{俗っぽさ}{堅苦しさ}{かといって}{弱過ぎる}{興味を抱かせる}{フォーム全体}{表現出来ていない}{デライト扉の様子・ログイン}{超かんたん無料登録}{円滑に}...=}(51)

{希哲16年4月9日の開発 K#F85E/A-E74C-CAE0}

{出力する}{漠然と}{こまごまとした問題}{キーボード操作}{簡潔な表現}{ダブルクリック操作}{意味が分かりにくかった}{誘導効果}{見えやすくなった}{戻り方}...=}(99)

{希哲16年3月31日の開発 K#F85E/A-E74C-FB1F}

こまごまとした問題片付けた


就寝前閲覧専用模動に関して閃きがあり,また脳爆発始まってしまった

漠然と中景部角丸周辺ボタンとして使えそうだとは思っていたが,これで吹き描き長方形にして前後景部し,さらに中景輪符波括弧角括弧変えれば吹き描き意味ともデラングとも調和する詳細はまだ練る必要があるが,かなりの有力案になりそうだ。

{HTML}{駒手記法}{進捗記録}{あれ}{希哲16年2月20日13歩}{神秘的な}{別に}{実装した}{付けた}{階層区切り}...=}(248)

{希哲16年2月15日24歩 K#F85E/A-E74C-1EF9}

進捗時限記録中略

不意に閃いた階層区切り線」についての方針まとめて終了

従来の見出し未満区切り線記法に,見出し階層越えられる階層区切り線」を加える。以下のように,唯一通常の区切り線区別出来る見出し記号 #全角 使う

* 第1階層
** 第2階層

#========================#

第1階層段落。

#------------------------#

第2階層段落。

#- - - - - - - - - - - - #

第3階層段落。

#. . . . . . . . . . . . #

第4階層段落。

##

第1階層段落(# の数でも調整出来る)。

持ち辺モチベーション

従来の区切り線記法は,HTML において対応する <hr>性質上見出し未満区切りにしか使えなかった

見出し階層作った後で描写全体に対するフッター的なものを書こうとする第1階層見出し作る必要があるが,しばしば大袈裟感じられることがある。

検討過程

空見出し」の挫折

今回検討当初は,「空見出し」という概念主に考えていた区切り線長さ任意であるべきなので,どうっても自然な形階層調整出来そうになかった。その点,見出し内容出来れば手っ取り早い

しかし,等号星号区切り線使う予定なので,== のように第2階層以降で内容空にする衝突することになる。

区切り線の方を見直しても,--区切り線なら == はやはり二重区切り線であってほしい。直感性下線形見出しとの整合性考えるとこれは捨て難い星号による区切り線はそれに比べればまだ転用余地があったが,その代わり *使う Markdown の区切り線記法との互換性損われる

そもそも,「空見出し」という概念にも無理がある文字を書くから見出しなのだし,実質的に区切り線なのだから,直感的とは言い難い

階層区切り線」の閃き

ここで,唯一区切り線記法被らない見出し記号である番号記号思い出した

番号記号による見出しは,ハッシュタグ駒手記法との衝突避けつつ atx 式見出しある程度互換性持たせるため,## のように2個以上条件対応していた個人的に好きな記法ではなかったこともあり,おまけのような扱いで,ここまで気付かなかった

すでに「空見出し」に感じていて,区切り線記法での対応立ち返っていたことで,この ##特殊な区切り線みなせる特徴持っていることに気付いた記号2個以上繰り返す区切り線見える記法で,実際普文枠線的な装飾使われることが多い記号でもある。

特に,区切り線記法としての統一感直感性保てる2個第1階層表せるということは決定的に重要な点で,見出し記号個数階層関係一致しないとどうしてもちぐはぐ見えてしまう。これは,衝突回避したとしても等号星号では解決出来ない問題だ。区切り線記号としての最短形見出し記号としての第1階層対応しうる唯一記号番号記号だった。

