{KNEST 隠し実装}{老い先短い}{寂しさ}{冒険の終わり}{破滅前提}{必要としていない}{粘れる}{いくらでも}{背負っていく}{踏み外す}...=}(113)

{希哲15年9月19日の日記 K#F85E/A-E74C-8EF8}

一昨日は一昨日で,久しぶりによく身体を動かして気持ち良かったもののまだ筋肉痛残り昨日は昨日でくらくらするような環境激変があり,肉体的にも精神的にもかなりの消耗感じた。今日も定休通りに休んだが,まだ回復した気がしない。

この変化デライト希哲館事業盤石安泰かという心境になりかけ,律動的集中生活を終えることも考えた。しかし,それもこれまでの適度な緊張感があってのことなので,収益目標達成までは引き続き新生デライト開発極力集中する生活続けることにした。もう油断さえしなければいくらでも粘れる

つい一週間前の日記には,否が応でも気分重苦しくなる状況だから意識的利楽しようと書いていたわずか一週間後には否が応でも気が緩む状況になっているのだから,まだ頭が混乱している。

本来なら喜ぶべきことのはずが,なぜか明るい気分というわけでもない。半分くらいは疲れのせいかもしれないが,希哲館事業安定してしまうことに対する複雑な心境もある。

そもそも,希哲館事業は,「どう頑張っても万に一つも成功しない仕事」として始めたものだ。楽しかった破滅前提大冒険が,千に一つ百に一つ十に一つ成功近付くにつれ,つまらない事務処理になっていくような気が薄々していた。いまやデライト希哲館事業も,手堅くやってさえいれば成功約束されたも同然だ。

もっと若い頃の自分なら,あえて踏み外すようなことをしたかもしれないが,もうそれが許される年齢でもない。失敗して自滅するだけなら何のことはない。周囲に対する責任重過ぎる老い先短い両親家庭を持った達,散々世話をかけたり世話してやれなかったりした親戚達のがいちいち浮かんでしまうことなんては無かった。友人にもデライト用者にも社会にもがある。何より,希哲館事業がそこまでの冒険必要としていない以上,もはや冒険に“物語”が無い。

この冒険の終わり寂しさ乗り越えつまらなさ背負っていくことが大人になるということなのか,などとぼんやり考えたり,KNEST 隠し実装小手調べをしたりして過ごした一日だった。

=}
{希哲15年9月11日の開発}{将来的な}{必要なさそう}{噛み合っていない}{数MB}{数十kB}{上手く動いていた}{現行方式}{`tee -a`}{希哲15年9月11日の進捗時限}...=}(83)

{希哲15年9月11日4歩 K#F85E/A-E74C-BFAF}

デルン出力録整備deln出力録保存機能調整

昨日時点では「間に合わせ」に近い感覚だったが,調整を続けてみると機能性能ともに十分なものになったため,4月デルン出力録整備作った現行方式をいったん正式採用出力録保存機能に関しては一段落とすることにした。

deln.log 肥大化問題最終的解決したといってよさそうだ。

deln_log実装将来的な選択肢の一つとして保留しておく。


昨日の時点でも概ね上手く動いていたが,一つだけ気にかかることがあった。

watchdeln.log変化観察してみると,tail切り詰める一瞬合間に,数十kBから数MBサイズ極端増えることがあった。しかも大きい方のサイズは減ることなく,微増を続けている様子だった。

以前の deln.log 肥大化問題に比べればずっと緩やかなもので,直ちに問題があるほどではなかったが,時限爆弾のような気持ち悪さがあった。

挙動からして,tail譜類置換した後も tee累積した出力再作成し続けているとしか考えられなかった。最初はバッファか何かが上手く噛み合っていないのかと思い stdbuf調整してみたが変わらず,結局,tee -a を使うことで問題解消した。

これは tee仕様なのか,もっと基本的な譜類司組司組呼応の問題なのかは分からない


まずは速度改善してみようと tail -n 1000tail -c 50kB に変えてみたりもしたが,文字交度して Bashcommand substitution: ignored null byte in input という警告を出すので止めておいた。そこまでの性能必要なさそうだ。

=}
{輪郭小窓}{慣れておく}{判別不能}{画像の種類}{グレースケール}{filter}{すぐに出来る}{定まった}{書く時間}{位置付ける}...=}(61)

{希哲15年7月20日の開発 K#F85E/A-E74C-CC00}

一昨日閃きについて何とか考えがまとまった。

当初は「輪郭候補窓」とでも呼ぶべき内容だったが,機能拡張して「輪郭小窓」と呼んでおくことにした。昨日保留としたもう一つの思いつきは「換配編集支援」として,輪郭小窓は「換配編集支援」と位置付けることにした。

