{デライトの使い方}{デライト}{寛大}{特徴}(4)

{デライトの使い方 K#804C/28CC}

デライトの特徴

  • 宇田川さんのブログなんだけど、不特定多数の人が書き込める
  • 宇田川さんの投稿を押し流してしまっても怒られない
  • 捨てアドどころかメアドを登録する必要すらない
  • むしろそれらを望まれている

そう考えるととても寛大なサービスに思えてきた。




{分割画面}{新しいウィンドウ}{デライト}{Android}{開く}{👍}{Chrome}(7)
{とめどない知識管理サービス}{fluent}{PKM}{PKMS}{流れるように}{デライト}{知識管理}(7)

{デライトで川が流れるように知識管理 K#804C/D949}

PKMSと言うと、知識を溜め込むイメージが強い。
しかし、デライトには知識がどこかへ流れ、戻ってくるようなイメージがある。
実際にタイムラインに知識が流れていく。
それを別の知識で紡いでいく。紡いだ知識を(すく)い上げる。
デライトは知識の川である。川が大海に流れ出て、蒸発して雨となって降り注ぎ、再び川に戻ってくる。知識が生命の営みを助け、循環する。

流れるような、流暢な、といった意味を持つfluentを使って、
Fluent PKMS
とか、あるいはデライトの公開原則を強調するためにも、Personalの部分を取り去って、
Fluent KMS
でも良いかもしれない。
略してFKMS。
川が流れるように知識を紡ぎたい。

{私の言葉で}{充実}{デライト}{描出}{デラング}{マイ〜〜}(6)
{デライト}

{}