ただし,通常の区切り線記号異なり,個数階層対応するため,普文装飾兼ねられないという問題があった。上位階層区切り線普文上で目立つように書けない

これは,最新の区切り線記法下線形見出し記法検討9日17歩19歩踏まえ見出し階層対応する4種区切り線組み合わせる解決することにした。つまり,第1階層から順に最短形#==##--##- -##. .# というように区切り線組み合わせることが出来るようにする。これがまた都合が良いことに,よくある装飾見える

9日15歩以後,見出し下線区切り線長さ区別出来るようになっているため,区切り線装体にはある程度多様性持たせ問題ない一方見出し下線階層表す装体になっているため,一定制限必要になる。この点でもぴったり噛み合った

別に2個以上良いだろうと実装した区切り線記法おまけ感覚付けた番号記号による見出し記法最近の拡張方針……何気ない全てパズル要素だったかのように思える神秘的な閃きだった。

番号記号見出し仕様厳密化

この階層区切り線考案に,番号記号による見出し常に2個最上位階層とすることにした。つまり,*=##始まる見出しはともに最上位階層表す

これまで異なる見出し記号併用することは特に想定しておらず,実際使われていないはずなので,記号個数単純に計算していた。見出し階層相対的な個数決まるため,*始まる見出しがあると ##第2階層になる。これは階層区切り線整合しない。

特に仕様として決めていたことではないため,ここで厳密化することにした。

実装上の課題

仕様完璧思えるが,実装上の課題残った

HTMLCSS機能的には,可接性ちつつ見出し要素隠すことは造作もないが,SEO 上の懸念多少ある。今の検索演心評価理積みはそこまで単純ではないだろうが,伝統的に見出し要素隠すべきではないとされてきただけに,どこまで不利になるか分からない出来るだけ行儀の良い実装方法見つけたい

そもそも見出し要素にしてはいけないのか,<section> あたりを使って上手く誤魔化せないか,など色々考えてみたが,どれも多かれ少なかれ怪しさ残る

見出しの無い階層区切りというのは HTML想定外だったのだろう。

{HTML}{デラング}{進捗記録}{含まれる}{第三次デライト市場戦略}{第二次デライト市場戦略}{廃止}{越えて}{デライト市場戦略}{Markdown}...=}(187)

{希哲16年1月29日9歩 K#F85E/A-E74C-CC5B}

進捗時限記録中略

デライト市場戦略についての検討終了

デラングによる「対 Markdown 戦略」を市場戦略一環として加えることにした。昨日こんなツイスト書いてみて,デラングデライト市場戦略の中で大きな役割担えることを確信した

デライト市場戦略これまで

デライト市場戦略は,まず対 Roam Research 戦略中核としたところから始まり第二次市場戦略以後は対 Notion 戦略一環位置付けていた。要は,旧来個人知識管理通類限界越えようとするこれらのサービス流行利用して,最も根源的に個人知識管理革新目指すデライト売り込む,という目論見だった。

しかし,英語圏での事情多少異なるようだが,少なくとも日本ではどちらもそこまで大きなうねりにはなっていない。一番勢いのある Notion ですら,まだ「一部界隈の流行」の域を出ていない個人知識管理サービス市場も,全体としてそこまで拡大しているようには見えない

結局のところ,デライト必要になるというのは「既存の個人知識管理通類限界を感じている人」なわけで,その広がってくれることがデライトにとって一番の追い風だ。その当てが外れた格好になっていた。

個人知識管理サービス市場への苛立ち

第二次市場戦略以後は,こうした外部環境への依存から脱却しているので致命的な問題にはならなかったものの,個人知識管理サービス市場の拡大遅さに対する苛立ちというのは常にあった。

個人知識管理サービス」という枠組みこだわるべきではないのかもしれない,とも考えた

極端な話デライトを「ゲーム」として売り込むのはどうかと考えたことすらある。「マインドクラフト」という言葉造ったこともあるが,テキストによる箱庭ゲームと言えなくもないし,ゲームなら独自用語の多さも独特な世界観演出になる。

