{デライト開発}{デラング}{進捗記録}{デラング 0.03}{デラング 0.04}{デラング 0.05}{デラング 0.02}{希哲16年2月23日の開発}{希哲16年2月23日の進捗}{旧版号}...=}(90)

{希哲16年2月23日12歩 K#F85E/E74C-BD5C}

進捗時限記録中略

デラングの版存に関する昨日の検討続き終了

今のところ,デラングの版存最新定義は以下のようになっている希哲15年5月15日の開発

0.01
DIL 0.1別名
0.02
DIL 0.2別名
0.03
現行版

この定義実装基準行ったもので,その後の劇的な実装変化に全く追い付かず更新していないそもそもサービス中心に開発されている性質上仕様実装一致させないことも場合によって必要になり,区切り難しい

最新のデラングの位置付け考えても仕様と実装を分離し,デラングの版存仕様基準決めるべきだろう。それへの追随度Dex の版存決める

0.03決定当時仕様をもって再定義するとして,現在のデラング整備一段落したところで 0.04まとめ,その次の 0.05破壊的変更まとめることにした。この「破壊的変更」は,主にキーボード記法ウィキ互換輪結記法への転用想定している。

Dex の版存は,現行版形式的に Dex 0.01 としておき,次でデラング歩調を合わせ Dex 0.04 とすることにした。


ずっと忘れていたが,今回検討で「デラング 0.001」を描出していたことに気付いた。以下のような記述残っている

希哲13年7月27日,これまでの DIL との互換性を保った形で整理を進めることにした。

新規描出日時デライト開発着手したばかりの希哲13年2月26日同年7月27日というとデライト正式離立向けて大忙しだった時期で,すぐ忘れたのだろう。

実質的に 0.03 ということになるはずなので,ここで 0.03旧版号再定義することにした。

=}
{希哲館事業}{デラング}{進捗記録}{希哲16年2月22日}{希哲16年2月22日の開発}{希哲16年2月22日の進捗}{担わせる}{4ja}{有名無実化}{意識しない}...=}(159)

{希哲16年2月22日9歩 K#F85E/E74C-BABF}

進捗時限記録中略

kitetu.comサブドメイン設計についての検討終了

今後デラングのように独立して参照出来るべき献典には積極的にサブドメイン与えていくことにした(例:dlng.kitetu.com


デラング的転回同時にデラング文書dlng.kitetu.com与えることを決めたが,これを機に知番SLFS 等々の公式文書にもサブドメイン与えることを考え始めた

これまでサブドメイン追加には消極的で,例えば技術系献典tech.kitetu.com集約することを考えていた。ただ,この手の URL 設計は,運営者にとっても閲覧者にとっても直感的でなく情報過多になりやすい上,階層的な整理難しいことも多々あり,変更に弱く参照可能性の低い URL が出来がちであるという問題があった。

こういう場合対策として,経験上最短原則」が最善であることは分かっていて,最近駒手にせよ各種識別子にせよ知名最短知名原則にせよ最短化する流れにある。サブドメインについてもこれに従うことにした。希哲館事業要素全て kitetu.com階層下にある,ということだけは確かだ。もちろん,これとは別に,階層的な情報源もあった方がいいので,そこは tech.kitetu.com などに担わせる

献典ドメインとしての独立性統一感同時に持たせられるのだから,むしろ,ここからがドメイン名統一本領発揮になりそうだ。

2文字サブドメイン問題解決

サブドメイン活用していく上で,一つ,「2文字サブドメイン問題」とでもいうべき問題があった

例えば,サブドメイン与えるなら cu.kitetu.com とするのが自然だが,CUキューバ国家符号だ。

ドメイン名統一によって ccTLD使わなくなっているため,将来的に地域別ドメイン欲しくなった時にはサブドメイン使うことになる。2文字サブドメイン使用避けるべきかもしれない,と考えていたキット*メーネmn.kitetu.comモンゴルMN被っているのが少し気になってはいた

ただ,その懸念も「もやもや」の域を出ていなかった明らかに紛らわしいサブドメイン最初から使わないので,被るとしたら普段意識しないようなものだ。被ったとして,ドメインハックccTLD有名無実化している今,そこまで神経質になることでもないだろう。そんなことのために,わざわざ不自然な表現もしたくない。とはいえ,サブドメイン選択肢多い越したことはない

そこで,国家符号表す何らかの接子導入考えたFacebook のように,ja-jp言語符号付きを基本として,言語符号がいらない場合は x-jp のように表記出来るようにするかとも考えたが,少し野暮ったい

最終的に4 接頭子導入する方向検討進めることにした。例えば,キューバ向けのドメイン4cu.kitetu.com として cu.kitetu.com区別出来るようにする。衝突しなければ 4 接頭子省略してもいいし,4ja のように言語符号に代えられてもいいだろう。4ja-jp のような表現が出来てもいい。これなら十分な簡潔性柔軟性兼ねられる

