{積極的}{上限}{関心}{話題}{宣伝}{機能}{開発者}{高度}=}(12)
{高度}=}(1)
{世界初}{手軽さ}{機能}{高度}{ツイスト}{SNS}{Twitter}{個人知識管理サービス}{デライト}=}(9)
{挑戦}{}{知識産業}{分野}{検索}{日本人}{高度}{ツイスト}{SNS}{知識}=}(13)
{万人}{目的}{ユーザー}{高度}{ツイスト}{Roam Research}{Notion}{個人知識管理サービス}{デライト}{Scrapbox}=}(10)
{あれ}{マーケティング}{高度}{情報}{ツイスト}{Roam Research}{個人知識管理}=}(7)

{あれK#9-C7C6/A-E802}

一方、Roam Research のように、他のサービスより高度情報の蓄積が可能であることをウリにしているものもあります。しかし、このマーケティング手法にも大きな欠点があります。そもそも個人知識管理を深く実践しているのは人口的に「ひとつまみ」という現状、「深さ」の価値は殆ど伝わらないのです。


=}
{発明}{強み}{低機能}{体系化}{可能}{高度}{情報}{Evernote}{Roam Research}{Notion}=}(11)
{}{可能}{知識管理}{高度}{考え方}{輪郭法}{意味管理}{文字}{意味を書く}{デライトの歴史}=}(13)

{意味を書く? K#9-C7C6/A-8163}

さて、長くなりましたが、輪郭法という考え方高度知識管理意味管理可能になりました。では、「意味を書く」ことはどうでしょうか。デライトでは画像のように、意味を管理しながら意味を書く、という少年の実現しています。「文字を書いた」このツイートと見比べてみて下さい。


{高度}
{}