{希哲15年9月9日の開発}{多用する}{`mk`}{`fly`}{希哲15年9月9日の進捗時限}{希哲15年9月9日の進捗}{希哲15年9月9日}{考えてきた}{kn mk}{実用上の問題}...=}(29)

{希哲15年9月9日13歩 K#F85E/A-E74C-8F24}

知機駒手方針再検討終了

これまで,「知機模動」を用意する,_ 接頭子を使うなどで省割出来るようにすることを考えてきたが,どれも中途半端実用上の問題があるため,混同の恐れがない知機駒手に関しては kn を省ける省割提供することにした。

とりあえず,最も多用する kn mkkn fly対応した mkfly追加する。

=}
{一日一文}{役立っている}{分かりやすい例}{広がり過ぎる}{見込める}{希哲15年8月}{10日分}{十分な時間}{言語設計}{希哲15年7月10日}...=}(69)

{希哲15年7月10日の日記 K#F85E/A-E74C-8E47}

状況を整理した結果,今月デライト収益目標達成こだわらず,雑務片付け9月の達成を目指すことにした。

組計スケジュール調整したとはいえ,6月までの収益目標達成を確実視して来たため,今月は何かと皺寄せが多い月になっていた。

それでも,今月中に達成しなければジリ貧になる,というような状況であれば他のことは一切無視してでも目指すところだが,だんだん状況も変わってきて,今月を乗り切れば9月まではデライト開発十分な時間確保出来る見通しになった。それも,今月は全部で10日分程度の消費で済むので,無理をするような状況ではなくなった。

収益目標にはほど遠いが,来月は多少の収益見込めるようになったことも大きい。

今日までに何とか一段落させたいと思っていたデラング整備も,良くも悪くも広がり過ぎてまだ時間がかかりそうだ。全く予定になかった「キラキラ星記法」が分かりやすい例だ。

生活律動が乱れ,一日一文など日課等閑になってきているのも気になっていたため,ここでいったん落ち着いて,また着実に「行進」するようにやっていきたい。

結局,昨年11月13日に収益目標達成の期限とした11月1日に近付いているが,そこまでは十分「早期成功」と言えるだろう。


デラング整備によりデライト文書整備見通し大きく改善し,最近では Dex技法 への応用を考え始めたり,全知検索検索演算子設計実装も考えやすくなったり,「デライト」というサービス名称SEO 上の欠点を補えそうなことに気付いたり,発展著しい

考えてみると,νS知機駒手などで言語設計経験を積んでいたことが大いに役立っている。つまり,それだけの蓄積が無ければここまで出来ないということだ。

こんなこともあり,もう少し時間をかけて育ててもいいか,という気になっている。

{_kn how}{.show}{希哲13年3月26日のツイスト}{希哲13年3月26日}{ツイスト}{知機駒手}=}(6)
{希哲13年2月14日のツイスト}{希哲13年2月14日}{ツイスト}{知機駒手}=}(4)

{あれK#F85E/A-4686-BB36}

このあたりのあれこれも含めて,知機(knower)関連の一切の通類(ツール)を統括しているのが知機駒手(knower command)なので,先月これに時間を費したのはやはり正しかったな,と再確認しているところ。

=}
{台録}{希哲13年1月26日の開発}{SHu/}{Kom/}{KnoC}{知機駒手}=}(6)
{希哲13年1月23日}{希哲13年1月23日のツイスト}{ツイスト}{知機駒手}=}(4)
{希哲13年1月17日}{希哲13年1月17日のツイスト}{ツイスト}{知機駒手}=}(4)

{あれK#F85E/A-4686-7F1F}

ここ一週間ほど,知機駒手(knower command)という駒手(コマンド)の体系を整理している。デライト開発も含めて,知機の基盤的な技術になっているため,どうも避けて通れそうにないのだが,想像していた以上に蓄積が重く時間がかかる。

=}
{希哲13年1月15日}{検索渋滞}{虎哲*コマ}{知機駒手}{開発}{開発記録}=}(6)

{希哲13年1月15日の開発 K#F85E/A-4686-33DE}

ここ1週間ほどコマの整理に時間を奪われている。最初は1日で片付くかと思っていたが,仕様の整理や復習で意外と時間がかかる。デライト離立の主目的からすると不安ではあるが,確実に知駒の実装は進歩している。明日には片付けて,その恩恵を享受したい。

検索渋滞

現状のデルンGoogle などの検索演心に上手く対応出来ていない問題は以前から認識していたが,多少余裕が出来たこともあってこの問題の解決に本腰で取り組むことにした。デライトの収益化にあたっても重要になる。

とりあえず,この問題を「開発渋滞」から連想して「検索渋滞」と名付けた。

憐情記法

スクリプトを弄りながらミゼラブル記法の有効性を再発見した。いっそのことこれを「憐情記法」としてもいいかもしれない。

{知機駒手}
{}