{デラング}{続ける}{大雑把さ}{本筋}{トリッキー}{ウェブフォント}{閲覧環境}{半角約物}{Yaku Han JP}{`letter-spacing`}...=}(47)

{Yaku Han JP の導入について K#F85E/A-E74C-F3B3}

日本語の字詰めをデライト上で処理してほしい

ご要望・ご提案ありがとうございます。Yaku Han JP については全く知らなかったので,勉強になりました。約物隙間については確かに気になるところではありましたが,ご要望をきっかけに初めて本格的に検討してみました。

まず,Yaku Han JP導入については,少し時間をかけて検討続ける必要があるな,という印象です。

紙媒体と異なり,ウェブでは様々な閲覧環境配慮する必要があります。全ての閲覧環境,全ての場面で,全ての人がそれを望むか,という点で,Yaku Han JP万能解決策とはまだ確信出来ていないです。

Yaku Han JP例文を見た私の個人的な感想は,「それは詰まり過ぎじゃないか?」でした。見ようによっては,文章の構造が分かりにくいとも言えます。文字サイズを小さくするとよりその問題が大きくなると思います。紙媒体等では一文字ずつ調整するのでしょうが,一律自動でとなると難しいところです。

そもそも,最大手サイトから軒並隙間のあいた約物を見ているわけですから,「慣れ」もありますよね。もっと言えば,なぜ多くのフォント半角約物が採用されていないのか,という素朴な疑問もあります。それは,部分的に問題があるにしても全体としてそれが無難だからではないかな,という気もしています。特に紙媒体業界から来た人はウェブ大雑把さに厳しかったりしますが,実は全体最適化結果であるように思います。

それをウェブフォントで上書きする,というのは,良く言ってトリッキー,悪く言えば乱暴,という印象が拭えません。

また,軽量とはいえ,高速化を追求する上で外部リソース読み込みは紛れもなくコストです。利益天秤にかけて,とまで考えると厳しいところです。


そういった意味では,スクリプト解決してしまう方が正攻法かもしれません。特定パターンの文字列の letter-spacing調整する程度のことであれば,そこまで複雑なコードにも重たい処理にもならないはずです。

あるいは,デラング処理してしまうことも考えられます。

ただ,もし閲覧者が半角約物フォントで閲覧していたら,といったことまで考えると,そこまで積極的なことは出来ないかもしれません。


このような問題に対する本筋本命手段はやはり CSS だと思っています。カーニング関連の仕様充実してきているので,究極的にはそれを待つしかないかもしれません。

=}(1){あれ}
{デラング}{進捗記録}{廃止}{組み合わせた}{キーボード記法}{見送った}{書き間違い}{下境界線}{上境界線}{邪魔臭い}...=}(111)

{希哲16年1月17日17歩 K#F85E/A-E74C-835A}

キーボード記法改良終了

従来二重角括弧を使った [[X]] 記法に加え,アンダースコア組み合わせた [_X_] 記法使えるようにした

旧記法近いうちに廃止し,ウィキ互換輪結記法転用する。ハッシュタグ同様,単純に全知検索飛ばすだけだが,他サービスからの移行者デライト触りやすくなったり,デライト向け文書書き直しやすくする効果見込める

大きな用途変更であるため,時印によって適用版存切り替えることになりそうだ。

11日14歩検討方向性定まっていた旧記法導入した昨年3月11日はまだデラング整備最初期で,あまり他サービス他言語との互換性重視しておらず,他サービス採用例多かった二重角括弧による輪結キーボード記法使うことも,独自性を出すのに良いだろうという程度にしか考えていなかった

最近デラングが,デライトにとっての利益損なわない限り他サービス他言語との互換性最大化するという方針になっていることに加え,単純に旧記法視認性の悪さ気になっていたこともあった。最近ではほとんど自分で使っていなかった

[[Ctrl]] のようにキー名長さがあればまだいいが,[[X]] では流石に記号邪魔臭い[_X_] という記法は当時検討した記憶があるが,[X] に対して物足りず決め手に欠ける感じたか,なんとなく見送っていた[[X]] は「キー立体感を表現しているように見えなくもない」希哲15年3月11日2歩思っていたが,<kbd>装体デライトも含めて,四方み,立体感を出すため上境界線よりも下境界線目立たせるという形になることが多いため [_X_] の方がむしろ装体近い

逆括点を使った [`X`] という記法採用例を見かけて悪くない思ったが,まだ普及度低い上,これは `[X]` との書き間違い続出しそうだと感じたたため見送った[_X_] ならその問題もなく,直感性でこれに勝るものはなさそうだ。

