{焦る理由}{良い結果}{組計の乱れ}{歩を進めていく}{利楽して}{悪化している}{引き出せていた}{出せない}{常にある}{時間効率}...=}(75)

{希哲16年6月25日の日記 K#F85E/E74C-328D}

=}
{第二次知番改良}{早朝出振るい}{大きな発明}{採番法}{頭を抱えた}{払拭出来た}{危険な機能}{見通しの悪さ}{断念した}{劇的に進んでいる}...=}(54)

{希哲16年6月11日の開発 K#F85E/E74C-D075}

{思いついて}{心身への負担}{時間制限を守る}{気持ちを整えた}{輪郭整備兼一日一文}{希哲16年5月12日}{意識していた}{一日一文}{再開出来た}{連動させる}...=}(61)

{希哲16年5月12日の日記 K#F85E/E74C-70B2}

{放任的}{役に立っている}{自分なりの}{立派な}{基本的な使い方}{好きなように使えばいい}{続かなかった}{合わない}{想定していなかった}{発想についての貴重な会話}...=}(33)

{発想云々はともかく K#F85E/E74C-AD3B}

発想法個人により合う合わないあると思いますが, さんの使い方間違っているとは思いません。想定していなかった利用者使い方から学んだことも多々ありますし,特に私以外で最初の利用者である さんがいなければ後の利用者続かなかったと思います。そういう意味では さんも今のデライト作り手ですから。

ただ,最初の頃は「好きなように使えばいい」という放任的スタンスだったものの,基本的な使い方伝えられていない反省することが多かったので,最近はそこをしっかり伝えることを意識しています。それを理解した上で自分なりの使い方をして,それが役に立っているなら,立派な応用」というべきでしょう。

{しっかり}

{}