{想像しやすくなった}{挟み方}{輪郭小窓実装}{伝えられる}{深層的}{限られた利素}{客層}{デライトらしい}{デライトならでは}{伝え方}...=}(105)

{希哲15年8月11日の日記 K#F85E/A-E74C-C1AF}

当面の作業目標定まり,ここ数日,晴れそう晴れなかったもやもやようやく晴れた

新生デライト開発では,開発効率に加えて収益目標達成に繋がる集客効果加味して作業優先順位を付けなければならない,というところまでは考えていたが,各付徴集客効果をどう見極めるかというところまで思考が及んでおらず,この先の作業の進め方はまだぼんやりしていた。

それなり休養思考時間を取ったにもかかわらず,いまいち調子が戻り切らないとここ数日感じていたが,気付いてみればこれが原因だったようだ。先月下旬から色々なことがあり過ぎ,疲労の蓄積のせいかなどと思っていたため,昨日から半休にしていた。

何気なく,このごろ個人知識管理サービス市場についての情報収集をしていないなと思い少し話題を拾ってみたところ,Notion の流行にも一服感があり,やはりまだこの手のアプリサービス用者には迷いがあると感じた。デライトは,その迷いを断てる明確強力根想を持つ唯一サービスだ。問題はその伝え方だろう。

ここまで考えて,デライトならではの,デライトらしい付徴優先させるという基準があることに気付いた他所にもある付徴取り揃えることは最終的新生デライト目指すところではあるが,その途上収益目標達成狙うのであれば,まずデライト真価を見せなければならない。これで一気優先順位が付けやすくなった。

集客といっても,デライト限られた利素を考えれば,重要なのは“客層”だ。その意味で今のデライトは恵まれている。これをどこまで拡大していけるかが問題だ。その点でも,表面的部分よりも深層的な部分でデライトを伝えられるようにしなくてはならない。

となれば,新生デライトの要件としてまとめた作業項目のうち,優先すべきは輪郭小窓デラング整備ということになる。換配確認機能実装まで輪郭選り手整備を進めたらいったんデラング整備に戻る,ということまでは決めていたため,その後は出来るだけ早く輪郭小窓実装着手15日までの一段落目指すことにした。その後はまたデラング整備に戻り,20日までにデラング文書整備を含めて一段落させることを目指す。

さらに,デライト開発における高速化文書整備機能整備はそれぞれ並列化同時進行させることにした。高速化は握接量に対する相対的なものでどこで十分ということはなく,文書整備もデラング文書整備のように機能整備と交差させながら進めた方が効率的だ。

これで,柔軟性を残しつつ当面作業見通しがだいぶ良くなり,デライト宣伝挟み方考えやすくなった。何より,「新生デライト開発途上での収益目標達成」が具体的想像しやすくなったということが大きい

12日振り返り日記

=}
{希哲15年8月11日のツイスト}{希哲15年8月11日}{メモサービス}{メモアプリ}{デライト}{トレンド}{ツイスト}{本質的}{性質上}{見極める}...=}(14)
{見せたくない}{判断を誤る}{危なかった}{考え出す}{Cμ の公開}{1日30分}{宣伝時間}{1日3時間}{頼らず}{おかしくない}...=}(98)

{希哲15年8月4日の日記 K#F85E/A-E74C-85D0}

新生デライト開発中の収益目標達成狙うことになり,第四次宣伝攻勢位置付け,引いてはデライト宣伝あり方について見直す必要を感じたため,今日は現状整理時間を費した

デライト高速化前の現状整理以来だが,この3ヶ月あまりの間にも数多くの出来事があり,ついこのあいだ脳爆発があったばかりなので,現在地よく分からなくなっていた。「新生デライト」というのも,そもそも何を意味していたのか忘れかけていた

第三次市場戦略以後,「新生デライト」は「理想的な完成度に達したデライト」に近い意味を持ってきた。その要件先月下旬まとまり,今月から「新生デライト開発」に入れるようになった。それも12ヶ月中の「完成」が視野に入っている。

