{『希哲日記』}{デライト宣伝}{希哲14年10月の月記}{北極16丁目}{希哲14年10月29日}{あれこれ}{デライト収益化}{年内}{ぐっすり}{ゆっくり}...=}(19)

{希哲14年10月29日の日記 K#F85E/E74C-3BC6}

今日はあれこれ考えなければならないことがあった上に,また世話をすることになったため,久しぶりの休日ということにした。デライト宣伝だけは休むわけにもいかないのでだけしておいた。

昨晩は久しぶりにぐっすり眠り,今日は久しぶりにゆっくり過ごし,久しぶりに髪を切った

年内北極16丁目までのデライト収益化に向け英気を養うことが出来た。

=}
{開発}{『希哲日記』}{デライト}{デライト収益模体}{希哲14年7月の月記}{身軽さ}{超低経費}{超高効率経営}{超高効率運用}{希哲14年7月31日}...=}(44)

{希哲14年7月31日の日記 K#F85E/5B28-CC4D}

昨晩,やや眠りが浅かったため午前中半休にした。やはり週休1日最低でも必要なようだ。

いよいよ7月も終わり,デライト収益化本番8月に入るため,デライト収益模体についてよく考えた。正式離立に取り組み始めてからというもの,開発のことばかりで,経営についてまともに考える余裕が無かった。

そもそも,広告頼りで十分な収益化可能なのか,という問題も無くはない。どれだけ人気を集めても,売上があっても,利益が出せないサービスは多い。

それを可能にするは,希哲社超低経費超高効率経営であり,デライト超高効率運用だろう。これまでの工夫積み重ねで,損益分岐点極限まで下げることに成功している。ここまでの身軽さ世界の頂点を狙える競争力を兼ね備えている企業は他にない。

長年のデルン運用経験から,収益化に必要な程度の握接数は捌けることも分かっている。デライト収益化には十分な現実性がある。

最近寝る時間が遅くなっているため,この日は早く寝ようと思っていたが,こんなことを考えていたら結局また遅くなってしまった。

{眠り}

{}