{HTML}{進捗記録}{分かる}{見過ごしてしまった}{内部処理}{loading.html}{気付きかけた}{後方互換模動}{<iframe>}{<!DOCTYPE html>}...=}(57)

{希哲16年1月21日10歩 K#F85E/E74C-38B2}

進捗時限記録中略

領下手定め環境での開発者通類梱装がすっきりしたところで,<!DOCTYPE html> がなくて後方互換模動になっているという警告が出ていることに気付き,調査

結局FirefoxAutoPagerize AdvancedChromeAutoPagerize<iframe> 要素内に表示する HTMLDOCTYPE 宣言 が無いことによる問題だった。よく読めば拡張機能から出ている警告であることは分かるが,勘違い重なり気付くのに時間がかかった

まず,デライト出力するソースを見ると,以下のように不自然出力になっている。これは特に問題ではなかったが,ここでデライト出力に何か混入しているのかという勘違い発生した。

<!DOCTYPE html><html lang="ja-JP">

<head ...

ただ,試しにここを修正しても警告は消えないし,全知検索検索結果によって警告が出たり出なかったりする。ここで AutoPagerize Advanced問題かと気付きかけたところで,Chrome でも同じ警告が出ていることを確認。これで「拡張機能問題」という考えんでしまった。だいぶ前に Chrome にも AutoPagerize引装していたことを忘れていた

小一時間悩んだ挙句Firefox警告表示されている loading.htmlクリックしてみて正体分かった。これも一見内部処理関連っぽい名前なので見過ごしてしまった

何はともあれ,デライト問題がなくて安心した

=}
{Slackware 場当て}{止めた}{希哲10年8月26日}{feh 2.16.2}{希哲15年12月29日}{o}{kn opn}{使った}{備立}{時印}...=}(22)

{feh K#F85E/2510-25DC}

対応形式は Imlib2 に依存。3.7.2現在,WebP 動画GIF 動画には対応していない。

希哲15年12月29日kn opno画像ビューワーとして採用した。これまで使った記憶は無かったが,後日Slackware 場当て旧本台録2.16.2ソース展開してあるのを発見時印希哲10年8月26日。ただ,備立引装した形跡はないので途中止めたのかもしれない。

{引装}

{}