意識の変化言葉の変化にも表れている。これまで「新生デライト宣言」という表現をよく使っていたが,これは明確な区切りのないものに「完成」の類を使うことに違和感を覚えていたことによる。「完成」が自然に使えるようになったのは,やはり要件がまとまり,新生デライト像明確になったからだ。

その完成を目指せるようになってはじめて,「新生デライト開発」という表現も出来るようになった。デライト開発新しい段階に入ったことは明らかだろう。

一方で,これまでの波状攻撃のようなデライト宣伝根底には,デライトの品質に対する不安があった。出来るだけ品質の高い状態で多くの人の目に触れるようにしたかった。逆に言えば,見せたくない状態が多々あった。それが今のデライトにも必要かというと,少なくとも明確な必要性感じていない

要するに,今のデライトはいつ誰に見せてもいいし,いつ飛当してもおかしくない。だとすれば,もう宣伝攻勢頼らずデライト宣伝日常的継続するべきかもしれない。具体的には,宣伝攻勢では1日3時間としていた宣伝時間1日30分にしてでも毎日する,といったことを考えた

いずれにせよ,新生デライトの完成まで宣伝待つことは出来ないので,新生デライト開発と宣伝は並行させざるをえない。並行させる以上,相乗効果を生むように作業優先順位などを調整していくことになる。

第四次宣伝攻勢をするかどうかは,結論を急ぐことでもないので保留とした。


からしばらくは良い調子だったが,昨年からのデライト開発駆け足振り返りCμ の公開まで考え出してしまったせいで,久しぶり分かりやすい脳疲労症状が出た夕食後には復調した)

しかし,ここで意識正しく更新出来て良かった。ぼんやりした意識のまま突き進んでいたら何かしら判断を誤っただろうし,危なかった

=}
{希哲15年8月2日の開発}{直接参照}{複数人}{未公開状態}{公開設定機能}{二人だけ}{サービス内共有}{二人共有}{非共有}{仲間だけ}...=}(44)

{希哲15年8月2日13歩 K#F85E/A-E74C-CDFE}

公開設定機能公開範囲設定機能についての検討終了

だいぶ全体像明確になってきたので,ここから「公開範囲設定」を単に「公開設定」と呼ぶことにした。

また,未公開状態複数人閲覧可能にすることを「輪郭情報の)共有」と呼ぶことにした。

概念としては概ね以下の形でまとまった。これに直接参照許可するかどうかの応付を付ければ,実用上必要公開設定網羅出来るだろう。

公開設定は,前景輪から引き継ぐか,前景輪が無ければ最後の設定を引き継ぐようにする。

未公開」か「非公開」かは免責事項問題なので,機能設計としてほぼ完成か。

=}
{〜に}{明確}=}(2)
{新生デライトの要件}{新生デライト}{大きな付徴}{許容範囲}{追加検討}{検討開始}{暗証語再発行機能}{公開範囲設定機能の試験的導入}{希哲15年7月24日}{大きな問題}...=}(46)

{希哲15年7月24日の開発 K#F85E/A-E74C-75D9}

新生デライトの要件追加検討

公開範囲設定機能の試験的導入

公開範囲設定機能の試験的導入検討開始

本来,デライト収益目標達成後付徴としていたが,デライト開発がとっくにその水準を越えていることもあり,新生デライト盛り込むことが考えられるようになってきた。

描出公開原則維持したまま,利用規約免責事項明確にしておけば大きな問題はないだろう。

暗証語再発行機能検討

公開範囲設定機能と同時に,メールアドレス利用した一般的な暗証語再発行機能導入視野に入ってきた。

メールアドレスを保存せずに再発行出来る仕組みを模索していたが,やはり単純性安全性両立させるのが難しい

公開範囲設定機能実現出来るならメールアドレス保存くらいは許容範囲だろう。

暗証語忘れ対策は大きなデライトの課題だったが,ようやく解決糸口が掴めそうだ。

デライトの ActivityPub 対応

残る大きな付徴として,デライトの ActivityPub 対応についても検討

こちらはほとんど費用対効果問題であるため,最後に回し,その時点での高速化保守性次第で決めることにした。

{希哲15年7月の一日一文}{一日一文}{隠している}{黙っている}{社会のあり方}{SNS の中立性}{独立国家}{平和的}{独立表明}{反知性}...=}(123)

