{進捗記録}{表示させたい}{大分類}{最初から}{記法的}{強調度}{希哲16年1月26日の進捗時限}{希哲16年1月26日の進捗}{希哲16年1月26日}{注意記法}...=}(42)

{希哲16年1月26日18歩 K#F85E/A-E74C-5EC9}

補足記法注意記法拡張性について検討して終了

この手の記法最初から役割細分化し過ぎると気軽に使いにく応用が効かず,記法的統一感もなくなりがちであるため,大分類として補足注意に分け,強調度任意ラベル指定出来るように設計している。

ただ,将来的に役割応じてアイコン表示させたいといった要求が出てくる可能性もあり,その拡張性確保しておきたい。

とりあえずアイコンを指定する記法考えておくことにした。それと例えば !! 注意 -- のように所定ラベルを同時に指定した時に注意書き用のアイコン表示する,といった拡張考えられる

=}
{向いている}{あれ}{希哲15年9月5日}{希哲15年9月5日のツイスト}{自動保存}{メモサービス}{ツイスト}{中途半端}{無意識}{成否}...=}(17)
{開発}{開発記録}{握接不能}{KNEST 認証不具合修正}{希哲15年4月22日}{KNEST 認証}{不具合修正}{本番環境}{手定め環境}{猛省}...=}(21)

{希哲15年4月22日の開発 K#F85E/A-E74C-D6A8}

主に不具合修正

特に KNEST 認証不具合修正重要だった。明らかな問題は潰したが,報告の不具合が解消したかどうかは不明

同様の現象手定め環境でたまに発生することを認識していたが,本番環境での発生可能性は低いとみて放置していた。折角の利用者握接不能になっていたのだから猛省している。

これを機に,KNEST 認証の流れを一通り確認した。潰した問題以外に大きな問題が見つからなかったため,しばらく注意しながら様子見することにした。

{HTML}{進捗記録}{`<kbd>`}{通注}{希哲15年3月5日の開発}{希哲15年3月5日の進捗時限}{希哲15年3月5日の進捗}{希哲15年3月5日}{@tip}{四辺}...=}(21)

{希哲15年3月5日5歩 K#F85E/A-E74C-1ACF}

通注 @tipHTML を使えるようにし,「[Ctrl] + ダブルクリック / [Enter] で描き出す」などと表示していたのを kbd 要素 で「Ctrl + ダブルクリック / Enter で描き出す」とした。

ただ,通注では一箇所でも 2px 以上のがあると無駄に注意を奪われるため,四辺 1px装体にし,文字の太さも標準にした。

ちょっとしたことだが直感的に読みやすくなり,少しお洒落な感じにもなったので満足した。

=}(1){所感}
{注意}

{}