{デライト}{落として}{良い区切り}{果すべき}{不完全さ}{気もしている}{陥りつつある}{整理しやすくなった}{詰め込まない}{固まりつつある}...=}(72)

{希哲16年4月20日の日記 K#F85E/E74C-060F}

だんだん調子が上がってきた

時間的余裕のあった3日時点ではぼんやりしていたが,ここに来て第四次宣伝攻勢具体的なイメージ固まりつつある

新生デライトの完成6月目標にしているため,いずれにせよ不完全状態での第四次宣伝攻勢開始となる。機能追加に関してはある程度割り切り,開発組計予告しつつ同時進行させればいいとして,高速化文書整備はやはり十分に進めておく必要がある

高速化兼ねた Cμ 文字列処理改良までは予定通り進め高速化KNEST 隠し実装文書整備という順序行くことにした。余裕があれば描写渡括輪郭小窓公開設定機能といった機能整備着手したいが,そこはあくまでも加点要素として,無理に詰め込まない

第四次宣伝攻勢最初に果すべき目的は,完璧なデライト十分なデライト見せることではなく,デライトの可能性見せることだ。宣伝攻勢終わりについては決めていなかったが,そう考えると,新生デライトの完成良い区切りになるのかもしれない。その後は,ペース落として日常化か。

新生デライトの完成目指せるようになり当努整理しやすくなった面も大きいが,また悪しき完璧主義陥りつつある気もしている。もう少し不完全さ寛容にならないと無駄に疲弊するので,良い意味気楽に行く

{デライト}{希哲館事業}{デラング}{『希哲日記』}{希哲16年2月22日}{照らし出される}{強くなっている}{引き出されていく}{ここまで来た}{段階的に}...=}(61)

{希哲16年2月22日の日記 K#F85E/E74C-DF75}

{進捗記録}{希哲16年2月15日10歩}{検討を続ける}{閉じタグ}{区切り記号}{スペース区切り}{希哲16年2月15日の開発}{希哲16年2月15日の進捗}{希哲16年2月15日の進捗時限}{希哲16年2月15日}...=}(40)

{希哲16年2月15日12歩 K#F85E/E74C-3C2C}

進捗時限記録中略

10歩検討関連して,タグ記法略記法前景色背景色をどう書き分けるかについて少し検討して終了

廃案となった色記法では,順序はともかく)%%black white%% のようにスペース区切りがいいかと思っていたが,これだとどちらか一方だけを指定したい時に困る。どちらを省略したか分かりやすい区切り記号欲しい

<{black:white}> では直感的にどちらがどちらだか分かりにくい。単純に一つだけ指定した場合は前景色にしたいことを考えると,<{前景色/背景色}> がいいかもしれない(ただ,後で考えると閉じタグ記号紛らわしいか)

<{前景色<背景色}> のように <> を使えれば関係性分かりやす順序にも自由度持たせられるが,そもそもタグ記法で使う記号なので美しくはない

もう少し検討を続ける

=}
{進捗記録}{希哲16年2月18日の開発}{あれ}{文章の流れ}{左右矢印}{下矢印}{上矢印}{使うべきではない}{右矢印}{使われない}...=}(171)

{希哲16年2月18日13歩 K#F85E/E74C-E223}

進捗時限記録中略

前後記法」として検討していた記法を「前次記法」に改め仕様再検討して終了

<- 前 | 次 ->

<- 前
次 ->

<- 前のみ

次のみ ->

以上のように,<- 前 | 次 ->基本形とし,改行区切り<- 前次 -> のみでの記述可能にすることにした。


デルンにあった類似機能から,「時間(時印)的な前後関係」を表現する記法として「前後記法」と呼んでいたが,文書では新旧にかかわらず読ませたい順序指定出来る方が便利なので,より汎用的な前次記法」と位置付け直した

新旧表すのに「」や「」というのはよく考えるおかしいという意見もあり,私も何か良い代替表現はないかと考えていたが,慣用表現として定着しているのでこれは仕方ない前ページ次ページというように,左開きページめくっていく感覚なのだろう左開き右開き書字方向との相性問題なので,ウェブになることが多いのは一応合理的ではある)


前回の検討では,以下のように書いていた

前 <|> 後
前 <|
|> 後

これは他記法区別しやすく簡潔ではあるが,見本はともかく少し長い文字列が入ると記号埋もれがち直感的とも言い難い視認性考えると,行頭行末分かりやすい記号があってほしい。

また,<|>タグ記法使う予定</>紛らわしい|始まる長い文字列があると,初心者には表組み記法誤認される恐れもある。


他記法との区別しやすさ簡潔性直感性などを総合的に考慮した結果最も素直な記法であろう <- 前 | 次 ->落ち着きつつある

雑多な考慮点列挙しておく。

=}
{新生デライト}{デライト開発}{第四次宣伝攻勢}{『希哲日記』}{新生デライト開発}{新生デライトの要件}{すっと}{肩の力が抜けた}{作業の合間}{付徴追加}...=}(68)

{希哲15年8月3日の日記 K#F85E/E74C-70F9}

今日の開発では仕様検討実作業ともによく捗ったが,夕方頃まで気分もやもやしていた。

ここ数日,新生デライト像完成に近付くにつれ気分重苦しくなり,悪い意味緊張がほぐれない感じていた生活律動矯正停滞にも表れているが,今日は全知検索仕様検討が進んだことでそれが限界に達したようだった。

新生デライトの要件仕様まとまってきたことは当然ながらデライト開発にとって大きな進歩だ。死角がなくなり,手戻り最小化しやすく,連鎖的課題解消狙いやすくなる全体最適化間違いなく進んでいる。しかし,なぜか単純喜べなかった

新生デライト開発長期化することで,収益目標達成困難になるような想定更新出来ていなかったからだと,よく考えてみて気付いた

直近想定では,8月中に出来るだけ早く新生デライトを概ね完成させ,第四次宣伝攻勢を始め,9月中頃の収益目標達成目論んでいた。新生デライトの要件長大化し続けたことでこれが極めて厳しい目標になっていた。

昨日の日記にも近いことを書いているが,もはやこの順序こだわるべきではないのだろう。今となっては,付徴追加報告ツイストなど,作業の合間に出来る時間対効果の高いデライト宣伝8月中の収益目標達成9月中頃に新生デライト完成,という方がよほど現実的に思える。視点を変えてみれば,むしろ収益目標達成近付いている

これに気付いてから,すっと肩の力が抜けた

{順序}

{}