{私の政治思想 K#F85E/A-E74C-6D9C}

先日の一日一文日本はどう逆転するか」では,あまりにも長くなり過ぎたため最後の見出しを削った。なかなか理解しにくいであろう私自身の政治思想についての余談だ。

大きな個人主義

面白いことに,私は昔から「極右」の類ではないかと誤解されることが,どちらかというと多い。これは先の文章のように,日本極大国ハイパーパワーにしようなどとずっと言ってきたからだろう。

しかし,そんなことを一人で勝手に語っているのだから,私自身は個人主義者以外の何者でもない。私がイメージする国家というのは,昔のヒップホッパーが肩に担いでいた巨大ラジカセみたいなものだ。国家従属したり逃避したりする「小さな個人主義」ではなく,国家を担いで鼻歌交じり世界を歩いてしまうような個人主義を「大きな個人主義」と私は呼ぶ。

私が日本という国家重視しているのは,それが世界を変える有効な手段だと感じているからだ。

日本知識産業革命を起こし,日本が極大国になれば,かつてのイギリスがそうであったように,世界中の国々にその技術文化を伝えることが出来る。実際,平成バブル期までの日本は,世界の経営学大きな影響を与え,「日本に学べ」という風潮を作った。

成功」さえすれば,世界の注目を集めることが出来,世界変革主導することが出来る。希哲館事業におけるジパング計画は,その最初の段階というわけだ。

希哲館目的は,まず「希哲日本」という成功模体モデルを創り上げ,その後は国際連合に代わる国際機関として「希哲」の理念に基く新国際秩序形成することにある。知性反知性分断乗り越え万人による繁栄平和共有出来る世界だ。

私は一人で「希哲紀元」という独自の紀年法を使っているが,これはキリスト教西暦でもなく,天皇元号でもないという,端的な独立表明でもある。中立性のために必要であれば,平和的合法的バチカン市国のような小さな独立国家を持つ計画まで準備している。

宇田川主義

ここまで視野を拡げれば,私の政治思想左翼だの右翼だの,リベラルだの保守だのといった既成概念の域をはるかに越えたものであることが分かるだろう。

私の政治思想は,「宇田川主義」としか言いようがないほど独自的で,それゆえに常に孤立しており,結果的に誰よりも中立を保っている。ノンポリというわけでもなく,波風を立てないために黙っているわけでもなく,日和見でもない,言動は明らかでありながら,あまりにも独特であるがゆえに中立なのだ。

この類稀中立性は,デライトのようなサービス運営するにあたっても重要だと感じている。

先の米大統領選挙を巡っても SNS の中立性疑問が呈されたが,ほぼ全てのサービス提供事業者は,こうした点において明確解決策を持っていない。政治について語らない,だけで中立を装える時代はとっくに終わったというのに。

特にデライトのような高機能メモサービスは「」を扱うものだ。そのサービスの開発者運営者が,政治,つまり社会のあり方について何の見解も持っていないということがあっていいだろうか?持っていて黙っている隠しているのは信頼に足る態度だろうか?

この行き詰まり明解解答を出せる世界で唯一サービス,それがデライトだ。ばりばりに語っているのに,ここまで“中立”な政治思想は世界を見渡してもまずない。私が政治を語ることを全く恐れない理由だ。ある種の「オープンソース」とも言えるかもしれない。

また長くなり過ぎないようにほどほどにして,この宇田川主義の全体像成り立ちについては,また後日書いてみたいと思う。

{明確}
{}