<kbd>入れ子にすることも出来るので,[_Ctrl_] + [_X_] のような組み合わせ記法として扱うことを考えたが,実用上大きな変化はないはずなので後回し

{希哲館事業}{『希哲日記』}{デライト}{希哲15年9月の月記}{重苦しくなる}{気分が晴れなかった}{掴めた}{十分な睡眠を取る}{短くなっていた}{心理的負担}...=}(86)

{希哲15年9月12日の日記 K#F85E/A-E74C-69BB}

今週に入り,ますます状況良くなる一方……なはずなのに,妙に気分が晴れなかった理由について考えていた

やはり,デライトの早期成功,引いては希哲館事業の成功もはや夢ではない,というのがかえって重いのだろう。希哲館事業は「人類史上最大の事業構想」なのだから,営利事業として成功することなど歴史的偉業であって,そう簡単に行くわけがない……そんな言い訳開き直りももう出来ない。思えば気楽なものだった。

いまの希哲館事業は,努力次第で十分経営的軌道に乗る状態だ。それが出来ていないということは努力不足だということだ。最近,デライト運営状況に対する自分の見方厳しくなっているし,あれもこれもしなければと気持ちが逸り,それに追い付いていないことに,これまで感じたことのないような焦り悔しさ込み上げてくる

希哲館事業が負っている社会的責任のようなこともよく考えるようになった。これまで全くと言っていいほど利益を生み出さなかった事業にこれだけの時間注ぎ込んでこれたには,身内はもちろん,間接的にも社会にかけてきた多大負担迷惑がある。その歴史も,元を辿れば,かれこれ四半世紀になる。希哲館事業の成功以外では返せない借りだ。

そんなことを考えていれば,否が応でも気分重苦しくなるし,無意識のうちにも自分を追い込みがちになる。ここからデライト収益目標達成までが一番苦しい過渡期なのかもしれない。

ただ,過度な緊張感百害あって一利なしだ。無駄な心理的負担能率が落ち,判断誤らせる。ここからは休息もしっかり取り,意識的心身利楽させることにした。この状況適度な緊張感保つにはそれくらいで丁度良いだろう。睡眠時間平均的短くなっていたため,まずは十分な睡眠を取ることから意識していく。

なんにせよ,得体の知れない感情正体掴めたことは大きな収穫だった。

{一日一文}{勝つ}{希哲15年6月の一日一文}{勝てない}{バグだらけ}{乗り心地}{高い品質}{大きな価値}{日本の衰退}{日本の繁栄}...=}(157)

{日本はなぜ繁栄し,なぜ衰退したのか K#F85E/A-E74C-C2D6}

昨日の一日一文では,日本人独自性オリジナリティなどについて書いた。その中では,日本人の性格における負の側面強調してしまったが,もちろん,日本人にも良い面はたくさんある。

私が「ジパング計画」などと言って日本最重要視しているのも,その日本人の性格を活かし,アメリカ中国大逆転勝ちする道があると思っているからだ。

ある程度定常的存在している事物には全て,進化論的な存在理由がある。つまり,この世界のいつかのどこかに適応しやすかったから存在しているわけだ。これは人間の性格についても言えることだ。

ある場面では勇敢で大きな功績をあげた人が,別の場面では無謀な行動で身を滅ぼすことがある。ある場面では臆病で役に立たなかった人が,別の場面では慎重さ成功することもある。性格というのは,状況環境で良くも悪くも見えるものだ。

日本の盛衰

1980年代頃には,日本世界最強工業国だった。人口規模などの問題で「超大国」にこそならなかったが,超大国アメリカを凌ぐ富豪企業輩出し,金持ちといえば日本人だという時代が確かにあった。工業の時代がずっと続いていれば,日本がアメリカを凌ぐ超大国になるのは時間の問題だったはずだ。

ところがこの1980年代というのは,すでに「脱工業化社会」の到来が広く議論されるようになっていた時代であり,アメリカでは水面下脱工業化に向けた産業転換が始まっていた。言うまでもなく,その中心は情技(IT)産業だった。

シリコンバレー」が注目されるようになったのは70年代からだ。90年代になると,クリントン政権によって情技を中心とした産業改革が推し進められていく。「工業では日本人に勝てない」と悟った80年代のアメリカ人には,脱工業化という,あえて進むべき茨の道が見えていたわけだ。

日本はといえば,90年代初めにバブル崩壊という憂き目を見て,「失われた三十年」とも言われる長期停滞が現在にいたるまで続いている。

情技産業牽引された中国が日本の GDP を抜いてからもう10年以上経つが,昨年には,GAFAMGoogleAmazonFacebookAppleMicrosoftなどと呼ばれるアメリカ情技企業数社の時価総額が,二千社を越える東証一部上場企業全体の時価総額を上回った。