デライト設計最後の課題とも言える知番付けについての方針がようやく定まった

詳細については書く時間が足りないため,また後日


作業は少なかったが,不具合修正と,すぐに出来る作業を済ませておいた。

{第三次黄金状態の回復}{第三次黄金状態}{整えた}{定常化}{忘れそう}{よく分からない}{温かい快感}{粗探し}{成り行き任せ}{親玉}...=}(88)

{希哲15年6月7日の日記 K#F85E/A-E74C-2F4A}

一日の間に,第二次黄金状態から第三次黄金状態への移行観測,これをもって「第三次黄金状態の回復」とした。

経験上新黄金状態では時間の体感密度が数倍になる。この一ヶ月が数ヶ月にも感じられるわけで,時期状況を踏まえれば極めて大きな収穫と言える。


日中は,輪郭整備から朝の一日一文への流れも非常に上手く行き,以降は握接遮断をすることで集中力維持成功デライト開発にもよく集中出来た。ただ,から些細なことで苛立ちを感じることが多いのが不思議だった。

変化を感じ始めたのは,夕方散歩に出た頃からだ。

第三次生活習慣改善が進んでからもなかなか改善しなかった胃腸の調子睡眠の質右目の三重瞼など,こまごまとした問題にも改善が見えるようになり,いよいよ問題という問題も無くなってきた。しいて気になることと言えば,食事がまだ成り行き任せなことくらいだが,もはや粗探しに近い。

組計スケジュール環境もほぼ完璧に整っている。これはもう「黄金生活」と言っていいのではないか。雑魚一掃し,あとはデライト収益目標達成という親玉を残すのみという状況だ。自然と焦点も定まってくる。

……そんなことを考えながら歩いていると,身体奥底から温かい快感が湧き出し,全身を満たしていくような感覚を覚えた。この感覚は,間違いな第三次黄金状態のそれだった。

面白いことに,苛立ちからの発現過程が最初に第三次黄金状態を体験した時によく似ている希哲14年7月4日の日記


昨年末の日記で,一時失なっていた黄金状態取り戻したというようなことを書いている。それから1月までは黄金状態についての言及がいくつかあるが,それ以後は黄金状態について書かなくなっている。体調記録にも「特に異常無し」とだけ書くことが多かった。

その頃から状況心境の変化が激しくなり,自分の状態冷静認識することが難しくなっていた。変わっているのか,変わっていないのか,変わったとしてもそれがごく一時的なものかもしれず,そもそもそんなことを考えている余裕が無いことも多く,そうこうしているうちに黄金状態の感覚も忘れそうだった。簡単に言えば「よく分からない」状態だった。

思い出してから振り返れば,この間はせいぜい第一次黄金状態がほとんど,ときどき第二次黄金状態がある程度だっただろう。第三次黄金状態があれば記録していないわけがない。

新黄金状態自体,もともと超黄金状態規則正しい生活の中で定常化したものだ。生活不安定化している時に得られるものではないのだろう。

これも,「黄金生活」などという言葉が頭に浮かぶくらいに生活整えた成果か。

8日振り返り日記

{一日一文}{日本のネット文化}{終戦直後}{日本の独自性}{世界一“面白い”ネット献典コンテンツを……という誤算}{外来語翻訳}{ギブ・ミー・チョコレート}{盤本}{英語}{ネット人口}...=}(56)

{世界金融危機は日本人の何を変えたのか K#F85E/A-E74C-1766}

先日の一日一文世界一“面白い”ネット献典コンテンツを……という誤算」でも希哲館事業ネット文化すれ違いについて書いたが,これは恐らく,単にネット人口が増えたことだけが原因ではない。

希哲館事業が発足した希哲元(2007)というのは,日本人には「リーマン・ショック」でお馴染みの世界金融危機が始まった年でもあった。

振り返ってみると,確かにこの時期,日本社会にも大きな雰囲気変化があったように記憶している。テレビでもネットでも社会の先行きに対する悲観論一色だったが,個人的に興味深いのは,ネット文化変質だ。

この頃まで,例えばいま希哲館でやっている外来語翻訳であったり,独自の応司(OS)開発といった,日本の独自性強化しようという活動ネット散見されるものだった。

しかし,世界金融危機を境に,その気運が一気に萎縮してしまった印象がある。「長い物には巻かれよ」「寄らば大樹の陰」と言わんばかりに,英語アメリカ製盤本プラットフォームへの追従がよしとされるようになった。「ギブ・ミー・チョコレート」ではないが,いま思えば,終戦直後雰囲気に近かったのかもしれない。

不況ということは,企業に金が回らなくなり,何をするにも予算が減り,にあぶれる者が増えるわけで,独自性主体性なんてものは“贅沢”になる。生き残るためには自尊心より費用対効果コスパだったのだろう。

今の希哲館事業は,元気希望野望に満ちていた頃の日本のネット文化温存しているとも言える。ここから再びそんな気運を盛り上げていきたい。

{変化}
{}