例えば 4jp.kitetu.com なら www.kitetu.com変わらない標準的な長さだし,むしろお洒落感すらあるので,これで統一して,4 接頭子無しは転送用にしてもいいくらいかもしれない。

いまのところ地域別ドメイン必要は感じておらず,将来的に必要になるかもしれない,という程度の問題なので,細かいこと追い追い決めるとりあえず理論上すっきりしたので良かった

=}
{}{進捗記録}{希哲16年1月27日13歩}{漢字一字}{見越した}{訳されている}{伝わりにくい}{意味が狭い}{新たに}{使いやすそう}...=}(106)

{希哲16年1月26日17歩 K#F85E/E74C-79F5}

進捗時限記録中略前後

長いこと決めかねていたソースsource暫定訳語として「素出そしゅつ」を採用することを検討決定して終了

希哲8年12月13日には「素成そせい」という訳語描き出していたが,なんとなく使いにくく,ほとんど使わなかった

ただ,このから,どの道」で始まる訳語になるだろうということは確信していたため,「素交ソース コードや「素譜ソース ファイルという略語の形では比較的よく使っていた。このように,他の訳語組み合わせ略した時などに分かりやすい利点大きかった。「オリジナル」の区別しにくい原〜」などと差別化しやすく,音写性申し分ない

素出」は希哲12年2月27日描き出していた案だが,これらの略語間に合うことが多かったこともあり,採用にはいたっていなかった。最近デラング整備の中で単純にソース対応する訳語欲しい思うことが多くなっていたので再検討してみることにした。

素泉」「素種」「素資」等々のもあったが,どれも一見して意味掴みにくい新たに素書」という案を考えてみたが,これも若干意味が狭い。それに比べると,「素出」は平たくソース全体訳語として使いやすそうだ。

素出」で特に問題なさそうだが,まずは暫定訳語として使ってみて,上等訳語とするかどうか決めることにした。


ついでに,「オープンソース」のオープンをどう訳すかも考えた。「大触れ」というもあったが,伝わりにくいだろう。

平たく表現するなら,「公開」は誤解の余地が大きいので「開放」しかなそうだ。あまり使わなかったが,希哲14年1月頃,「開素」をオープンソース暫定訳語としたことを思い出した。これも「」で始まるソース訳語見越したもので,やはりオープン漢字一字表すなら「」以外ないだろうと考えていた

答え合わせ感覚中国語での調べてみると,やはり〈开放〉訳されている

とりあえず,オープンソースは「開放素出」とし,「開素」はその省略形位置付け直すことにした。

{『希哲日記』}{体調記録}{分かる}{書く}{同じ記述}{具体的なこと}{把握しにくい}{取り戻せた}{大きな追い風}{得ている}...=}(113)

{希哲15年11月5日の日記 K#F85E/E74C-B4DC}

今日も顔色気分ともにすこぶる良かったが,夕方近くまで作業集中出来なかった昨日から続いている不思議な感覚正体掴めず不安感じ始めた頃,身体感度の鋭敏化が見られたことから第三次黄金状態の回復自覚した。そうと分かったところで,焦らずじっくり調子を整えることにした。

6月7日にも似たことがあった。当時もやはり多少のゆとりが出来て生活律動矯正を続ける中,数日前から思考散漫になっていた。このあたりは何か法則性見出せそうだ。

7月に入った頃から生活律動乱れ始め,そのまま8月12日には律動的集中生活に入ってしまったが,それまでに生活律動進捗極めて高い水準両立出来るという経験得ている。当時よりずっとゆとりのある今ここで第三次黄金状態取り戻せたのは,「もう一つの金風」と言っていいほど大きな追い風だ。

これまでの経験からすると,やはり第三次黄金状態には規則正しい生活必要なのかもしれない。生活律動崩れている状態冷静認識するのが難しいということもある。

第三次黄金状態への移行はっきり分かるが,失ったことは麻痺に近い慣れもあり自覚把握しにくい明らかに調子が悪いという日はで,落ちても第一次黄金状態程度に調子が良いことが多い。これは前回の回復から課題感じていたため,「自覚があること」を定義加えることも考えたが,定義整理時間がかかりそうなので見送っていた

これに関しては,定義よりも記録仕方見直すことにした。これまで30日間観察をもって日常化とし,以後は異常自覚が無ければ特筆してこなかった。今後は毎日,「第三次黄金状態」などの状態名具体的なこと体調記録書いていくことにした。同じ記述繰り返しでも,「特に異常無し」よりは具体的な方がマシだろう。こうすれば状態をどう自覚しているかは記録に残せる

日記形式化したくないので何を書く厳密に決めはしないが,出来るだけ一日感想詳しく書いておくことにした。

ここからは,黄金生活をどこまで持続出来るかだ。そのままデライト収益乗軌化繋げられれば,まさに知の黄金郷ジパング樹立となる。

{決める}

{}