日本人らしさ

かつての日本の繁栄も今の衰退も,やはり日本人の性格によるところが大きいと私は思っている。

工業では,日本人的な,勤勉でよく協調する労働者には大きな価値がある。ありきたりだろうが模倣だろうが,価格に対して高い品質提供出来る者が勝つ

例えば,どんなに斬新独自性オリジナリティに溢れる設計でも,まともにブレーキが効かない自動車には価値が無い。つまらなくても,乗り心地がよく信頼出来る車は必ず売れる。こういったもの作らせれば,いまだに日本人の右に出る集団は無いだろう。

しかし,情技産業,特に柔品ソフトウェアの世界ではこれが逆転してしまうことが多い。バグだらけであちこちがあっても,何か斬新体験提供してくれるものは飛ぶように売れる。

面白いもので,そういう荒削りアメリカ製品流行ると,日本人技術者達はこぞって「粗探し」を始める。ここが危ない,ここが汚い,などとみんなで言い合って,熱心に“改良”しようとする。そうして確かに丁寧心地良い模倣品が出来たと思ったら,また新しい波に押し流されてしまう。日本の情技業界賽の河原だ。

同じ柔品でも,間違いの許されない厳密動作が要求されるような分野では,実は日本製のものが少なくない。私はいつもそんなところに日本人らしさを感じている。ただ,その手の「縁の下の力持ち」はどうしても知名度が上がらず,利益も上げにくかったりする。

バブルジェット経済」の時代

いまだに平成バブル日本経済破壊したかのように語られることが多いが,それは原因ではない。

そもそも「バブル」というのは,弾けて,経済停滞した時に初めて認識されるものだ。バブル自体が問題なのではなく,バブルが弾けた時に底が抜けてしまうような実体経済であったことが問題なのだ。そしてその問題の根は,日本人工業に“適応”出来過ぎてしまったばかりに脱工業化に遅れたことにある。これも今となっては明らかだ。

アメリカ経済は,日本が「失われた三十年」にあえいでいる間も概ね右肩上がりを続けてきた。株価高下するたびに「これはバブルなのではないか?」という経済学者達がいる。ところが,アメリカの場合,一つのバブルが弾けたかと思うと,またすぐ次のバブルが膨らんでくる。むしろ,次から次にバブルを作ってそれを推進力にしているかのようですらある。

そんな「バブルジェット経済」とでもいうべき離れ業が可能なのも,情技産業を中心として実際に社会のあちこちで革新を起こし,世界席巻するような製品サービス生み出し続けているからだ。

日本にはそれが出来なかった。ならば,今からでもやればいいのだ。出来なければ,どうせこのままゆっくり衰退を続けるしかないのだから。

一日一文という日課で書くには長くなり過ぎたので,具体的にどうすべきか,という話はまた明日にでも書こう。

{希哲館事業}{一日一文}{英語}{デライト}{希哲15年5月の一日一文}{社会奉仕}{清貧思想}{京円}{モテたい}{共感力}...=}(80)

{人間への共感 K#F85E/A-E74C-BE3A}

私には,いわゆる「共感力」というものが無い。時々思うことだ。

普段書いていることを見ていれば何となく分かると思うが,私は,あまり多くの人と同じような生活をしていない。これは昨日今日始まったことではない。10代の初め頃からずっと,私はこんな調子で生きて来てしまった。

反共感としての KNS

思えば,私が KNS なんてものを発明したのも,この共感力の無さによるところが大きい。

私には,主にマイクロブログ系の SNS消極的に使っていた時期がいくつかあり,そういう時期に私を見かけた人なら分かるかもしれない。私の SNS の使い方は,基本的に独り言を延々と垂れ流す,というものだ。しかも,自分で考えた造語翻訳語をちりばめて,だ。

最初からこうだったわけではない。最初に SNS に接したのは20歳そこそこで,その頃は周囲に合わせようとしていた。ところが,使っているうちにある問題に気付いた。同じような年頃の人達が,自分とは全く違う生き方をしているということだ。

例えば当時,よく若者の間で盛り上がっていた話題といえば,就職氷河期下での就活だとか,日本社会への悲観論だったりした。

それが私には全く分からなかった。当時の私は,希哲館事業を始めばかりだった。ろくに学校にも行かず17歳輪郭法いた私は,定職につく気も無く,どうすれば世界史上最大の企業を創り,日本世界史上最大の極大国ハイパーパワーに出来るかということで頭が一杯だった。

「もう日本は駄目だ」「英語勉強して日本を出よう」などという悲観論が渦巻いていた SNS で,ただ一人,「これから自分が日本を世界の中心にする」と希望に満ち溢れていたのが当時の私で,要するにずっと変わっていないのだ。最初はそれがズレていることにも気付いていなかったと思うが,流石にだんだん周囲との空気の違いが分かってくる。