そこまで行かなくとも,KNS なのだから SNS 方面に売り込むかなどとも考えたが,結局,根想からこれまで練り上げてきたものを考えると,そう簡単な話ではない。中途半端あれこれやればますますややこしいものになってしまう。

個人知識管理サービス市場狭さ越えて

最近デラング整備急速な進展により,他の軽標記言語との比較研究も進む中で,Markdown想像以上に様々な分野浸透していることに気付いた

個人知識管理サービスでいえば,EvernoteNotionRoam Research と,これまでデライト意識することの多かったサービスはほぼ Markdown 対応であり,別種のサービス選り手などへの広がり非常に大きい。つまり,比較対象として,より幅広い関心集められる

これこそ,常々感じていた個人知識管理サービス市場狭さ」を越えていく道筋ではないかと思うようになった。

市場戦略としてのデラング

デラングはもともと「DIL」と呼んでいたデルン最初期から独立した言語だった。というのも,デルン初期実装では今でいう描写に使う言語選択式であり,プルダウンメニューから txtHTML などとともに DIL選択出来る,という設計だった。

ただ,長い描出経験の中でほぼ必要なかったので,単純化志向するデライト中心移行する過程でこの選択方式廃止となった。

この時点で,デラングにも岐路があった。単なる「デライト記法」の内部名称となるか,軽標記言語としてあえて主張するかだ。後者を取ったのは,「デラング」を正式名称として採用することにした昨年3月3日4歩のことだった。

デライト記法」,あるいは当時考えていた描写記法」とすると閉鎖的恣意的なものという印象を与えてしまうが,「デラング」という言語とすることで外向き体系的印象を与える。もちろん,当時から Markdown意識してはいたが,そこまで大きな位置付けではなかった。やはり,デラング整備進展とともに認識深まった感がある

それこそ,デラングMarkdown のように注目を集めるようになったら,デライト多大な利益がもたらされることは考えるまでもない知能増幅サービスとしてのデライト自体よりも,軽標記言語としてのデラングの方がはるかにその役割理解しやすいことを考えれば,そこまで非現実的でもないし,その技術手応え十二分にある。

まだデラング中心の「第四次デライト市場戦略」にすべきというほどの確信があるわけではなく,デラング整備新生デライト開発含まれるので,第三次デライト市場戦略有力武器加わったというところか。

{進捗記録}{文字装飾記法}{`<small>`}{置き換えられる}{補足部区}{注意部区}{一段階目}{希哲16年1月24日4歩}{強調度}{注意記法}...=}(73)

{希哲16年1月24日16歩 K#F85E/A-E74C-1FEF}

注意記法補足記法についての再検討終了

4歩を以下のように修正した。強調度に応じて三段階となる補足記法同様

!--
小さな注意書き
--

!!--
通常の注意書き
--

!!!--
重要な注意書き
--

装体は,23日2歩下敷きに,境界線背景色無しで font-size: 0.8em 程度にした小書きのものを加える。この場合,一段階目注意部区補足部区装体的に区別出来なくなるが,そもそも小さな注意書き補足違い曖昧なものなので自然といえば自然だ。


そもそも注意書き目立つように書かれるものばかりではない,というところに引っかかっていた

二段階三段階かは迷ったが,二段階にして後から追加出来なくなるよりは,三段階にして一段階目無用の長物になる後悔の方が小さい


当初,記号の数で「重要度」を表すことにしていたが,内容重要性装体目立たせ方は必ずしも一致しないので,「強調度」程度の意味合いにしておくべきかもしれない。


ダッシュ記法への応用考えた

例えばデラング文書では,目次項目末尾<small>----輪郭記法</small> などと書いているが,これを ?----輪郭記法置き換えられるかもしれない。

23日12歩書いた小書き括弧記法を使わずに文字を小さくしたいと思うことはたまにあった」とはこのことだったが,あくまでも文字装飾記法の一種である文字サイズ記法フォント記法<small> 相当の表現完全に代替は出来ない。

=}
{加える}

{}