SNS というのは,多くの人にとっては仲間を見つけたり,共感しあったりする場なのだろうと思う。私にとっては,使えば使うほど,自分がいかに世界の中で孤立した精神の持ち主か,ということを思い知らされる場だった。単純に,あまり面白いものではなかった。

共感と商売

共感力の無さというのが現実的問題になるのは,やはり「商売」を考えた時だ。デライトも,多くの人に気に入ってもらい,そこから利益を生み出そうとしている,という意味では立派な商売だ。

ところが私には,人の欲望というのもあまりよく分かっていない。男性で言えば,金が欲しいとか,女性モテたいとか,そういうのが欲望の典型なのだろう。しかし,私はその手の感情を抱いたことがほぼ無い。

厳密に言えば,金が欲しいとは思う。ただそれは事業のためだ。希哲館事業理想実現するためには,「兆円」の単位では足りない。最低でも「京円」の金が動かせるようにしたい。そういうことはよく考える。

その一方で,私的な金銭欲には乏しい。希哲館事業を始めた当初から,私は自身も含めて全執務員給与報酬を「世の中の平均的な水準」にすることを決めている。つまり,どれだけ希哲社利益を上げようが,私は月に数十万円程度の金しか受け取らない。

別に我慢をしてそうするわけではない。それが清貧思想とか社会奉仕パフォーマンスなら,アメリカ企業がよくやるように1円の報酬でいい。私は別にそういう“思想”で金が要らないわけではない。本当に,人並程度の収入で十分満足に暮らしていけると思っているのだ。

しかし,商売をする上で,人の欲望の流れを感じることが出来ない,というのは致命的かもしれない,と思うこともある。金が欲しいという人の気持ちも,女性に囲まれて嬉しい人の気持ちも分からないのだから,少なくともそれで釣るような商売には全く向いていない。

人間そのものへの共感

ではどうすればいいのか。これまでの生き方はいまさら変えられない。

でも,私にも共感出来ることはある。それは,枝葉ではなくて,人間として誰もが持つ普遍的な部分への共感だ。例えば,人が転んでいるのを見れば痛そうだと思うし,泣いているのを見れば可哀そうだと思う。幸せそうにしていれば何となく嬉しい気持ちにもなる。

人間のどこかではなく,人間そのものへの共感を深めていく,そんなことに希望を見出したい。

{デライト開発}{デライト}{あれ}{開けっ広げ}{政治臭}{思想臭}{思想臭さ}{波風}{人間らしさ}{社会}...=}(57)

{思想について K#F85E/A-E74C-9878}


最後に,ご指摘の「思想臭さ」や「難解さ」についてですが,これも造語と同じで,今となっては必要悪に近いなという感覚です。

昨年半ばに知って頂いたということでお気付きか分かりませんが,デライトは当初,出来るだけ無難宣伝を心がけていました。ちょっと風変りな気軽に使えるメモサービス必死に見せかけようとしていたのです。結果として表面的な反応は悪くなかったのですが,ユーザー定着には全くつながりませんでした。

こういう経験から,少しずつデライト難解さも含めてありのまま重視する戦略シフトしていきます。見せかけの分かりやすさで気を引くより,時間がかかっても理解あるユーザーを増やしていくことの方が長い目でみれば得策だろうという考えです。

思想臭政治臭も隠さないことにしました。

そもそも,思想臭や政治臭を感じさせないサービスって,波風を立てていないから気付かないだけで,よ〜く考えると気持ち悪いものだなと思います。世界社会について何も考えていないか,都合が悪くて隠しているということですから,突き詰めれば信頼性透明性に関わる問題に他なりません。

GAFA 等が社会的責任を厳しく問われる立場になってはじめてそれが露呈したと思います。便利技術を作ったらそれがどんどん社会的影響力を持ってしまったけど,その後は知らん,で済まされる時代はもうすぐ終わるでしょう。思想政治観の無いサービスはもう古い,という時代はすぐそこだと思っています。

デライトは,この技術でどのように世界を変えるのか,政治はどう変わらなければならないのか,考え抜いたことを全て開けっ広げにします。それこそ透明性であり,それで離れていく人がいるとすれば,その人に対する誠実さでもあると思います。あとはその思想がどこまで普遍性を持てるかの勝負になるでしょう。

何より,思想臭さ人間らしさです。もし私が目先利益を貪るだけの動物なら,万に一つも成功可能性はないと思っていたデライト開発18年もかけなかったでしょうし,何があろうとこれからの人生の全てを捧げようとも思わないでしょう。これは思想を持てる人間だけが出来ることです。

そう考えると,デライト最大の強みは,どこよりも強い思想に支えられていることかもしれません。

{小さく始めて大きく育てる}{希哲14年8月5日}{希哲14年8月5日のツイスト}{アルバイト}{成長性}{ブログ}{ツイスト}{限界}{10万円}{1億円}...=}(13)
{利益}

{}